NO IMAGE

履歴書の志望動機【派遣の場合】登録時や派遣先で大切なポイント

履歴書には基本的に志望動機を書く必要がありますが、派遣の登録をする際はどうしたらいいのか悩む人もいるでしょう。

そこで、派遣による履歴書の志望動機の必要性と派遣の仕事をする上で大切なことについてお伝えしていきましょう。

派遣先の顔合わせでもこれから働く上であなたについて質問をされることもあります。
ぜひ派遣の登録時や派遣先で参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面接の自己紹介【新卒者編】好印象を与えるポイントや注意点

面接で自己紹介を聞かれた新卒者には、どんなことを話したらいいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょ...

履歴書の自己PRの書き方、看護師の考えや姿勢をPRする文章

履歴書の自己prや志望動機は一番記入に悩む場所です。また応募先の職業によってPRには違いが出てき...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

志望動機が難しい事務職、市新卒者の志望動機の書き方とポイント

履歴書に志望動機について書きますが、新卒で事務職希望の場合、どのような志望動機にするべきか悩みま...

パート面接の基本のマナーを服装に注目をしてご紹介

就職の面接というと、服装は男性も女性もスーツが定番です。しかしパートの面接の場合だとスーツは硬すぎる...

明るい性格は長所!履歴書の自己PRへの書き方について

履歴書を書いていると、自己PRで筆が止まってしまう人がいます。そういう人は大抵、自分には何も取り...

一般事務の志望動機【新卒編】好印象に自分をアピールするコツ

一般事務を目指すなら志望動機は重要です。新卒で事務の経験がない場合はどんな志望動機にすれば良いのか悩...

派遣社員として働いていた場合の履歴書の書き方ついてご紹介

派遣社員としての職歴は履歴書にどのように書いて良いのか?書き方に少し戸惑ってしまうことがあります。...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

履歴書に強みと弱みを上手に伝える!好印象を与えるアピール

履歴書に自分の強みや弱みを書くときに悩んでしまう人は必見です。ただ、単に自分の長所や短所を述べるので...

夏のスーツの選び方とは?面接に使えるシャツとインナー

夏の面接にはどのようなスーツを選べばいいのでしょうか?転職の面接をするときに好印象を与えるには、「清...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

職務経歴書は見本を参考に。アルバイトでもしっかり完成させよう

アルバイトを始めるためには、まず採用されなければ始まりません。面接でやる気や経歴を伝えること...

申し込み封筒の書き方のマナー!書類の郵送や持参の際のポイント

求人などの申し込みをする際に応募書類や履歴書は封筒に入れるのがマナーです。その際、封筒の書き方に...

事務職未経験の志望動機の書き方、アピールポイントについて

事務職の経験がない方でも生活スタイルが変化し、働く時間が決まっている事務職に魅力を感じ、就職した...

スポンサーリンク

派遣会社に登録する際は履歴書の志望動機は必要なし

転職活動中や思うように活動出来ない時は、保険の意味も含めて派遣登録をする人は多いでしょう。

派遣の登録時には履歴書を持って行くケースがほとんどですが、困るのは履歴書の志望動機の欄です。

派遣には保険で登録するのに、志望動機なんてないというのが正直なところだと思います。

派遣会社に登録する時点で履歴書に必要な項目は経歴や資格の欄が主です。

志望動機の欄は空欄でも何も言われないでしょう。気になる人は派遣で働く意気込み等を書いても構いません。

履歴書の志望動機よりも派遣で重要なのは経験やスキル

最初にご紹介した通り、派遣会社の人が登録者の履歴書から必要な情報は経歴や資格です。

それによってどんな仕事を紹介出来るのかが変わります。やる気があっても、企業の求める人材に合わない人は紹介出来ません。

的確に仕事を紹介するため、どんな経験があり出来るのかを知りたい

資格やスキルの欄は特に省かずに書くようにしましょう。

また、履歴書だけでは分からないこともあるため、登録時にパソコンのテストのような物もあります。事務職志望の人は特に真面目に取り組むようにしましょう。

派遣の仕事を紹介されたからと言って、自分だけがその仕事を紹介されているとは限りません。条件に合う登録者何人かに声を掛けて、派遣会社が希望者から選考することもあります。

また、派遣会社の登録の際にただの登録だからと横柄な態度を取ったり、第一印象を良くすることを怠る人や、自分の希望条件ばかり細かく言う人がいます。派遣会社としても紹介した登録者が会社の信頼に関係するため、どんなに優秀な経歴やスキルがあっても希望条件や人柄的に紹介が難しいと判断するとお仕事をあまり紹介してくれないこともあります。

ただの登録だけと思わずに、感じよく振舞い、チャンスを逃がさないようにすることが大切です。

派遣先では履歴書の志望動機について聞かれる場合もある

派遣会社に登録すると、あなたに紹介出来る仕事があれば「こんな仕事がありますが、どうですか?」と連絡があります。

承諾すると、すぐに業務開始となる事はほぼなく、まずは実際に働くことになるであろう会社の人と顔合わせをします。

顔合わせの結果次第では、この話は無かったことに…という結果になりますし、良ければ仕事が決まります。

派遣の面接は法律で禁止されています

実際に働いてもらう人に色々質問してどんな人か知りたいし、面接したいというのが企業の本音でしょう。面接をしてはいけない事を知らない会社まであります。そのため、志望動機やその他の色々な事を聞かれてしまう事があります。

法律で禁止されているから何も聞かれないと思っていると、質問されたときに焦ってしまいます。何も考えていないと率直な意見しか出てこない場合もありますし、しどろもどろになってしまうため、念のため普通の面接のように質疑応答の答えを用意してから顔合わせに臨むと安心です。

志望動機や理由を派遣先で正直に答えるのはやめましょう

派遣は面接をして採否を決めてはいけないという法律から考えると、派遣で紹介されて顔合わせまで行えば働くことが決まった事になる…と考えるのが普通ですが、実際には顔合わせをしても残念な結果になってしまうことは珍しくありません。

しかし、顔合わせをしたら決まったも同然と考えている人は、顔合わせを軽く考えてしまいがちです。

前項で面接が行われることがあるとご紹介しましたが、軽く考えていると質問されたときにちゃんと答えることが出来なくなってしまいます。

面接ではないとはいえ、これから一緒に働く人の事はお互いにどんな人か気になるところです。あまりに態度が悪かったり愛想のない人は、企業側も考えてしまうでしょう。マナーを守ってちゃんとした面接に臨む感覚で用意しましょう。

何の準備もしていないと突然志望動機を聞かれて「紹介されたから…」等の正直な答えしか思い浮かばないという事もあります。

紹介された仕事で、一般的な面接のように「この会社でなければいけない理由」なんてぱっとは思いつかないと思いますが、かといって正直すぎる返答だと印象が良くありません。

派遣の場合は仕事で募集をかけているため、その仕事に真摯に向き合って即戦力になってくれるかどうかが大切です。そのため、どうしてこの仕事がしたいのかをポイントに答えを考えるのがお勧めです。これまでの経験やスキルを交えてポジティブに話すとスムーズです。

未経験でもスキルを活かして派遣の仕事を頑張りましょう

即戦力として求められやすい派遣の仕事の中には未経験でも応募できる仕事や未経験でも紹介される仕事があります。

派遣の顔合わせで志望動機を聞かれたら経験やスキルを交えて答えるとスムーズとご紹介しましたが、未経験の仕事の場合は少し言いにくいと思います。

そんな時は「この仕事は初めてですが…」と前置きしたうえで、少しでも関係するスキルや新しい仕事でも活かせるスキルをアピールしましょう。

「これから勉強して必要な知識を得たい」等やる気をアピールするのもお勧めです。

未経験であることは分かったうえで仕事を紹介されているという事は、未経験可の仕事かあなたの可能性を信じて紹介してくれたという事です。自信をもって自己アピールをしましょう。

派遣で未経験の仕事をして、そこからスキルアップの足掛かりにすることも出来るでしょう。