面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけません。
それは、面接の出欠確認のメールから既に採用試験が始まっており、メール内容の良し悪しが合否に影響を与えることがあるからです。
面接の出欠をメールで返信する場合の基本的なマナー、時間帯、書き方のポイントなど詳しく解説いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホテルのバイトの面接に行くときの服装とポイント・面接対策

今までのバイトを辞めてホテルでバイトをしたいと考えた時、面接にはどのような服装で行けばいいのか・どん...

自己PRで強みと弱みを答える時のポイントと注意点

自己PRの際に「あなたの強み、弱みは?」と質問されることがあります。長所と短所について訪ねている...

申し込み封筒の書き方のマナー!書類の郵送や持参の際のポイント

求人などの申し込みをする際に応募書類や履歴書は封筒に入れるのがマナーです。その際、封筒の書き方に...

履歴書に記載する短所の書き方、コツや注意点をご紹介

履歴書に長所短所の記載欄があると、自分の短所や長所をどのように書いて良いのか書き方に躊躇してしまいま...

面接の自己紹介【新卒者編】好印象を与えるポイントや注意点

面接で自己紹介を聞かれた新卒者には、どんなことを話したらいいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょ...

夏のスーツの選び方とは?面接に使えるシャツとインナー

夏の面接にはどのようなスーツを選べばいいのでしょうか?転職の面接をするときに好印象を与えるには、「清...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

履歴書の自己PRの書き方、看護師の考えや姿勢をPRする文章

履歴書の自己prや志望動機は一番記入に悩む場所です。また応募先の職業によってPRには違いが出てき...

履歴書の志望動機【アパレルへ転職】好印象で熱意が伝わるコツ

履歴書の志望動機はアパレルへの転職でも必ず書く必要があります。アパレル未経験で転職を目指すならど...

製造業【未経験】志望動機でアピールして好印象を与えるポイント

製造業へ未経験から応募をする際に志望動機で悩んでいるあなた。まずはこれまでの経験で製造業に活かせ...

コミュニケーション能力をアピールしたい!上手に伝えるコツ

面接などで自分のコミュニケーション能力をアピールしたいと考えたとき、どんな答え方がベストなのでしょう...

履歴書からもやる気と誠意は伝わる!主婦の履歴書の書き方

履歴書を目の前にすると、適度な緊張感を感じます。自分の希望する仕事に就くためのスタート地点なので...

時間確認の電話【面接編】好印象につながるポイントやマナー

面接時間を確認するために企業へ電話をかけることは採用の合否につながるのではと気になっていませんか?で...

自己PRは何を書けばいい?就活の為の履歴書の書き方について

就活の自己PRはどのような書き方をすればいいのでしょうか。自分の良いところを見つける、書き出すのは悪...

職務経歴書の書き方のポイントと医療事務に求められるスキル

転職を希望する場合には、履歴書の他に職務経歴書の提出が必要になる場合がありますが、職務経歴書の正しい...

スポンサーリンク

面接するかどうかの出欠メールは採用選考に影響するので注意

就活の際、面接の日程を決めるため、会社の人事の方とメールでやりとりをすることになると思います。その日に面接に出欠できるのかどうか、人事の方からもメールであなたにやりとりが始まります。その面接に関するメールには、必ず返信をするべきです。

正直、あなたが人事の方から出欠メールにどう返信するかも、採用選考の基準に入ります。これから出欠メールの返信にする方は、言葉遣いには気をつけて、出欠メールに返信するようにして下さい。

マナーがある人という印象をつける

出欠のメールの返信の内容ですが、相手の方が「この人はマナーのある人だな」という印象がつくメールの内容にして下さい。どんなメールの内容で返信するかも、採用の基準に入っています。

メールの返信は早めにする

担当者の方から、出欠に関するメールを頂いたら、できるだけその日のうちに返信をするべきです。

タイミングは、24時間以内にした方が、良い印象を与えることができると思います。

面接の出欠をメールで返信する場合の基本的なマナー

あなたが就活の面接に出欠するかどうか、企業の担当者からのメールに対して返信する際、マナーを守って返信しないと、採用はされにくいと思います。学校ではなく、企業ですから、マナーはあります。返信の仕方次第で、あなたが採用されるかどうか、変わりますので注意して下さい。面接の返信の基本となるマナーは知った上で返信すべきです。

相手から指示がない限り件名は新しく書き換える

相手の方から、「Re:」のままで返信をお願いしますという具体的な指示がない限り、件名は新しく書き換えるのがマナーになるようです。

何も指示がない場合は、新しく書き換えて下さい。

返信に日程も書く

返信をする際、必ず面接の日程を返信にも書いて下さい。企業から、3つくらいの候補を上げられるかもしれませんし、同じ日で時間だけ違うかもしれません。どちらにしろ、確認のため、日付と時間、両方確認のため返信に書くようにして下さい。確認になります。

お礼の一文も忘れないで書く

面接の時間を企業の方から割いて頂く訳ですから、それに対して、「面接の時間を頂きありがとうございます」などの一言を返信に添えて下さい。これもマナーの一つになります。

面接の出欠メールを送る場合は時間帯にも注意が必要

メールはいつでも送れます。ですが、出欠のメールを企業に送る際は、相手の企業が営業している時間内に送信するようにして下さい。

企業の営業内に送るのがマナー

これが、友達に送るメールとは違う点かもしれません。メールはいつでも送れます。ですが、営業時間外にメールを送ると、相手の方から、あなたはマナーを知らない方と思われます。

あなたが面接を受ける営業時間を調べて、その営業時間内に送るようにして下さい。

これも面接の返信のメールのマナーです。面接の出欠のメールの返信は、適切な内容で、企業の営業時間内に送るようにして下さい。相手に良い印象を与える一つの方法だと思います。営業外にメールを送ってしまうと、逆に、面接で、そのことで色々聞かれ、不採用になるかもしれません。時間には、気をつけて下さい。

人事担当者に好印象を与える出欠メールの書き方とポイント

採用されるには、面接で、人事担当者の方に良い印象を持ってもらうことです。そのためには、まず、面接を受けなくてはいけません。

企業の求人にまず応募し、面接への出欠のメールにこれから返信をします。その際、企業の担当者の方に好印象を持たられる書き方で、面接の出欠メールを送って下さい。

早さも重要

人事担当者は、返信が早い方は、面接のスケジュールも立てやすいので、好印象を持ちやすいようです。ですので、面接の出欠メールは早いうちに出した方が採用率も高くなると思います。特に本命の企業から面接の案内が届いたら、そのメールにはできるだけ早くチェックし、返信も早めにするようにしましょう。

長いメールはあまり好意を持たれない

面接の出欠のメールは長ければ良いという訳ではありません。特に、就活の面接の出欠メールであなたの自己PRをメールの中で書く方がいます。それは要りません。面接に出欠できるかできないのか、その内容が返信に書かれていれば、人事担当者は困りません。

大体、3~5行くらいの返信を目安にして下さい。自己PRは面接の時にするので、面接の出欠のメールには書く必要はありません。

面接をやむを得ず欠席する場合の書き方

面接はできるだけ、企業の方が指定した日に受けた方が好印象を持たれやすいです。ですが、あなたにも都合があり、面接に欠席することもあります。面接を欠席する時も、出欠メールに返信はしなくてはいけません。

残念ですが、と前置きをして欠席の意思を伝える

面接のご案内を頂き、ありがとうございました。残念ながら、~という形で欠席の理由を書きます。残念ですが、という言葉も使えますし、せっかくの機会ではありますが、という言葉も、欠席のメールの際、使用できます。どちらかを使用し、欠席の理由を相手の企業の方に伝えて下さい。

出席が欠席になった場合

先日は、出席とお伝えしましたが、~の理由で、欠席させて頂くことになりました。というようなニュアンスで欠席のメールを送って下さい。

上記で紹介しているように、残念ながら、という言葉も使用することができます。ただ単純に「欠席します」と伝えるのではなく、クッション言葉や文章を少し柔らかくする言葉を使用して、欠席のメールにして下さい。メールですので、言葉遣いには注意して下さい。また、上記でも書きましたが、長ければ良いという訳ではありません。余計なことは書かない方が、企業の担当者の方に良い印象を持たれると思います。