職務経歴書の書き方のポイントと医療事務に求められるスキル

転職を希望する場合には、履歴書の他に職務経歴書の提出が必要になる場合がありますが、職務経歴書の正しい書き方はご存知でしょうか。
職務経歴書は、書き方を少し工夫するだけで自分の魅力を最大限に採用担当者にアピールすることができるので、転職する際の武器として使うことができますよ。

ここでは、医療事務に転職を考えている人のために、魅力的な職務経歴書の書き方のポイントと、医療事務に求められるスキルについてまとめます。

採用担当者の目にとまるような職務経歴書を用意して、自信を持って面接に挑みましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

履歴書でダブルワークを希望する時の書き方について

本業の収入が減ってしまった場合、頭をよぎるのが「ダブルワーク」ではありませんか?ダブルワークを禁...

No Image

ファッション好きでアパレル志望!未経験者の志望動機の書き方

ファッションが好きでアパレル系の職種を志望する方は多いですよね。しかし、アパレル業界に来る人...

履歴書の志望動機はどうする?未経験だけど事務職を目指す

事務職はパートや契約社員として求人する会社も多く、正社員の事務職はとても人気があります。そのため...

面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけま...

No Image

【介護事務の志望動機】未経験の方の志望動機アピールポイント

事務の仕事は経験があるけど介護事務の仕事は未経験。そんな場合志望動機はどのように書くと良いのでし...

履歴書の志望理由の書き方、事務の仕事に適した志望理由について

履歴書を書いていると志望の理由は、どのように書いたら良いのか悩んでしまうことはないでしょうか。...

職務経歴書の書き方、転職が多い場合の書き方のポイントについて

履歴書と一緒に提出をする職務経歴書。今までどのような職についてきたか、自分のスキルをアピールするため...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

自己PRは何を書けばいい?就活の為の履歴書の書き方について

就活の自己PRはどのような書き方をすればいいのでしょうか。自分の良いところを見つける、書き出すのは悪...

No Image

医療事務の志望動機の書き方とは?経験者はココがポイント

医療事務の志望動機はどのような事を書けばいいのでしょうか。ブランクを経て医療事務に復帰するときの...

就活の面接で笑顔を見せるタイミングや成功のポイントを紹介

就活の面接において笑顔を見せることは大切です。しかし、面接で緊張していつもの笑顔になれないという人も...

パート面接の基本のマナーを服装に注目をしてご紹介

就職の面接というと、服装は男性も女性もスーツが定番です。しかしパートの面接の場合だとスーツは硬すぎる...

ホテルのバイトの面接に行くときの服装とポイント・面接対策

今までのバイトを辞めてホテルでバイトをしたいと考えた時、面接にはどのような服装で行けばいいのか・どん...

製造業【未経験】志望動機でアピールして好印象を与えるポイント

製造業へ未経験から応募をする際に志望動機で悩んでいるあなた。まずはこれまでの経験で製造業に活かせ...

スポンサーリンク

医療事務に応募する際の職務経歴書の一般的な構成と書き方

職務経歴書の構成は履歴書と似ている点が多いように思われますが、履歴書が自己紹介する書類であるとすれば、職務経歴書は自分が応募先の病院でどのようなことが出来るのかをアピールする書類となります。

資格やスキルなども盛り込みましょう

職務経歴書には主に日付、連絡先や名前など履歴書と同じ部分の他に、希望の職種、志望動機、そして自己PRなどを書きます。今まで勤めてきた会社や、その会社での職務内容、担当して業務、実績、転職の理由なども書きます。
応募先の病院に自分の経歴を印象づけるためにも、職務経歴書の書き方には注意しましょう。

医療事務の職務経歴書の書き方のポイント

それでは、各項目ごとに応募先の企業に興味を引いてもらえる書き方のポイントを紹介します。

最もアピールできる項目は勤めていた職場の職務内容

医療事務に応募する方は異業種から転職される方も多くいます。
未経験であっても、今までの経験が活かせるような書き方をすることでアピールできることは必ずあります。

職務内容には、職務要約、業務内容、資格やスキル、自己PR、転職理由を書きます。
経験してきた職務を要約して書く際には、どのような会社でどんな職務を担当してきたのかを書きます。
そのように書くことで即戦力になるかどうかを判断してもらえます。

経験業務については、項目ごと見やすく具体的に書きましょう。

受付、会計、電話応対や在庫の管理など、すべて書きます。

簡潔に書くことで医療事務に求められる書類の扱い方が良いかどうかを見てもらえます。

資格やスキルを書く際は、必要とされる資格やスキルだけではなく、自己啓発や意欲があることを印象付けられるように書きます。
自己PRは、アピールする内容ごとに分けて、実績や業務に結びつかせられるようなポイントを経験談を交えて書きます。

接客をしていたので、何事にも臨機応変に対応できるや、パソコンの資格を持っているので事務処理の能力には自身がありますなどです。

転職理由については、正直に書くのがベスト

自分の希望することや医療事務への意欲なども盛り込みましょう。

異業種からの転職で医療事務に繋がる経験としての一例は、一般経理事務であれば、病院での会計など、ホテルのフロント業務であれば、きめ細かい接客が出来るので患者さんへの対応などがあります。

職務経歴書のアピールポイントの書き方は、病院の規模によって異なります

応募先の病院の規模によって求められる人材は変わってきますので、応募する際にはそれぞれの職務経歴書の書き方を変えて書くことが大切です。

例えば、近所にある地元密着型の医院などは、地元の方が通われることが多いため、親しみやすい人材が求められます。
  • 患者さんに親身になれる
  • 子どもにも優しくできるなど
  • 地元に根付いて笑顔で仕事が出来る

このようなアピールが良いでしょう。
また、診療科がいくつもあるような大きな病院であれば、同僚との連携や、色々な診療科にかかっている患者さんとの対応など、医療事務としてあらゆることに携わるため、新しい事にチャレンジできる精神や、経験を活かして仕事ができるという姿勢をアピールしましょう。

医療事務の職務履歴書の書き方の注意点

職務経歴書に資格やスキルを書く時に注意して欲しいのが、応募先の病院がその資格スキルを必要としているかどうかを確認することです。

病院の規模によって求められる人材は変わります

医療系の資格を持っていて、その専門知識が生かせるような病院なのか、もしくは簿記やパソコンなどの事務系の資格を必要としているのか。

また、資格ではなくても、スキルとしてのコミュニケーション能力は求められているのかなど、その応募先の病院に合わせた資格やスキルを書くことが大切です。

医療事務の仕事をする上での全く関係ない資格やスキルを書くと、採用担当者に本当に医療事務がやりたいのだろうかと疑問に思われてしまいます。

例えば、苦労して資格をとったからといって、「不動産鑑定士」と職務経歴書に書いても、医療事務には関連性がありません。
資格、スキルを書く場合には応募先の病院をしっかりと調べる様にしましょう。

職務経歴書の書き方の前に押さえておきたい医療事務に求められる能力

今まで違う職種で働いてきて、初めての医療事務の企業に応募する際に抑えておきたい医療事務に求められている能力とは、まず、患者さんとの接し方、ホスピタリティの高さです。

ホスピタリティとは思いやりやおもてなしなどの意味があります。
そのためにはやはりコミュニケーション能力が必要になります。

今まで接客などを経験してきたのであれば、重要なアピールポイントになります

また、それと同時に医療事務の仕事は書類の整理やパソコンの操作の正確さやスピードも求められます。

医療事務は専門的な医療用語やレセプト作成に必要などの制度に関する知識が必要になります。
全く知識がなくても、それを勉強して身に付けていこうという姿勢を見せることも重要です。