ホテルのバイトの面接に行くときの服装とポイント・面接対策

今までのバイトを辞めてホテルでバイトをしたいと考えた時、面接にはどのような服装で行けばいいのか・どんな受け答えをすればいいのかわからないものです。

面接で好印象を与えて採用してもらうには、一体どうすれば良いのでしょうか。

ここでは、ホテルのバイトの面接に行くときの服装や身だしなみ・面接のポイントについてお伝えします。

答えにくい質問にはどう返事をすればいいのかなど、しっかりと面接対策をして採用に向けての努力をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけま...

履歴書の志望動機【アパレルへ転職】好印象で熱意が伝わるコツ

履歴書の志望動機はアパレルへの転職でも必ず書く必要があります。アパレル未経験で転職を目指すならど...

職務経歴書の書き方のポイントと医療事務に求められるスキル

転職を希望する場合には、履歴書の他に職務経歴書の提出が必要になる場合がありますが、職務経歴書の正しい...

No Image

事務に未経験から挑戦するなら志望動機を明確にして転職しよう

休日や勤務時間が比較的安定している事務は、結婚や出産などを経験した女性にとっても働きやすいという...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

パート面接の基本のマナーを服装に注目をしてご紹介

就職の面接というと、服装は男性も女性もスーツが定番です。しかしパートの面接の場合だとスーツは硬すぎる...

履歴書の自己PRの書き方、看護師の考えや姿勢をPRする文章

履歴書の自己prや志望動機は一番記入に悩む場所です。また応募先の職業によってPRには違いが出てき...

職務経歴書の書き方、転職が多い場合の書き方のポイントについて

履歴書と一緒に提出をする職務経歴書。今までどのような職についてきたか、自分のスキルをアピールするため...

就活で得意科目を上手にアピール!面接での答え方のコツを紹介

就活の面接で得意科目に聞かれることがあります。このとき、ただ得意な科目を答えるだけではなく好印象を与...

明るい性格は長所!履歴書の自己PRへの書き方について

履歴書を書いていると、自己PRで筆が止まってしまう人がいます。そういう人は大抵、自分には何も取り...

就活の面接で笑顔を見せるタイミングや成功のポイントを紹介

就活の面接において笑顔を見せることは大切です。しかし、面接で緊張していつもの笑顔になれないという人も...

職務経歴書の在職中の書き方や注意点、面接についてもご紹介

在職中に転職活動をする際、職務経歴書にはどの様に書いたら良いのか、在職中の書き方について疑問があ...

履歴書に強みと弱みを上手に伝える!好印象を与えるアピール

履歴書に自分の強みや弱みを書くときに悩んでしまう人は必見です。ただ、単に自分の長所や短所を述べるので...

医療事務へ転職できる志望動機!好印象を与えるポイントを紹介

医療事務に転職したいなら志望動機は重要になります。未経験から医療事務へ転職を成功させるために...

No Image

履歴書の志望動機は見られている。配送を希望する場合はコレ

社会に出て働き始めてみると、自分の向き不向きが顕著に見えてきます。憧れを抱いて就いた仕事が実...

スポンサーリンク

ホテルのバイトの面接に行くときの服装と身だしなみ

数ある求人の中で、ホテルのバイトの面接を受ける方にアドバイスです。

ホテルでのバイトに関わらず、面接では、身だしなみ、外見のチェックは必ず面接官が行います。きちんとした格好で面接に臨まないと、バイトでも落ちる可能性は高くなると思います。

職業によっては、服装自由な職場もあります。ホテルは接客も含みますので、面接は勿論のこと、実際働く時も、外見にはかなり気を使わなくてはいけません。

そのホテルに合った服装にする

ホテルもピンからキリまであります。あなたがこれから面接を受けるホテルは、どんなホテルですか?実際、働いている方は、かなりきちんとした格好をしていますか?だとすると、面接でも、シャツもピンとしたものを用意し、できるだけ、スーツを着て面接を受けて下さい。例え内定を勝ち取った後でも、「面接の時の服装では、弊社には合いませんので、適切な物を買って対応して下さい」ホテルから言われます。

面接はナチュナルメイクで

あまり濃すぎてもいけません。自然な感じでメイクして、面接の準備をして下さい。

ホテルのバイトの面接を受けるときの志望動機と答え方

接客をこれまでこなした方、人とのコミュニケーションが好きな方は、ホテルのバイトの面接で、履歴書に書く志望動機、的を射たものを書けると思います。

これまでの接客の経験を書く

ホテルではなくても、例えば何か接客業を勤めていて、接客は得意です、それでも立派な志望動機になります。また、接客もサービス業ですので、何かお客様が困っていることがあったら、すぐに助けることができる、「サービス心」も面接や履歴書の動機でプラスになりやすくなります。

面接では、ハッキリとした声で答える

ホテルのバイトの面接では、ハッキリとした、相手の方が聞きやすい声のボリュームで話して下さい。接客業ですので、通る声で話すこと、また、笑顔で面接官からの質問に答えると、面接官からのポイントも高くなると思います。

ホテルに関することを志望動機にする

他に個人的な理由があり、ホテルのバイトに応募するかもしれませんよね?その素直な理由は答えてもいいのですが、それ以外にも、ホテルに関することをメインの理由にして答えて下さい。

自己PRの方法は?ホテルのバイトの面接で好印象を与えるには

これからホテルのバイトの面接を受けるけど、自己PRはどのようにしたら、合格できるのか、不安に感じていませんか?ホテルのバイトは接客ですから、とにかく、良い印象を面接官に与えることが重要だと思います。

的確に答える

面接では、笑顔で、あまり長く話さないことです。何を質問され、それに対して、的確に答えるのが、面接です。あまり長く話されても、聞いている側の集中力も切れます。あなたは言うべきことを的確に面接で話して下さい。

短所を答える時の注意点

面接で、あなたの良い点と悪い点は聞かれやすい質問なので、どう答えるのか、前もって準備しましょう。その時、面接で答えやすいのは、あなたの良い点、長所だと思います。短所については、面接では答えづらいとは思います。ですが、例えば、周囲から短所についてコメントをもらったことがあるので、それを素直に言い、あなたはそれに対してどう対応したのか、解決法も面接で話すと好印象を持たれると思います。解決法も話すことで、短所を聞かれた時でも、面接官の方に、どう克服しようとしているのか、あなたの態度を示すことができます。

ホテルのバイトに採用されやすい人材は?ホテル側が求める人材

友達にホテルで働いている方がいたら、こんな人がホテルのバイトに採用されやすのかな?傾向が見えると思います。あなたもホテルで働きたいけど、ホテルはどんな人材を求めているのか、周囲にホテルで働いている方がいたら、わかると思います。

コミュニケーションが円滑にとれる人

話しやすい方が採用されやすいと思います。企業でも、特別な技術を持っている方は、その技術でもレベルが高い方、それにプラスして、この人なら一緒に働いても、気持ち良く働けるな、そんな方が採用されます。

あなたが働きたい場所もホテルですから、これまで接客業の経験がある方、違うホテルで働いた経験がある方は採用されやすいです。接客業の経験がなくても、話しやすい方、気が利きやすい方は採用されやすいようです。一言で言えば、「誰とでもコミュニケーションは取れる方」が採用されやすいと言えると思います。

面接では、協調性も重視される

周囲と上手にやれるか、それも面接で判断されます。バイト経験があるのなら、それを書き、ないなら、学生時代の部活の経験を書くと良い評価を得られそうです。

バイトの面接で答えにくい質問をされたときの対処法

バイトの面接でされる質問ですが、質問された側が答えやすいものもあれば、答えにくいものもありますよね。あなたが答えにくい質問をされた時は、質問によっては、素直に答えてもいいと思います。

素直に答えてもいい場合もある

面接で、あなたが答えにくい質問もされます。例えば、同じ接客業をしていたのに、前社を辞めた理由はなんですか?という質問もされます。素直に答えてもいい場合もあります。

ただし、素直に答えてしまうと、相手の方にマイナスに捉えられてしまう場合もあります。例えば、「どうして前社を辞めたのですか?」という質問に対して、「前社でも学ぶことは沢山ありましたが、御社の求人広告を見て、より興味があるお仕事なので、応募させて頂きました」というように、素直には答えず、前社であなたが嫌いだった部分を、面接で好印象を得る内容にして下さい。あまり素直に答えたら、バイトの面接で不合格の可能性もあります。

学生なら、勤務できない時間は言ってもいい

ホテルのバイトの面接ですから、「この日は出勤できる?」時間についても聞かれると思います。あなたが学生なら、学業が優先ですから、できない時間ははっきり言ってもも不採用の対象にはならないと思います。