NO IMAGE

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていることもあるのです。

そこで、中途採用の面接で好印象な自己紹介のポイントについてお伝えしていきましょう。

大切なのは、コミュニケーションを取りながら自分を上手に紹介できることです。
ぜひ印象に残る自己紹介の練習をしておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

申し込み封筒の書き方のマナー!書類の郵送や持参の際のポイント

求人などの申し込みをする際に応募書類や履歴書は封筒に入れるのがマナーです。その際、封筒の書き方に...

【志望動機の書き方】栄養士の志望動機のポイントについて

履歴書や面接時の志望動機は面接官が重視する場所だと言われています。それだけにどれだけ自分をアピー...

面接でストレス解消法について質問された時の答え方と注意点

採用担当者から面接の時に「ストレス解消法はありますか?」「あなたなりの息抜きは?」と聞かれることがあ...

コミュニケーション能力をアピールしたい!上手に伝えるコツ

面接などで自分のコミュニケーション能力をアピールしたいと考えたとき、どんな答え方がベストなのでしょう...

履歴書に強みと弱みを上手に伝える!好印象を与えるアピール

履歴書に自分の強みや弱みを書くときに悩んでしまう人は必見です。ただ、単に自分の長所や短所を述べるので...

履歴書の志望動機【アパレルへ転職】好印象で熱意が伝わるコツ

履歴書の志望動機はアパレルへの転職でも必ず書く必要があります。アパレル未経験で転職を目指すならど...

職務経歴書の書き方のポイントと医療事務に求められるスキル

転職を希望する場合には、履歴書の他に職務経歴書の提出が必要になる場合がありますが、職務経歴書の正しい...

【履歴書の書き方】営業未経験の方の履歴書志望動機の書き方

履歴書の志望動機や自己PRは、一番頭を悩ませるところと言っても過言ではありません。しかし企業も、就職...

履歴書の志望理由の書き方、事務の仕事に適した志望理由について

履歴書を書いていると志望の理由は、どのように書いたら良いのか悩んでしまうことはないでしょうか。...

自己PRで強みと弱みを答える時のポイントと注意点

自己PRの際に「あなたの強み、弱みは?」と質問されることがあります。長所と短所について訪ねている...

時間確認の電話【面接編】好印象につながるポイントやマナー

面接時間を確認するために企業へ電話をかけることは採用の合否につながるのではと気になっていませんか?で...

職務経歴書の自己PRでアピールするべき内容、医療事務について

履歴書と一緒に提出する職務経歴書、内容には自己prも含まれています。自分をアピールすることは普段少な...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

履歴書からもやる気と誠意は伝わる!主婦の履歴書の書き方

履歴書を目の前にすると、適度な緊張感を感じます。自分の希望する仕事に就くためのスタート地点なので...

スポンサーリンク

面接で聞かれる自己紹介で中途採用を勝ち取るコツ

書類選考を無事通過したら、面接となります。せっかく面接まで進んだのであれば、絶対に採用されたいですね。

面接で重要なのは「会社に来て欲しい人」と思わせる事

応募者の基本的な情報は、履歴書に記載されていますね。
それでもわざわざ面接に行くのは、応募条件の一致だけではなく、あなたそのものを採用担当者は見極めたいからです。

実際に会ってみての印象や人柄が、採用に大きく影響するのがまさに面接です。

採用担当者は、「会社に必要な人」を集めたいのです。また採用担当者自身とも一緒に仕事をしていく仲間となります。

私は実際、今までの経験で採用担当者が入社後に上司や先輩であるケースが多かったです。

履歴書の経歴や条件は良いのに、暗い雰囲気で覇気がない人や高飛車な人とは一緒に仕事をしたいとは思わないでしょう。

中途採用で他にも応募者がいる場合も、条件が同じなら面接で好印象だった人が選ばれる事になるでしょう。

人は対面したその時に「優しそう」「清潔感がない」「神経質そう」など、一瞬で印象を感じてしまうものです。自分を繕いすぎず不自然にならないように話すことを意識して下さい。

中途採用の面接での自己紹介は簡潔にまとめて練習しておくべき

中途採用でも、面接での対応と印象は大きく採用の可否に影響します。

限られた数分の中で、どれだけ自分を売り込むことができるのかが勝負になるわけですが、自分のアピールポイントをいくつも盛り込むと、面接官の印象にも残りにくいため注意しましょう。

自己紹介で話すアピールポイントは2つに絞る

より印象強くさせるため、自分を売り込むポイントを2つに決めて話をしましょう。

あなたには良いところや仕事に生かせるスキルがたくさんあるかもしれません。それは仕事に就いてから発揮できれば良いのです。

面接を突破するために有利になるようなポイントをアピールしましょう。

自己紹介は事前練習必須

当日、自己紹介の内容を話す事で精神的にもいっぱいいっぱいになってしまうと、突然質問された時に混乱し、上手く言葉を返す事ができなくなってしまいますので、事前の練習は必須となります。

また、自己紹介で自分の言葉で話をする時間の目安は1分程度となります。
何度も繰り返し声に出し、1分という時間を体の感覚で覚えましょう。

中途採用の面接では短い自己紹介で好印象を与えることがポイント

中途採用の面接で印象を残すためには、自己紹介の場でどれだけ自分の良さを伝える事ができるのかがポイントになります。

まずは氏名から伝えること

自己紹介の時間を与えられると、伝えたい内容から話し始めてしまいがちです。ですが自分の紹介の場ですので、まずは「名前」を名乗ることを忘れないで下さい。

面接の自己紹介では必ず「挨拶」を添える

気持ちが前のめりになってしまうと、名前を言った後すぐに内容を話し始めてしまうケースが多いですが、挨拶を添える事は大切です。

挨拶を加えて一呼吸おくことで、落ち着いて話始める事もできますし、面接官への印象も良いものです。

当たり前の事ではありますが、自己紹介では「名前と挨拶」を忘れないようにして下さい。

コミュニケーションを取りながら質疑応答に答えることが重要

会社は多くの人が行き交う場所、世の中にはいろいろな性格の人がいます。

そのため、周囲の人と上手く関わる事ができる人(コミニュケーション能力がある)かという事も、採用担当者が見極めたいポイント。

面接官と意思疎通すること

面接時に面接官とコミニュケーションを取りながら話ができる人は、「この人ならうちの会社でも上手くやれそうだ」と判断してもらえるでしょう。

面接官が投げかけた質問に対して、ちゃんとした答えを返す事も大切です。
私の会社には、聞いたことに対して、的はずれな返答をする人がいます。そういった人はやはり対人関係でもトラブルを抱えています。

面接は初対面の人と話をする場

初対面の人とも物怖じせずにしっかりと会話ができる人というのは大切な事です。

面接時に面接官と意思疎通ができなければ、採用される可能性は低いでしょう。

同僚と仕事をした時に、対人関係でトラブルにならない人を会社は求めています。

面接の前にしっかりと自分を分析しておきましょう

あまり自分を客観的に観察する機会はないと思います。

面接時に、面接官からどの様に見えているのか、実際に自分の目で見て確認してみましょう。

自宅で面接の様子を確認する

面接時と同じ格好で自分をスマホやビデオカメラで録画してみましょう。

写真のような静止画よりも、動画がおすすめです。

動画の方が、話し方や声のトーン、姿勢や顔の表情なども観察する事ができます。

私も自分自身が映っている動画を見る事がありますが、自分の声がまるで自分ではないような感覚に陥ります。自分が思ったよりも声が低く、こもったような声をしています。その時に自分以外の人には、実際このような声の印象なのだと気付かされます。
これは声だけではなく、姿勢や表情にも言える事です。表情は意識しないと暗い表情になってしまいます。不意に撮られた写真などはひどいものです。

面接前に自分を撮影して客観的な目線で観察するのはとてもおすすめです。動画だからこそ気付ける点は多くあります。自分自身で直すべきところや、良い部分を見直す事ができるでしょう。