職務経歴書の自己PRでアピールするべき内容、医療事務について

履歴書と一緒に提出する職務経歴書、内容には自己prも含まれています。自分をアピールすることは普段少ないため、どのようにアピールをしてよいのかアピール点について悩んでしまいます。

そこで医療事務を希望する場合の自己prについて、アピールすべき点、病院側が良い印象を受ける自己pr文をご紹介いたします。

以前に医療事務の仕事についていた方は、経験が大きなアピール点となるので、忘れずに記入をしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面接でストレス解消法について質問された時の答え方と注意点

採用担当者から面接の時に「ストレス解消法はありますか?」「あなたなりの息抜きは?」と聞かれることがあ...

職務経歴書の書き方のポイントと医療事務に求められるスキル

転職を希望する場合には、履歴書の他に職務経歴書の提出が必要になる場合がありますが、職務経歴書の正しい...

時間確認の電話【面接編】好印象につながるポイントやマナー

面接時間を確認するために企業へ電話をかけることは採用の合否につながるのではと気になっていませんか?で...

面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけま...

履歴書に記載する短所の書き方、コツや注意点をご紹介

履歴書に長所短所の記載欄があると、自分の短所や長所をどのように書いて良いのか書き方に躊躇してしまいま...

職務経歴書の書き方、転職が多い場合の書き方のポイントについて

履歴書と一緒に提出をする職務経歴書。今までどのような職についてきたか、自分のスキルをアピールするため...

No Image

【介護事務の志望動機】未経験の方の志望動機アピールポイント

事務の仕事は経験があるけど介護事務の仕事は未経験。そんな場合志望動機はどのように書くと良いのでし...

老人ホームの事務【志望動機】未経験でも採用されるポイント

老人ホームの事務に応募するときの志望動機について悩んでいるあなた。未経験からの挑戦だと特に悩んで...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

No Image

医療事務の志望動機の書き方とは?経験者はココがポイント

医療事務の志望動機はどのような事を書けばいいのでしょうか。ブランクを経て医療事務に復帰するときの...

医療事務へ転職できる志望動機!好印象を与えるポイントを紹介

医療事務に転職したいなら志望動機は重要になります。未経験から医療事務へ転職を成功させるために...

No Image

履歴書の志望動機【派遣の場合】登録時や派遣先で大切なポイント

履歴書には基本的に志望動機を書く必要がありますが、派遣の登録をする際はどうしたらいいのか悩む人も...

就活で得意科目を上手にアピール!面接での答え方のコツを紹介

就活の面接で得意科目に聞かれることがあります。このとき、ただ得意な科目を答えるだけではなく好印象を与...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

スポンサーリンク

まずは職務経歴書を構成する基本情報について

職務経歴書は履歴書とは違い、自分が勤めてきた仕事を詳しく説明するためのものです

前職に医療事務の経験があるのなら、職務経歴書も一緒に提出すると相手に自分がどれだけ医療事務の知識があるのか、どのくらいまで仕事ができるかなどを理解してもらいやすくなります。

職務経歴書は、名前や住所の他に、希望職種の記載欄や、志望動機、職務履歴、取得資格などを記載する欄があります。

職務経歴書は二種類に分かれている

長く一つの職種を務めた場合は時系列で紹介していく「編年式」、数種類の職種を経験している場合に書きやすい「キャリア式」にわかれます。

前職の医療事務の職歴をクローズアップして記入する場合は編年式の職務経歴書が向いています。

前職で何年間務めたかによって書き方が変わりますが、一年おきにどのような仕事をしていたか書いていくようにしましょう。

仕事内容と実績に分けて書くと経歴書の欄を埋めやすいです。
空欄が多いよりもしっかりと書かれていた方が印象もよくなります。

医療事務経験者の職務経歴書自己PRの書き方

医療事務の経験がある場合は、再就職でも有利になりますので、積極的に自己PRしていきましょう。

過去の実績を自己PRに盛り込む

自己PRでは、医療事務は病院の受付をする場合が多い事から、接客に対して、お客様から評価された事や、病院内での医療事務職員と各職員(医師や看護師など)との関わり方などをあげて、どのように前職では接してきたのか、問題解決の経験があるのならその部分を取り上げどのように自分が解決に携わったのか、その結果どのように良くなったのかなどを記載すると面接官へのアピールになります。

職務年数なども記載するとよい

接客は臨機応変に対応できなくてはならず、会社側もすぐ行動できる人材を求めています。

その点も自己PRに付け加え、「一人ひとりへ気を配りながら、その人に合った対応を心掛けました。」などの一文があると更にあなたの魅力を引き出した自己PRにすることができます。

医療事務の職務経歴書や履歴書で他と差がつく自己PR

職務経歴書も履歴書も手書きでの記入になりますので、記入する時は綺麗な字で読みやすい字で記入するようにします。

誤字脱字がある場合は修正ペンは使わず書き直す

字の間違いは、医療現場においては大きなミスに繋がってしまう場合があります。大事な履歴書でも字のミスがある場合には、普段もきっとミスがあるに違いないという印象を残してしまいます。
書くときや書いた後などは必ず一文字ずつ字を確認するようにし、自信のない漢字がある場合には調べてから記入するようにしましょう。

どうしてもミスが出てしまう場合は下書きをしてから記入するとよいでしょう。

ただし、消しゴムで消すときにペンが伸びてしまうなどの失敗もありますから注意が必要です。

医療事務の経験がある場合は資格も記載しましょう

経験者は未経験者に差を付けることができますから、資格がない場合でも医療事務の経験年数だけでも記載しておくと自己PRになります。

コミュニケーション能力は医療事務でも自己PRに役立つスキル

医療現場での受付を主とする医療事務の仕事などでは、ただ座ってお客様を待っているのではなく、相手の伝えたい意図をくみ取って対応したり、病院などでしたら体調が悪い方が多く集まっているわけですからうるさくならないように接客しなくてはなりません。

相手に気配りができる事や、現場の職員とのやり取りなども円滑に行えるコミュニケーションの能力が求められます。

医師や看護師とお客様のパイプ役になるのが医療事務員でもあります

しっかりと伝達できる能力も求められます。

その場で判断しなければならない場合でも、迷ったら一度保留にして聞いてから伝える正確性が求められたり、お客様の体調や話を聞いて迅速に対応しなければならない時には迷わず行動できる力が必要になります。

特に医療事務の経験者であれば、経験値がありますので始めて仕事をする人よりも的確に行動できますのでアピールする時の強みになります。

書類選考を通り面接に進んだ際に気をつける点

面接は身だしなみや言葉遣いなども重視されます

病院などは清潔感が求められますので、身だしなみや化粧の濃さ、ネイルなどもチェックされています。
あまりにも華美な恰好やネイルをした状態、更には髪を染めているなどの目立った格好では面接官の印象もよくありません。
自分が調子が悪くて病院に行ったときに、受付にいて安心できる人物像を意識しておくとよいでしょう。

また、医療事務員として、お客様を不快にさせないようにという意識を持って接客していることをアピールするようにしましょう。
その為には、面接でも柔らかな態度や、聞き取り安い発声などを意識するとよいです。
年配の方も多く来院するでしょうから、その方々にも聞き取れる声の大きさであったり、態度であるのはアピールする価値があります。