履歴書の自己PRの書き方、看護師の考えや姿勢をPRする文章

履歴書の自己prや志望動機は一番記入に悩む場所です。また応募先の職業によってPRには違いが出てきます。

ここでは看護師の就職に注目をして、履歴書の自己PR分の書き方について、どのようなことを盛り込むと良いのかをご紹介いたします。

逆に自己PRに書くことを避けておいた方が無難な内容についてもご紹介をいたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【履歴書の書き方】営業未経験の方の履歴書志望動機の書き方

履歴書の志望動機や自己PRは、一番頭を悩ませるところと言っても過言ではありません。しかし企業も、就職...

履歴書の志望動機はどうする?未経験だけど事務職を目指す

事務職はパートや契約社員として求人する会社も多く、正社員の事務職はとても人気があります。そのため...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

職務経歴書の在職中の書き方や注意点、面接についてもご紹介

在職中に転職活動をする際、職務経歴書にはどの様に書いたら良いのか、在職中の書き方について疑問があ...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

職務経歴書の自己PRでアピールするべき内容、医療事務について

履歴書と一緒に提出する職務経歴書、内容には自己prも含まれています。自分をアピールすることは普段少な...

パート面接の基本のマナーを服装に注目をしてご紹介

就職の面接というと、服装は男性も女性もスーツが定番です。しかしパートの面接の場合だとスーツは硬すぎる...

派遣社員として働いていた場合の履歴書の書き方ついてご紹介

派遣社員としての職歴は履歴書にどのように書いて良いのか?書き方に少し戸惑ってしまうことがあります。...

事務職未経験の志望動機の書き方、アピールポイントについて

事務職の経験がない方でも生活スタイルが変化し、働く時間が決まっている事務職に魅力を感じ、就職した...

専門学校を退学した理由を面接時に伝える方法と就活ポイント

経済的な事情や人間関係など、専門学校を退学する理由はそれぞれあると思いますが、就職面接では退学した理...

転職の面接で強みを上手にアピール!好印象を与えるポイント

転職に向けた面接では自分の強みについて聞かれることがあります。採用を勝ち取るためにも自分の経験か...

面接で長所を話す時は前向きに具体的なエピソードを交えて話そう

面接の自己PRで長所について話す時は、前向きなことをアピールすることが大切です。とはいっても、た...

No Image

履歴書の志望動機は見られている。配送を希望する場合はコレ

社会に出て働き始めてみると、自分の向き不向きが顕著に見えてきます。憧れを抱いて就いた仕事が実...

No Image

【志望動機の書き方】未経験でも相手にアピールできる志望動機

志望動機や自己PRは履歴書の中でも一番悩んでしまう部分です。また募集側としても働く側の意欲が汲み...

履歴書に記載する短所の書き方、コツや注意点をご紹介

履歴書に長所短所の記載欄があると、自分の短所や長所をどのように書いて良いのか書き方に躊躇してしまいま...

スポンサーリンク

看護師の履歴書の自己PRには自分の信念を盛り込む

人の命に関わる仕事である看護師。看護師になるためには、難しい勉強もこなし、厳しい実習も乗り越えてなることができます。そういった素晴らしい仕事をできる方はそう多くはありません。いくら気持ちがあっても、知識も伴わなければできない仕事です。

しかし、看護師の仕事も就職した場所とは違う所で、新たに働きたいという方も少なくありません。それでは、看護師の方が履歴書を書く時にはどんなことに気をつけると良いのでしょうか。

大切なのは「自己PRの書き方」です。決められた医療の仕事の他に、相手の立場になって考え思いやれることが必要になります。自己PRの書き方に悩んだ時は「自分の信念」を意識してみましょう。

仕事に対する信念

看護師の仕事は、できて当たり前となってしまうことが多いです。

間違ってはいけない医療に関する仕事ですから、ミスは許されません。そのため、「仕事を最後まで頑張る」だけでは当たり前となってしまうのです。

看護師の仕事は、その日によって状況がかわり自分で考え判断をしなければいけないことも多くあります。

いかに、自分が看護師の仕事に対して取り組む姿勢があるのか、強い信念を自己PRすることが必要です。

看護師を目指したきっかけ

看護師を目指したきっかけも取り入れることで、あなたが仕事に対する気持ちを相手にしっかり伝えることができます。

「收入が良いから」などの理由はマイナスなイメージとなるので注意しましょう。

看護師の履歴書の自己PRは今までの経験もポイントになります

看護師という、現場でどれだけ仕事に取り組んでいけるかを履歴書で伝えることは、なかなか難しいです。

しかし、今までの経験を具体的に書くことで、相手にあなたの仕事ができる良い部分をわかりやすく伝えることができます。

例えば、プリセプターやリーダー業務。これは、上司があなたが仕事に責任を持ち、人に正しく伝える・指導できると判断して任せられるもの。

新しい職場でも、信頼できる看護師を採用したいと思いますから、こういった経験は積極的に自己PRとして伝えましょう。

勤めた科が豊富な場合はそれも活かしましょう

病院によっては、専門の科が少ない場合もありますが患者さんの年齢層によっては、経験が豊富な人を、現場で必要としていることもあります。

自分が、これまでしてきた経験で良いと思えるものは、積極的にアピールしましょう。

看護師は精神面を履歴書の自己PRで強調するのもあり

仕事をミスなくこなすことも、看護師の仕事をするには重要なことです。

人を相手にする仕事、仕事に対する精神的な長所も自己PRするのがおすすめ

私が、実際に病院で勤務していて感じたのは、「協調性」はとても大切ということです。
自分の仕事だけを優先して、チームの看護師仲間のことは後回し。もちろん、患者さんに対しては誠意ある態度でも、仲間と協調性をもって仕事ができない方もいました。
しかし、看護師の仕事は患者さんだけではなく、一緒に働く他の看護師などと協力して仕事をすることもとても重要です。

患者さんだけではなく、仲間のことも思いやれる精神面も自己PRするのが良いです。

看護師の履歴書の自己PRで避けたい内容について

看護師の仕事について履歴書を書く際に、避けるべき内容もあります。

前職のマイナスなこと

今の職場を退職し、新たな所で勤める場合に多く書いてしまうのが前職のマイナスなことです。

前に、勤めていたところの勤務条件が悪いことが実際にあることも。しかし、それをそのまま伝えてしまうのは良くありません。

採用担当の方は、自分の所もマイナスな面を、「いつか噂にされるかもしれない」と思ってしまうのです。事実だとしても、そこには触れないようにしましょう。

例文を真似しない

看護師の仕事は、一人一人その人の良さ、その人にしかない良い面をみることがあります。

ありきたりな例文では、あなたにしかない良さは伝わりません。具体的な、あなたの得意とすることを自己PRしましょう。

看護師の履歴書の自己PRは応募先に沿った内容を考えよう

病院の多くが、理念を掲げています。勤めたい所の理念は事前に、チェックしておきましょう。

自己PRも大切ですが、病院が求めている人材でなければ採用されないこともあります

理念や事業内容に沿った、自分が取り組もうと思っている姿勢を取り入れましょう。

そうすることで、あなたの良さだけではなく、自分の所で一緒に働いて欲しい仲間として良い印象をもってもらうことができます。

いくら志を高くもっていても、自己PRができないとあなたの良さが伝わりません。履歴書は、何度書き直しても良いのです。自分が、自信を持つことのできる内容を考え、是非、あなたの良さを伝えられるものにしてください。