NO IMAGE

医療事務の志望動機の書き方とは?経験者はココがポイント

医療事務の志望動機はどのような事を書けばいいのでしょうか。ブランクを経て医療事務に復帰するときの志望動機とは?

志望動機は、なぜこの病院を選んだのかやこれからの目標、過去の仕事で得たものなどを取り入れながら書くといいでしょう。

ブランクがあることが不安になるのはわかりますが、その気持ち以上に働きたいという意欲を的確にアピールしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけま...

転職の面接で強みを上手にアピール!好印象を与えるポイント

転職に向けた面接では自分の強みについて聞かれることがあります。採用を勝ち取るためにも自分の経験か...

事務職未経験の志望動機の書き方、アピールポイントについて

事務職の経験がない方でも生活スタイルが変化し、働く時間が決まっている事務職に魅力を感じ、就職した...

就活の面接で笑顔を見せるタイミングや成功のポイントを紹介

就活の面接において笑顔を見せることは大切です。しかし、面接で緊張していつもの笑顔になれないという人も...

志望動機が難しい事務職、市新卒者の志望動機の書き方とポイント

履歴書に志望動機について書きますが、新卒で事務職希望の場合、どのような志望動機にするべきか悩みま...

職務経歴書は見本を参考に。アルバイトでもしっかり完成させよう

アルバイトを始めるためには、まず採用されなければ始まりません。面接でやる気や経歴を伝えること...

履歴書でダブルワークを希望する時の書き方について

本業の収入が減ってしまった場合、頭をよぎるのが「ダブルワーク」ではありませんか?ダブルワークを禁...

No Image

履歴書の志望動機【派遣の場合】登録時や派遣先で大切なポイント

履歴書には基本的に志望動機を書く必要がありますが、派遣の登録をする際はどうしたらいいのか悩む人も...

履歴書に強みと弱みを上手に伝える!好印象を与えるアピール

履歴書に自分の強みや弱みを書くときに悩んでしまう人は必見です。ただ、単に自分の長所や短所を述べるので...

コミュニケーション能力をアピールしたい!上手に伝えるコツ

面接などで自分のコミュニケーション能力をアピールしたいと考えたとき、どんな答え方がベストなのでしょう...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

面接でストレス解消法について質問された時の答え方と注意点

採用担当者から面接の時に「ストレス解消法はありますか?」「あなたなりの息抜きは?」と聞かれることがあ...

夏のスーツの選び方とは?面接に使えるシャツとインナー

夏の面接にはどのようなスーツを選べばいいのでしょうか?転職の面接をするときに好印象を与えるには、「清...

医療事務へ転職できる志望動機!好印象を与えるポイントを紹介

医療事務に転職したいなら志望動機は重要になります。未経験から医療事務へ転職を成功させるために...

時間確認の電話【面接編】好印象につながるポイントやマナー

面接時間を確認するために企業へ電話をかけることは採用の合否につながるのではと気になっていませんか?で...

スポンサーリンク

ブランクを経て医療事務を志望するときの動機の書き方

時給は低いかもしれませんが、一般的にいつでも就職口があり、特に女性に人気ですよね、医療事務。

就職口に困っている方は、周囲の方から「収入は限られているけど、将来のため、資格は取れば?」医療事務を薦められます。

既に医療事務の資格をお持ちですか?履歴書を書く時どのようにしてあなたの経験を生かした動機を書けるのか、悩んでいますか?履歴書には、「志望動機」を書く欄があります。

それに、どんなふうにあなたの動機を書こうとしていますか?

医療事務の経験が既にお有りなら、仕事内容を具体的に書く

以前、医療事務で働いたことがあり、どんなことを何年くらいしていたのか、その内容を少し詳細に書きましょう。どうして退職したのか、理由を書き、なぜ再就職したいのかも書くべきです。

経験があるだけ就活には有利になります。

年数も、それだけ医療事務の仕事をすぐにこなせるという目安になり、即戦力とみなされます。医療事務でどんな仕事をし、どのくらいの期間は働いていたのか、少し詳細に履歴書に書きましょう。その仕事には既になれているとみなされると思います。

プラス、あなたが復帰したい動機も書いて下さい。それも、読む側は考慮すると思います。応募する病院が売りにしている点をチェックし、動機の中に書き入れても目を引く良い動機になり、採用されやすいと思います。

医療事務の志望動機はこれからのことも伝えるといい

あなたが応募する職種も「医療事務」ですので、その仕事の内容や特徴も考えた上で、志望動機を考えるべきです。あなたが応募する病院で周囲の方や患者さんに、どんな対応をしつつ働く意思があるのか、あなたの理想を動機に書くと、良い評価を得られます。

患者さんへの対応の仕方

医療事務は病院で患者さんとコミュニケーションを取る時間が多い仕事です。

仮にあなたが応募した病院に縁があれば、どんな姿勢で働きたいのか、あなたの働く上での姿勢を動機に書いて下さい。

医療事務の経験がある方は、過去の経験も踏まえて、どんな対応を患者さんにしたいと思っていますか?履歴書の動機に何を書けば良いのか、迷っている方は、その部分も加えて下さい。

履歴書の志望動機の部分は、あまり短い文章だと、面接官にあまり良い印象を与えません。何を書いて良いのかわからない場合は、患者さんにどう接したいのか、あなたの理想とする勤務態度を書いて、文字数を増やして下さい。

病院で働くのですから、その地域の医療に間接的に関わることになります。それも考えて、動機を書けば良いものが仕上がると思います。

医療事務のブランクがあっても経験があるなら志望動機は強気で書きましょう

多少のブランクがあっても、資格と実務経験があれば、就活には有利です。競争倍率が高いとしても、あなたには勝ち目があります。出産を理由に一度は退職したとしても、医療事務の経験があることには変わりありません。

以前、働いていた時に、どんな経験があるか書く。

例えば、あなたが優秀な存在で、リーダーをした経験がある。ある程度の勤務経験があったので、新人教育も任されていた。

医療事務をしていた時にどんな仕事を任されていたのか、即戦力になり得る要素を動機として書いて下さい

応募しているポジションにより、異なるかもしれませんが、病院側が経験者優遇している場合、かなり高い確率であなたは採用されると思います。あなたが持っているスキル、経験をどんどん履歴書の動機の中に書いて、面接でアピールして下さい。新人を募集していない限り、採用される確率は高まると思います。

医療事務に応募するときには事前の下調べが重要

あなたが応募する病院のこともきちんと調べてから、履歴書の動機を考えましょう。というのも、病院の理念や方針とあなたの動機がマッチしていない場合、面接でも、「この病院はこのような考えで治療を行っていますが、あなたは大丈夫ですか?」面接官に不信感や疑問を持たれ、例え経験者でも、不採用になるかもしれないからです。

病院の治療方法もチェックする

その病院が強化している治療方法もチェックしましょう。面接でも、「この治療法はずっと興味があり、その治療方法を導入している病院に勤めるのが夢でした」など、面接官から好印象を持たれやすい動機になります。面接官から「この人とこの病院の相性は良い」そう思われるような答え方になると思います。

動機を書く前に病院の理念、方針、治療方法は確認して下さい。動機に取り入れることもできますし、面接でも病院の方向性について、あなたから積極的に共感できる部分を発言することができます。

医療事務は病院の顔面接で好印象を与えるポイント

どんなに良い履歴書や職務経歴書を書いて、書類審査を通過しても、面接で失敗してしまうこともあります。医療事務に応募し、面接で失敗しないために、病院に入る瞬間から、病院を出るまで、気を抜かずに医療事務の面接を受けて下さい。

履歴書は丁寧に書く

人が見るものですので、適切な文字の大きさで、綺麗に書いて下さい。見た目が綺麗な履歴書と汚い履歴書では、綺麗な履歴書が注目されます。字は綺麗に書いて下さい。また、あなたに過去医療事務の経験があるなら、それも履歴書に堂々と記述して下さい。

笑顔で話す

面接を受けている最中は、このような態度で患者さんとコミュニケーションを取ります。あなたがどのような感じで、患者さんとコミュニケーションを取るのか、面接官の方が想像できるよう、あなたのコミュニケーション能力を面接で十分に表現して下さい。

汚い格好で面接は受けない

どの面接も、汚い格好で面接は受けてはいけません。医療事務の同様です。特に清潔感が求められる仕事ですので、スーツもワイシャツも綺麗なものを着て面接に臨んで下さい。