医療事務へ転職できる志望動機!好印象を与えるポイントを紹介

医療事務に転職したいなら志望動機は重要になります。
未経験から医療事務へ転職を成功させるためには志望動機であなたの熱意をしっかりアピールしましょう。

そこで、未経験から医療事務へ転職を目指すときに好印象を与える志望動機のポイントについてお伝えしていきましょう。

転職先からぜひ採用したいと思われることが大事です。
ぜひ参考にあなたの強みやスキルを上手にアピールしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

職務経歴書の在職中の書き方や注意点、面接についてもご紹介

在職中に転職活動をする際、職務経歴書にはどの様に書いたら良いのか、在職中の書き方について疑問があ...

履歴書からもやる気と誠意は伝わる!主婦の履歴書の書き方

履歴書を目の前にすると、適度な緊張感を感じます。自分の希望する仕事に就くためのスタート地点なので...

No Image

医療事務の志望動機の書き方とは?経験者はココがポイント

医療事務の志望動機はどのような事を書けばいいのでしょうか。ブランクを経て医療事務に復帰するときの...

志望動機が難しい事務職、市新卒者の志望動機の書き方とポイント

履歴書に志望動機について書きますが、新卒で事務職希望の場合、どのような志望動機にするべきか悩みま...

ホテルのバイトの面接に行くときの服装とポイント・面接対策

今までのバイトを辞めてホテルでバイトをしたいと考えた時、面接にはどのような服装で行けばいいのか・どん...

No Image

事務職の志望動機の書き方!転職ならスキルもアピール

給与や休みなどの待遇面を重視して事務職への転職を希望すると、履歴書で困るのが「志望動機」ではあり...

No Image

履歴書の志望動機【派遣の場合】登録時や派遣先で大切なポイント

履歴書には基本的に志望動機を書く必要がありますが、派遣の登録をする際はどうしたらいいのか悩む人も...

転職の面接で強みを上手にアピール!好印象を与えるポイント

転職に向けた面接では自分の強みについて聞かれることがあります。採用を勝ち取るためにも自分の経験か...

専門学校を退学した理由を面接時に伝える方法と就活ポイント

経済的な事情や人間関係など、専門学校を退学する理由はそれぞれあると思いますが、就職面接では退学した理...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

履歴書に記載する短所の書き方、コツや注意点をご紹介

履歴書に長所短所の記載欄があると、自分の短所や長所をどのように書いて良いのか書き方に躊躇してしまいま...

夏のスーツの選び方とは?面接に使えるシャツとインナー

夏の面接にはどのようなスーツを選べばいいのでしょうか?転職の面接をするときに好印象を与えるには、「清...

履歴書の自己PRの書き方、看護師の考えや姿勢をPRする文章

履歴書の自己prや志望動機は一番記入に悩む場所です。また応募先の職業によってPRには違いが出てき...

面接の自己紹介【新卒者編】好印象を与えるポイントや注意点

面接で自己紹介を聞かれた新卒者には、どんなことを話したらいいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょ...

スポンサーリンク

未経験から医療事務へ転職したいなら志望動機は重要

女性に人気の医療事務の仕事ですが、未経験の場合には志望動機が重要となります。
その志望動機も、自分目線で考えるのではなく勤める先の病院の理念や医療の体制について触れることがポイント。

開院した当時から変わらず守り継がれている理念に注目しましょう

病院が求めている人材になるには、病院の理念を大切にしている姿勢が必要です。

また、その理念に対して自分も同じ思いであることを強調してアピールしましょう。

理念の他にも、診療科目、病院がある場所、どんな人が利用することが多い病院なのかを調べておきましょう。

事前に調べておくことで、待遇だけで病院を選んでいるのではなく、誠意を持って働きたいという姿勢を見せることができます。

また、医療事務は人気のある仕事です。病院によっては、勤める方が多く競争率が高いことも考えられます。事前にしっかり準備をしておきましょう。

医療事務への転職を成功させるには志望動機でアピールすること

医療事務では、病院の窓口となり患者さんと接する機会が多く病院の顔と言えます。

アピールすると良いのがコミニュケーション能力

病院では、様々な年齢層、病気の患者さんがいます。例えば、耳が不自由な方には筆談で対応することもあります。

  • 小さなお子さんを連れている場合は、患者さんの近くにいき腰を落として目線の高さを合わせることで、子供がいて身動きが取りづらい方に配慮できる対応となります。
  • 高齢の方であれば必要な保険証がなかなか見つからないなど、手続きのしくみを理解することが難しい場合もあります。
  • 体調が悪くそれを訴えられずにいる患者さんや、その場で倒れてしまうこともあります。
患者さんの顔色や様子についても、しっかり観察できる気遣いが必要になります。

そういった時にも、自分達の仕事の効率ではなく患者さんの立場になりゆっくりと対応できる気持ちのゆとりが求められます。

このように、相手の立場になり仕事をするコミニュケーション能力があることを是非アピールしてみましょう。

笑顔と明るさを忘れず、気持ちが良いと相手に思ってもらえる姿勢が大切です。

医療事務に転職しても活かせるスキルを志望動機に盛り込みましょう

医療事務でも事務作業をこなす早さが求められます

これまで、一般の事務を経験している時は、自分の持っている事務のスキルを志望動機に盛り込みましょう。

例えば、医療費の請求に必要な書類を作成する作業もあります。

患者さんによっては、似たような名前の場合もあり一つ一つの項目を細かく確認しながら作業を正確に進め、こなしていくことが求められます。

自分が前職でしていたことで活かしてみましょう

その他にも、電話対応の経験がある場合はその経験もアピールしましょう。

電話では、手短に伝えるべき内容をまとめて話せることが求められます。

医療に関する知識も必要になってきます。

医師や看護師、検査技師など専門のスタッフと協力して仕事を進めていくことが多いのです。知識をしっかり身につけ、初めての医療事務でも即戦力となれるようにしましょう。

転職先の採用者に好印象を与える書類を作成すること

パソコンなどで書類を作成することもありますが、手書きのカルテを利用している病院もあります。

書類を正確に作成することができる能力も求められます

また、数字に関しては人によって読み取りにくい書き方をする方もいます。

自分だけではなく、誰が見てもわかるような書類を作成することが大切です。

転職する際に、履歴書を提出することがあると思います。履歴書1枚だけでも、その人の印象を左右すると言われています。

文字を丁寧に書くことは、基本的な事ですが扱い方も注目して見ています。

履歴書を必ずファイルに保管しておき、汚さず折れ曲がることがないように扱いに注意しておきましょう。

また、はじめから用紙を使うのではなく、文字のバランスや伝わりやすい文章となるように他の紙に練習をしてから履歴書に記入するのがおすすめ。

何度やり直してもいいので、自分が納得できるものを提出しましょう。

医療事務としてこの先自分が貢献できることを伝えましょう

医療事務では、他の人のことも考えられる気持ちが求められます。

「早く仕事をこなせるようにする」という姿勢ではなく「自分は貢献したい」という誰かの役に立ちたいという気持ちが大切です。

自分がこの病院で働くことで、病院にとってプラスになると思ってもらえるようにまとめましょう。

患者さんの気持ちに寄り添うこと

他のスタッフが仕事をしやすいように気遣いを心がけること。

自分の仕事に対して、目標を設定し常に成長するための努力を惜しまないことなど。

決められて仕事の他にも、するべきことを考えて実践する姿勢をアピールしていきましょう。