転職の面接で強みを上手にアピール!好印象を与えるポイント

転職に向けた面接では自分の強みについて聞かれることがあります。
採用を勝ち取るためにも自分の経験から得た強みは最大限にアピールしたいものです。

そこで、転職希望の面接で自分の強みをアピールするときに好印象を与えるポイントについてお伝えしていきましょう。

応募した企業の仕事内容にとって活かせるかどうかもコツになります。
ぜひ参考にあなたをアピールできる強みを考えてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

志望動機が難しい事務職、市新卒者の志望動機の書き方とポイント

履歴書に志望動機について書きますが、新卒で事務職希望の場合、どのような志望動機にするべきか悩みま...

職務経歴書の自己PRでアピールするべき内容、医療事務について

履歴書と一緒に提出する職務経歴書、内容には自己prも含まれています。自分をアピールすることは普段少な...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

No Image

医療事務の志望動機の書き方とは?経験者はココがポイント

医療事務の志望動機はどのような事を書けばいいのでしょうか。ブランクを経て医療事務に復帰するときの...

職務経歴書の在職中の書き方や注意点、面接についてもご紹介

在職中に転職活動をする際、職務経歴書にはどの様に書いたら良いのか、在職中の書き方について疑問があ...

No Image

ファッション好きでアパレル志望!未経験者の志望動機の書き方

ファッションが好きでアパレル系の職種を志望する方は多いですよね。しかし、アパレル業界に来る人...

面接の自己紹介【新卒者編】好印象を与えるポイントや注意点

面接で自己紹介を聞かれた新卒者には、どんなことを話したらいいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょ...

職務経歴書の書き方、転職が多い場合の書き方のポイントについて

履歴書と一緒に提出をする職務経歴書。今までどのような職についてきたか、自分のスキルをアピールするため...

職務経歴書の書き方のポイントと医療事務に求められるスキル

転職を希望する場合には、履歴書の他に職務経歴書の提出が必要になる場合がありますが、職務経歴書の正しい...

No Image

事務職の志望動機の書き方!転職ならスキルもアピール

給与や休みなどの待遇面を重視して事務職への転職を希望すると、履歴書で困るのが「志望動機」ではあり...

派遣社員として働いていた場合の履歴書の書き方ついてご紹介

派遣社員としての職歴は履歴書にどのように書いて良いのか?書き方に少し戸惑ってしまうことがあります。...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

自己PRで強みと弱みを答える時のポイントと注意点

自己PRの際に「あなたの強み、弱みは?」と質問されることがあります。長所と短所について訪ねている...

No Image

【介護事務の志望動機】未経験の方の志望動機アピールポイント

事務の仕事は経験があるけど介護事務の仕事は未経験。そんな場合志望動機はどのように書くと良いのでし...

就活で得意科目を上手にアピール!面接での答え方のコツを紹介

就活の面接で得意科目に聞かれることがあります。このとき、ただ得意な科目を答えるだけではなく好印象を与...

スポンサーリンク

転職希望の面接では仕事で活かせる強みをアピール

明るい性格、前向きな考え方も十分強みになりますが、転職の際の強みは更にポイントを得ることが大事です。

どのようなことが強みになるのか紹介いたします。

転職先の仕事に活かせる事

希望している就職のないように活かせる強みはあるのか確認してみましょう。

性格や頑張るというような漠然としたものは誰でも持ち合わせており、誰もが言えるような内容なのです。

自分が苦労して手に入れた資格があればどの様に活かすことが出来るか考えて具体的にアピールしてみましょう。

活かせる経験がある

企業がパソコンを使う職種であれば、パソコンでの文章作成、表計算、パソコンを使えるというだけではなく更に細かくどのようなことが出来るかアピールしてみましょう。アパレル関係で店頭出るような仕事の場合は店頭に出て服をコーディネートすることが得意に加え生地の特性を活かしたコーディネートや他の着合わせなど更に深くできる自分の強みを探し伝えてみましょう。

強みを裏付けるエピソードで転職面接も好印象を与えることができる

面接官が知りたいのは仕事で活かせる長所なのです。

その長所が仕事に活かすことを伝えるにはエピソードを用いて理由を説明する必要があるのです。

長所を説明

最初は自分の長所だけを伝えます。数ある長所の中から仕事に適切な物を選びましょう。例えば「自分の長所は丁寧に物を扱うところです。」

裏付け

前職ではその丁寧さを評価していただき、資料作成、お客様への対応などを任されておりました。会議の席では見やすくスムーズな会議を進めることが出来たと高評価を頂きました。

これからどのように活かしていくか

これらの経験を通し、資料作成、外部からの接客などの他に丁寧な電話対応、社内の清掃など細かな部分にも気を回し社員の皆様がスムーズに気持ちよく仕事が出来るように丁寧な対応を心がけていきます。
伝えたい事柄を分けて考えておくと言葉に詰まらず、きちんと伝えることが出来ます。

転職の面接では高い実績や専門スキルだけが強みではない

面接時、資格や経験がとても重要視されると思いがちですが、大事なのは学生時代に得た友達とのやり取り、社会人になってから経験した会社内の上司、後輩とのコミュニケーションも大事な強みなのです。

コミュニケーションをはかる力

業種によっては何人かでグループを作ってする仕事、大人数で役割を与えられて大きな仕事をやり遂げる時などは、グループ内や外部への連絡などで人との関わりが必要になります。

連絡だけではなく自分の意見を求められたり、違う意見があれば発言することも必要になります。

また人との意見や考え方も理解し、理解できない事に対しては理解するまで調べたり追求することも必要になります。

知識以外にも人とのコミュニケーションも求められるのです。

行動に起こす能力

コミュニケーションをとった後それだけでは終わらないこともあります。自分の足で動き調べたり、資料を集める必要があることもあります。言われてからやるのではなく自分から気付き、すぐに行動に移すことが出来る人は会社の戦力になるでしょう。

応募した企業の仕事内容を理解して研究することも大事

転職を希望した会社が何を求めているか、面接時にそれに沿った答えを伝えることが出来るか再度確認しましょう。

具体的に募集内容に関係した強みをアピールする

希望している会社が事務職で会議資料や接客も希望しているとしましょう。

その会社に対して自分の強みを伝える時「明るい性格で、何事もポジティブに考えることが出来ます。」という強みは漠然としていてその会社以外にも通用するような内容になってしまいます。明るい性格は他の従業員とのやり取りに心配が無く、仕事も精力的にこなしてくれそうなイメージはありますが、そこから更に掘り下げて自分の強みをアピールしたほうがいいでしょう。

性格が明るい

接客の際に会社の窓口として明るい雰囲気で丁寧に接客をする事が出来ます。
会議資料を作る際の情報収集の際に会社の人との関わりが必要になると思われますが、目上の方でもきちんと対応することができます。

何事もポジティブに考えることが出来る

会議資料を作る際にどのように作ったらみやすい資料にする事ができるか、またそれに必要なスキルがある場合には勉強をして技法を身につけていきます。

仕事内容に関係した具体的な内容を入れることが大事です。

自分自身を客観的に見直すことで気づかなかった強みもみえてくる

面接というものはどんな状況でも緊張するものです。それが転職となると「今度こそは長く働きたい」「良い印象を与えて入社したい」など今までの経験が邪魔になり緊張の度合いも変わってきます。また転職ということで弱腰になってしまい強みも出てこない場合もあります。しかしゆっくり見直すことで強みも弱みも見つけることが出来ます。

履歴書の学歴、職歴を見直してみましょう

履歴書を書き進めて自分の長所、短所、特技の欄に行ったら筆が止まってしまったという経験があります。全く思いつかず、思いついてもおこがましくて書けないなんてこともあります。しかし、今までの経歴を見返して記憶をたどっていくと長所になるような輝かしい思い出がよみがえることもあります。

学生時代の部活、又はその時代に習っていた習い事など、思い出して強みを確認してみましょう。

家族に聞く

あまり人から聞くことが無い自分の強みですが、家族なら良い所、悪いところ客観的に伝えることが出来るでしょう。普段照れくさくていえない自分の子どもの良い所を親の口から聞けるかもしれません。またその親からの言葉で面接に強い気持ちで挑めるかもしれません。