履歴書に強みと弱みを上手に伝える!好印象を与えるアピール

履歴書に自分の強みや弱みを書くときに悩んでしまう人は必見です。ただ、単に自分の長所や短所を述べるのでは全く印象に残りません。

そこで、履歴書に強みと弱みを上手に伝えるポイントについて、採用者に好印象を与えるコツなどお伝えしていきましょう。

一緒に働きたいと思われることが大切です。
表現に工夫をしながらあなたを上手に売り込みましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

【志望動機の書き方】未経験でも相手にアピールできる志望動機

志望動機や自己PRは履歴書の中でも一番悩んでしまう部分です。また募集側としても働く側の意欲が汲み...

No Image

事務職の志望動機の書き方!転職ならスキルもアピール

給与や休みなどの待遇面を重視して事務職への転職を希望すると、履歴書で困るのが「志望動機」ではあり...

自己PRで強みと弱みを答える時のポイントと注意点

自己PRの際に「あなたの強み、弱みは?」と質問されることがあります。長所と短所について訪ねている...

面接でストレス解消法について質問された時の答え方と注意点

採用担当者から面接の時に「ストレス解消法はありますか?」「あなたなりの息抜きは?」と聞かれることがあ...

派遣の面談や顔合わせでの自己紹介、話す内容とポイントについて

派遣に初めて登録をした方は、今後の流れがわからず不安になってしまう場合もあるでしょう。さらに面談や顔...

製造業【未経験】志望動機でアピールして好印象を与えるポイント

製造業へ未経験から応募をする際に志望動機で悩んでいるあなた。まずはこれまでの経験で製造業に活かせ...

面接の自己紹介【新卒者編】好印象を与えるポイントや注意点

面接で自己紹介を聞かれた新卒者には、どんなことを話したらいいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょ...

派遣社員として働いていた場合の履歴書の書き方ついてご紹介

派遣社員としての職歴は履歴書にどのように書いて良いのか?書き方に少し戸惑ってしまうことがあります。...

No Image

【介護事務の志望動機】未経験の方の志望動機アピールポイント

事務の仕事は経験があるけど介護事務の仕事は未経験。そんな場合志望動機はどのように書くと良いのでし...

就活で得意科目を上手にアピール!面接での答え方のコツを紹介

就活の面接で得意科目に聞かれることがあります。このとき、ただ得意な科目を答えるだけではなく好印象を与...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

医療事務へ転職できる志望動機!好印象を与えるポイントを紹介

医療事務に転職したいなら志望動機は重要になります。未経験から医療事務へ転職を成功させるために...

志望動機が難しい事務職、市新卒者の志望動機の書き方とポイント

履歴書に志望動機について書きますが、新卒で事務職希望の場合、どのような志望動機にするべきか悩みま...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

【履歴書の書き方】営業未経験の方の履歴書志望動機の書き方

履歴書の志望動機や自己PRは、一番頭を悩ませるところと言っても過言ではありません。しかし企業も、就職...

スポンサーリンク

履歴書には自分の強みと弱みを上手にアピールしましょう

自分をアピールする履歴書を作りたいのなら、まずは自己分析から始めましょう。

自己分析する

自分の強みと弱みを把握することができるので、面倒でも一度行っておくと企業に求められている質問にも答えやすく、更にアレンジを加えて自分の弱みなども強みと絡めて良い方向にアピールできます。

気を付けたいのは、自分をよく見せたい気持ちから、いいことを書いたり、素直な気持ちを書かないで自己分析を行うことです。嘘で固めてしまうと全く違った自分像になってしまいます。

こうして作り上げた自分は、面接官と面接を行うことによってすぐにバレてしまいます。沢山の人を面接してきた面接官からみれば矛盾していることもすぐにわかりますからあなたの評価が下がるどころか、信用も失ってしまうでしょう。

素のあなたの魅力を面接官は知りたいのです。

その為にも自己分析するときは素直な気持ちで臨むようにしましょう。

長所と短所を把握できるようになったら次に長所と短所の置き換え作業をしてみましょう

自分の強みだと思っていることでも実は短所の部分が含まれていることもあります。また、反対に弱みでも置き換えてみると長所としてアピールできる場合もあるのです。

まずは自分の強みと弱みを書き出し、それを置き換えを使って変わる印象をみてみるようにしましょう。

自分の強みと弱みを履歴書で伝えるときのポイント

ありきたりな履歴書の文では面接官の心には響きません

だからといって、奇抜な文章を書く必要もないのです。
あなたが、企業にとって魅力的な存在であることをアピールすることで面接官の印象に残ることができます。

ありきたりな強みでは普通の人と同じです。

同じ言葉でも、他の言い方やわかりやすい表現に変えると相手にインパクトを与えることができます。

例えば、努力家であるならば、学生時代皆勤賞をとった事があり、皆勤賞のために健康管理に気を付けるよう努力した。

とすれば、努力家と一言で表現するよりも内容も伝わりやすいですし、詳しく話を聞いてみたいという気持を面接官は持ってくれるでしょう。

履歴書には弱みも強みとして変換できることが大事

弱みもそのまま書くのではなく、強みとしてまずは置き換えてみましょう。

「長続きしない。」のであれば、「色々な事に興味を持つことができる。」に言い換えることができます。

しかし、弱みを書かなければならないのであれば、その弱みの後でフォローすることを書いておくと印象がよくなります。
「長続きしないことが多いですが、色々なことに挑戦したい気持ちが強くチャレンジしてみることで、幅広い知識を持つことができました。」とすれば、最初の弱みを書いたとしても最後には、幅広い知識を持っているということをアピールできているのです。

ものは考えよう、弱みでも言い方を変えればアピールするチャンスになる

最終的に強みとしてとらえてもらえるように、あまり回りくどくなり過ぎずに完結にアピールできる文章にしましょう。

履歴書に書く場合には、企業に関係のない弱みを書いたり、プライベートな長所などは書かないようにしましょう。

企業が雇いたいと思う自分をアピールすることが大事ですから、こんなアピールで意味があるのかな。と思う内容ではいけません。
弱みであるが、経験を積めば長所に変わると企業に知ってもらえればアピールは大成功といえます。

強みと自己PRが連動されると伝わりやすく好印象

履歴書の記入欄の大きさにもよりますが、強みと自己PRが繋がりを持っているとあなたの人物像を伝えやすくなります。
自己PRは強みに対してのエピソードを書くようにすると繋がりが持てます。

エピソードを2つ入れたいときは、「例1」、と先に書いておくと見やすく伝わりやすくなります。

自分の一番の強みを見つけ出し、それに対して一番よいエピソードを自己分析を行った中から見つけ出しましょう。
または、自己分析から自分の強みを見つけ出した内容のエピソードをそのまま読みやすいように整理して書くとよいでしょう。

企業が採用したくなるような表現に工夫をしましょう

企業は弱みを聞くときに、どのような点を気にしているのでしょうか。

企業側にとって弱みの部分は利益にはならないことを理解しましょう

あなたの弱みを聞くことで、自分の企業で仕事をしていけるのか適性をみたり、弱みを自分で理解して、それをどう改善していくかまで考えるているかどうかを知りたくて弱みをあえて聞いているのです。

企業にとって採用したくなる強みと弱みの表現をすることが大事

例えば、前向きな表現にしてやる気ある自分をアピールしたり、弱みを克服できるように改善を心掛けているなどの自己分析を自分で受け止めていることをアピールする方法があります。

弱みをただ弱みとして書くのでは、面接官からはこれからの伸びしろが少ないと思われてしまいます。
自分でこれからも成長していきたいとやる気を見せている方が将来有望に見えますから、どうしていきたいか、聞かれていなくても記入欄には書くことが大事なのです。