NO IMAGE

履歴書の志望動機は見られている。配送を希望する場合はコレ

社会に出て働き始めてみると、自分の向き不向きが顕著に見えてきます。
憧れを抱いて就いた仕事が実は向いていない、なんてことも珍しいことではありません。

実際に現在の仕事を辞め、転職をして異業種に挑戦している人もたくさんいます。

転職したい仕事が配送の場合、多くは経験者が優遇されることが多いので未経験者は強みをアピールする必要があります。
そして履歴書の志望動機も、なぜ配送を選んだのかしっかり述べている方が好印象に繋がります。

待遇に魅力を感じて転職を考えることも悪いことではありません。
せっかく働くなら、少しでも良い待遇を求めることは当然です。

なぜ未経験の配送を選んだのか聞かれたときには、待遇面についての魅力を正直に答えても問題ありません。

大切なことはやる気と誠意を伝えることです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけま...

医療事務へ転職できる志望動機!好印象を与えるポイントを紹介

医療事務に転職したいなら志望動機は重要になります。未経験から医療事務へ転職を成功させるために...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

No Image

事務職の志望動機の書き方!転職ならスキルもアピール

給与や休みなどの待遇面を重視して事務職への転職を希望すると、履歴書で困るのが「志望動機」ではあり...

No Image

医療事務の志望動機の書き方とは?経験者はココがポイント

医療事務の志望動機はどのような事を書けばいいのでしょうか。ブランクを経て医療事務に復帰するときの...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

面接でストレス解消法について質問された時の答え方と注意点

採用担当者から面接の時に「ストレス解消法はありますか?」「あなたなりの息抜きは?」と聞かれることがあ...

履歴書の志望動機はどうする?未経験だけど事務職を目指す

事務職はパートや契約社員として求人する会社も多く、正社員の事務職はとても人気があります。そのため...

職務経歴書の書き方、転職が多い場合の書き方のポイントについて

履歴書と一緒に提出をする職務経歴書。今までどのような職についてきたか、自分のスキルをアピールするため...

接客のバイトに有利な志望動機の書き方とポイントを解説

バイトの職種で多い接客業。接客のバイトを応募する時、志望動機に悩んだことありませんか?時給が良く...

老人ホームの事務【志望動機】未経験でも採用されるポイント

老人ホームの事務に応募するときの志望動機について悩んでいるあなた。未経験からの挑戦だと特に悩んで...

就活の面接で笑顔を見せるタイミングや成功のポイントを紹介

就活の面接において笑顔を見せることは大切です。しかし、面接で緊張していつもの笑顔になれないという人も...

派遣の面談や顔合わせでの自己紹介、話す内容とポイントについて

派遣に初めて登録をした方は、今後の流れがわからず不安になってしまう場合もあるでしょう。さらに面談や顔...

No Image

履歴書の志望動機【派遣の場合】登録時や派遣先で大切なポイント

履歴書には基本的に志望動機を書く必要がありますが、派遣の登録をする際はどうしたらいいのか悩む人も...

スポンサーリンク

配送の仕事に向けて履歴書を書くなら、志望動機も配送にふさわしい内容をアピール

配送は車を運転する時間が多いので、車や運転が好きであることは志望動機に入れるべきです。また、配送業の未経験者の場合は、経験者に対抗するために他のスキルもアピールする必要があります。
前職が営業であるならば、コミュニケーション能力も配送業にとっては有効なスキルです。

面接官に好印象を与える為には自分のスキルを自信を持って伝えること

新しい業種への挑戦をポジティブに考えて、挑戦できることなどをアピールしましょう。

また、自分が給料の待遇がよくてエントリーすることに決めたのであれば悩まずに書いても問題ないでしょう。

志望動機は、なぜこの会社に就職したいのかを企業にアピールするものです。

ただし、志望動機に記載する場合は、一番最初に給料の待遇について書くのではなく、最後の方に書いた方が印象がよくなります。

はじめは、この職業に魅力を感じたという内容にした方が印象もよいですから、ルート配送は運転が好きな自分にとても向いているなどの内容を使うとよいでしょう。

配送が未経験でも活かせるポイントはある!履歴書の志望動機にしっかり盛り込むこと

未経験者である場合、まず未経験であることを述べた後に、自分のスキルを活かして配送という仕事をしていきたいという気持を伝えましょう。

まず、前職が営業職ですから接客のスキルがあります。この接客のスキルをフル活用して志望動機に盛り込みましょう。

また、その他に配送のドライバーさんとのエピソードがある場合などはそれにも触れて、自分も配送業に興味を持った、配送業はこれからも需要が増えていくと感じて自分も配送の仕事をしていきたいと考えるようになったなど、配送業に魅力を感じた経緯を盛り込んでも良い印象を与えることができます。

 書き方は、最初に未経験者であることを述べ、未経験者ではあるが自分には前職で得た接客のスキルがあること、それを仕事に活かしていけること、更に、配送業にどうして就きたいのかをエピソードを交え志望動機としてまとめれば読みやすくて面接官に伝わりやすい文章になります。

未経験の志望動機に待遇の良さを正直に答えることも一つの選択肢

この会社で働きたい理由が「高年収」だからでも問題ありません。むしろ理由がハッキリとしていてわかりやすいと思ってもらえます。
新卒者の場合は理由がハッキリしていて好感が持てる考え方と評価されますが、一度別の職業を経験してからの転職の場合は、これを一番の志望動機に上げるには稚拙になってしまいます。

ですから、最後にダメ押しで「高年収」であることも盛り込むようにすると、稼ぎたいからだと意図が伝わり、面接官からもやる気があると捉えてもらいやすくなります。

相手に伝わりやすくするためには、自分の中でのその会社で働きたい理由を簡潔にまとめておくことです。
1つでは少ないので3つくらい上げておくようにします。

  1. 運転の業務を行いたい。
  2. 前職の接客のスキルを活かしたい。
  3. 迅速に対応できるスキルを身につけたい。
  4. 高収入

などを上げておき、面接などで述べると相手にもわかりやすく好印象で、決して高収入なだけで御社を選んだわけではないという気持を伝えられます。

履歴書を書く前に、もう一度配送の仕事を確認してみよう

配送の仕事は、どのような配送物か、応募する会社の持っている配送車の大きさによって自分が取得している運転免許では対応できない場合があります。

自分の持っている免許でもよいのか、後から取得してもよいのかどうかなども確認しておく必要があります。

配送業に向いている性格は慎重であることや気が長いこと

これは常に運転することが仕事になるので、安全運転が意識的に行える性格であることが大事だからです。
イライラしたり、相手を優先的に考えてあげられない人が大きな車を運転すると危険になってしまうからです。

配送業は配送した後に目的の家や場所まで運ぶ必要も出てきます。

その場合、自分の力だけで運んで行かなければならないので腕力が必要になったり、長距離運転をする場合などは体力も必要になってくるので、トレーニングをして体を維持していく努力も必要になってきます。

配送の仕事を希望するなら、面接で礼儀と誠意をアピールしよう

配送の仕事はどうしても経験者が有利になってしまいますが、未経験者でも採用さえれる確率はありますので、自分の持っているスキルを強みとしてアピールし、会社に貢献できることを伝えるようにしましょう。

配送の仕事はお客様と接することも多い仕事なので、礼儀正しく誠実な態度で面接に臨むとよいでしょう。
入室の挨拶や、礼などもキビキビと行うようにするとそれだけでやる気と誠実さが伝わります。

服装や身だしなみも清潔感を意識すると好印象になります

特に髪型などは第一印象になりますから、髪を染めている場合は黒に染め直してから面接を受けるなど、面接官にどのように見られるかを意識した格好で臨むようにしましょう。
どんな仕事もそうですが、必ずネックになる部分があります。ネックな部分と折り合いを付けながら仕事をしていく辛抱強さや、根気を企業側は求めています。

面接官からは一度前の仕事を退職していることから、辛抱強や根気の心配をされるかもしれません。面接ではこの配送の仕事にどうしても就きたい熱意や、辛抱強さをアピールしていくようにすると誠実さが伝わります。