【履歴書の書き方】営業未経験の方の履歴書志望動機の書き方

履歴書の志望動機や自己PRは、一番頭を悩ませるところと言っても過言ではありません。しかし企業も、就職の熱意をその部分で感じ取りたいと思っています。

志望動機で手を抜いてしまうと、企業へ就職したい気持ちも伝わりにくくなってしまうと言うことです。

そこでここでは営業へ転職する方に向けて、志望動機の書き方、ポイントについてご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

明るい性格は長所!履歴書の自己PRへの書き方について

履歴書を書いていると、自己PRで筆が止まってしまう人がいます。そういう人は大抵、自分には何も取り...

職務経歴書の書き方、転職が多い場合の書き方のポイントについて

履歴書と一緒に提出をする職務経歴書。今までどのような職についてきたか、自分のスキルをアピールするため...

No Image

履歴書の志望動機は見られている。配送を希望する場合はコレ

社会に出て働き始めてみると、自分の向き不向きが顕著に見えてきます。憧れを抱いて就いた仕事が実...

履歴書の自己PRの書き方、看護師の考えや姿勢をPRする文章

履歴書の自己prや志望動機は一番記入に悩む場所です。また応募先の職業によってPRには違いが出てき...

履歴書からもやる気と誠意は伝わる!主婦の履歴書の書き方

履歴書を目の前にすると、適度な緊張感を感じます。自分の希望する仕事に就くためのスタート地点なので...

就活で得意科目を上手にアピール!面接での答え方のコツを紹介

就活の面接で得意科目に聞かれることがあります。このとき、ただ得意な科目を答えるだけではなく好印象を与...

職務経歴書の書き方のポイントと医療事務に求められるスキル

転職を希望する場合には、履歴書の他に職務経歴書の提出が必要になる場合がありますが、職務経歴書の正しい...

職務経歴書の自己PRでアピールするべき内容、医療事務について

履歴書と一緒に提出する職務経歴書、内容には自己prも含まれています。自分をアピールすることは普段少な...

No Image

【志望動機の書き方】未経験でも相手にアピールできる志望動機

志望動機や自己PRは履歴書の中でも一番悩んでしまう部分です。また募集側としても働く側の意欲が汲み...

No Image

事務職の志望動機の書き方!転職ならスキルもアピール

給与や休みなどの待遇面を重視して事務職への転職を希望すると、履歴書で困るのが「志望動機」ではあり...

面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけま...

No Image

履歴書の志望動機【派遣の場合】登録時や派遣先で大切なポイント

履歴書には基本的に志望動機を書く必要がありますが、派遣の登録をする際はどうしたらいいのか悩む人も...

履歴書の志望動機【アパレルへ転職】好印象で熱意が伝わるコツ

履歴書の志望動機はアパレルへの転職でも必ず書く必要があります。アパレル未経験で転職を目指すならど...

一般事務の正社員は狭き門!面接の質問傾向を知って対策を立てる

正社員の一般事務職を目指す人は意外と多いもの。他の応募者を退けて自分が受かるためには、自分に事務...

夏のスーツの選び方とは?面接に使えるシャツとインナー

夏の面接にはどのようなスーツを選べばいいのでしょうか?転職の面接をするときに好印象を与えるには、「清...

スポンサーリンク

履歴書に記載する営業の志望動機の構成について

まず、履歴書に志望動機を記載する時に、一番重要になるのが、営業職にになりたいのはなぜなのかをどう伝えるのか考える事から始めましょう。
営業職はどの分野の会社でもほとんどある部署です。
どのような業界の営業職であっても、共通で求められるものはコミュニケーション能力です。
その点を踏まえた上で志望動機を考えましょう。

志望動機は、応募先の会社で営業職として働きたいという結論から書き始めます。

これは、会社で何をしたいかというアピールなので、会社で働きたいだけの結論だと、営業職に就きたいという動機が弱く感じます。

結論を書いたら、なぜ営業職なのかという理由を書いていきます。
この部分は一番自分の希望を書きやすいところなので、エピソードを交えながら書くことも大切です。
これまでの経験やスキルを盛り込みながら考えましょう。
最後に、応募先の会社に自分がどれだけ貢献できるかを書きます。
会社によっても営業の特色が色々ありますので、その特色に合うような内容にします。

営業未経験の方の履歴書の志望動機の書き方について

これまで全く営業をしたことの無い人が、なぜ転職してまで営業職になりたいのかは、採用担当者にとっても知りたい事のひとつです。

どうして営業職になりたいかをしっかりとアピールできれば、採用される可能性が高くなります。

営業はお客さんに接することと、営業成績を上げることが主な仕事です。
未経験だからこそ今とは違うやりがいを求めていることを書くのがコツです。

例えば、現在はパソコンを使った事務作業系の仕事で、営業職への転職をしようとしているなら、相手の見えない事務作業よりも、直接お客様の声を聞きながら、自分の紹介した商品を買ってもらい、会社に数字として貢献する喜びを感じたいから。
もしくは、ずっと、営業をしてみたかったけれど、未経験なので、なかなか応募できなかったが、応募先の企業は未経験でも研修などでしっかりサポートしてくれる環境が整っているので魅力を感じたなど、未経験だからこそこの会社に応募したとアピールするのも良いでしょう。

営業の応募に履歴書の志望動機でアピールしたいポイント

応募先の会社によって、どのような営業をしているのか調べておく事は重要です。
これは業種によっても変わってきますが、採用担当者は志望動機を見て、その人がどのような営業に向いているのか、個人向けの営業、または企業向けのタイプなのかを判断します。

一番は採用担当者に「この人は営業に向いている」と思わせることが出来る志望動機にすることです。

まず、気をつけるのが、志望動機がまとまっていてわかりやすい文章いなっているかです。
沢山アピールしたくなる気持ちはわかりますが、どれもこれも詰め込んで書いても結局どの部分が一番のセールスポイントなのかわからなくなってしまってはダメです。
営業の気分で【自分】という商品説明をするように書いてみましょう。
自分という商品の製造過程、こんな使い方も出来て、こんな性能を持っています。
このような感じで考えていきます。

「私は、以前コールセンターで苦情処理の仕事をしていました。その仕事をしていく中でお客様の声をしっかりと聞き、どう対応したら良いのかを学びました。営業職においてもお客様の要望に応えたり、最善の物を提供できると思います」など、実際に経験してきた事が営業の仕事に役立つということをアピールしましょう。

実際に経験していたことが営業に直接関係無いように思えても一度働いたことがあるならどこかに関連付けられる経験やスキルがあるはずです。

志望動機を考えるより前に確認しておきたい営業職について

一般的な営業職のイメージは、ノルマがある、接待があるなど、仕事の量や内容が厳しいと感じる人が多いでしょう。
ただし、ノルマ達成に対する報酬がでたり、お客様からの喜びの声を一番に感じるのも営業です。
成功するまでに努力を重ねて、結果に対する充実感を一番感じられるのが営業です。

私は、証券会社の投資相談課という部署で営業をやっていた経験があります。
毎月、2~3種類の投資信託商品や、新規公開株、債権など、あらゆる種類の金融商品を売っていました。
月初めや、新しい商品を売り出すときに、ホワイトボートに売り上げのノルマが書かれ、その数字を誰がどれだけ売れたのかを成績を書いて、数字がゼロになるまで営業活動をする毎日でした。
窓口での接客、電話応対の合間に既存の顧客へ商品案内の電話や、新規客の獲得をするために飛び込みで営業をしたこともありました。
新入社員の頃は商品に対する知識を身につけることに精一杯で笑顔でお客様に説明できていたかどうかはわかりません。
実際、飛び込み営業などは、怒鳴られたり、冷たくあしらわれたり、落ち込みました。
しかし、知識が身に付くことによって自信が付き、話し方も上手になっていきました。
その結果、ノルマを毎月こなせるくらいの営業マンになれたと思います。
知識が身に付いた事以上に、沢山のお客様と接することが自分を成長させて営業成績を上げてくれたのかもしれません。

営業は一人では出来ない仕事です。
周りの同僚のサポート、上司からのアドバイス、そしてお客様の声で成り立つ仕事でしょう。

履歴書の志望動機は自分らしさを出すことが大切

履歴書を見る採用担当者に少しでも心に残る志望動機にするために、みんなと同じような事柄を書くことはできるだけ避けましょう。

同じような志望動機を採用担当者今まで何回も見てきています。
「営業を通して社会貢献をしたい」「新しい事にチャレンジして自分を試したい」
など、採用担当者は飽きるほど見ています。
そのような事を伝えるにしても、具体的にこういう営業をして、こうなりたいと掘り下げて書いていきましょう。

大きく想像できるような志望動機ではなく、実際に形や色が見えるような志望動機で自分らしさを出していきましょう。