面接で長所を話す時は前向きに具体的なエピソードを交えて話そう

面接の自己PRで長所について話す時は、前向きなことをアピールすることが大切です。
とはいっても、ただ前向きさをアピールしても評価には繋がりません。
周囲への影響も考えながら、長所を前向きに話すことで面接の高評価に繋がるのです。
長所を話す時の文章の構成、ポイントや話し方についても解説しますので、合格を目指してシュミレーションしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職務経歴書の在職中の書き方や注意点、面接についてもご紹介

在職中に転職活動をする際、職務経歴書にはどの様に書いたら良いのか、在職中の書き方について疑問があ...

面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけま...

職務経歴書は見本を参考に。アルバイトでもしっかり完成させよう

アルバイトを始めるためには、まず採用されなければ始まりません。面接でやる気や経歴を伝えること...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

No Image

医療事務の志望動機の書き方とは?経験者はココがポイント

医療事務の志望動機はどのような事を書けばいいのでしょうか。ブランクを経て医療事務に復帰するときの...

No Image

履歴書の志望動機【派遣の場合】登録時や派遣先で大切なポイント

履歴書には基本的に志望動機を書く必要がありますが、派遣の登録をする際はどうしたらいいのか悩む人も...

接客のバイトに有利な志望動機の書き方とポイントを解説

バイトの職種で多い接客業。接客のバイトを応募する時、志望動機に悩んだことありませんか?時給が良く...

No Image

ファッション好きでアパレル志望!未経験者の志望動機の書き方

ファッションが好きでアパレル系の職種を志望する方は多いですよね。しかし、アパレル業界に来る人...

就活の面接で笑顔を見せるタイミングや成功のポイントを紹介

就活の面接において笑顔を見せることは大切です。しかし、面接で緊張していつもの笑顔になれないという人も...

申し込み封筒の書き方のマナー!書類の郵送や持参の際のポイント

求人などの申し込みをする際に応募書類や履歴書は封筒に入れるのがマナーです。その際、封筒の書き方に...

【履歴書の書き方】営業未経験の方の履歴書志望動機の書き方

履歴書の志望動機や自己PRは、一番頭を悩ませるところと言っても過言ではありません。しかし企業も、就職...

No Image

履歴書の志望動機は見られている。配送を希望する場合はコレ

社会に出て働き始めてみると、自分の向き不向きが顕著に見えてきます。憧れを抱いて就いた仕事が実...

志望動機が難しい事務職、市新卒者の志望動機の書き方とポイント

履歴書に志望動機について書きますが、新卒で事務職希望の場合、どのような志望動機にするべきか悩みま...

医療事務へ転職できる志望動機!好印象を与えるポイントを紹介

医療事務に転職したいなら志望動機は重要になります。未経験から医療事務へ転職を成功させるために...

履歴書の志望動機【アパレルへ転職】好印象で熱意が伝わるコツ

履歴書の志望動機はアパレルへの転職でも必ず書く必要があります。アパレル未経験で転職を目指すならど...

スポンサーリンク

面接では長所をいかに前向きに話すかがポイント

長所は企業にとっては重要な採用の判断基準になる

沢山資格を持っていて能力が優れていても、周りの社員と目的を共有できなかったり、協力して仕事に取り組むことができなければ採用できません。

 長所とは、企業でどれだけ他の社員と協力できる協力できる能力があるか判断する材料になるのです。

長所をアピールする時は、どれだけ自分が会社にとって合っているか、会社に役に立てるかを話すようにします。

例えば「明るい性格」をアピールしたいのであれば、明るい性格ですぐに相手と仲良くなれます。アルバイトをしている時などは、自分からお客様に積極的に話しかけたり、挨拶をするようにしていました。そうする事によって、自分の勤務時間にまた同じお客さんが来てくれるようになったり、お客様から話しかけてもらえるようになり、お店の雰囲気も更に活気づきました。

などの、エピソードも交えた内容にしたり、自分の性格でどのような変化が起こったのかなども盛り込むと、自分が希望する会社に入れたならばこんな影響がありますよ。とアピールできるので効果的です。

周囲への影響も考えながら長所を前向きに話すことで面接の高評価に繋がる

初めての職場でどれだけ仕事を頑張っていけるのか、長く勤められる人間なのかを面接時には見られています。

将来会社に入って、仕事をすぐにやめられては意味がない

自分がどれだけ仕事を頑張っていけるのか、嫌なことがあっても気持ちを切り替えられる性格なのかも重要な判断基準になります。

ポジティブに考えられる人は企業にも評価されます。

ですから、面接ではポジティブであることもアピールするとよいでしょう。

自己PRの際に、問題点を話し、こんな事があった。しかし私はこんな事をして解決しました。それによってこんな事が起こった。というように、問題を自分で解決するために取った行動などを面接官にアピールするのです。

問題解決を自分でできる人間は、仕事でも困ったことがあっても自分で解決できる力を持っていると評価されます。

どんな些細な事でもよいですから、自分に起こった困ったことがあった場合はそれをどのように解決したか、自己分析を行ってみるとよいでしょう。

一つのエピソードに絞り、それを自分でどう思ったか、どのように行動したかなどのを書き出し整理するとよいですよ。

面接で長所を話す時は冒頭に結論を述べてから話し始めるとスムーズ

長所を話す時に、相手に伝えやすい方法は、まずは相手に自分の長所を伝える事です。

「自分の長所は〇〇なところです。それは…。」というように先長くなる説明の前に結論を言ってしまう事で、面接官に長所を理解してもらいやすくなります。

先に結論を伝える事で話の全体も明瞭化することができます

また、自分の長所をそのまま伝えるのではなく、その長所に肉付けして説明することでより自分の長所を強調することができるのです。

例えば、明るい性格の場合は、私の強みは、落ち込んだ人がいても私と話をすると元気になれるくらいの明るい性格です。

少しオーバーかもしれませんが、明るい性格というのがより一層際立ったと思いませんか。
このように、自分の長所に更に肉付けして伝えることで相手に強く印象付けることができます。
先に自分の長所を印象付けてから、エピソードに入れば面接官も興味を持って話を聞いてくれるようになります。

面接で長所をより前向きに伝えるなら具体的なエピーソドは必須

面接時にするエピソード選びも重要

自分か経験した数多くの経験から最も自分をアピールできる内容のものを選び出さなければなりません。

一番効果的な内容は、自分が壁や問題を乗り越えたエピソードです。

就職活動に入る前に、自己分析を行った方がより自分を知ることができておすすめです。数あるエピソードの中から選ぶのは非常に苦労しますので、目ぼしいエピソードが無い場合は幼少からさかのぼり、選んでみるとよいでしょう。

部活やクラブ活動、習い事など粘り強く頑張ったことなどがきっと見つかるはずです。

そのエピソードのなかから、問題や壁に直面したことがあればその部分をクローズアップして書いてみると相手にも共感してもらえるエピソードになります。

面接で長所を話す時は抑揚をつけると更に効果的

面接時は緊張から上手く話ができない場合もあります。
面接の練習も何度もしていきますが、上手く話ができない場合などは、相手に伝えやすい話し方がありますので参考にしてみてください。

作られた話などでは、ついつい覚えたことをそのまま話すので棒読みになってしまいます。

緊張の為だとは面接官も理解していますが、感情が入った話し方のほうが面接官の印象にも残ります。

やりすぎには注意ですが、悲しい時には悲しそうに話したり、少し話し方に抑揚をつけて話すと感情が伝わりやすくなります。

心を込めて話すように意識して、何度か練習しておくと本番でも棒読みになるよりもずっと効果的に伝わります。