申し込み封筒の書き方のマナー!書類の郵送や持参の際のポイント

求人などの申し込みをする際に応募書類や履歴書は封筒に入れるのがマナーです。
その際、封筒の書き方にも気をつけなければなりません。

そこで、申し込み書類を入れた封筒の書き方のマナーについて、書類の郵送や持参の際のポイントなどお伝えしていきましょう。

また、企業によっては返信用の封筒が必要な場合もありますので気をつけましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

事務に未経験から挑戦するなら志望動機を明確にして転職しよう

休日や勤務時間が比較的安定している事務は、結婚や出産などを経験した女性にとっても働きやすいという...

パート面接の基本のマナーを服装に注目をしてご紹介

就職の面接というと、服装は男性も女性もスーツが定番です。しかしパートの面接の場合だとスーツは硬すぎる...

職務経歴書は見本を参考に。アルバイトでもしっかり完成させよう

アルバイトを始めるためには、まず採用されなければ始まりません。面接でやる気や経歴を伝えること...

自己PRで強みと弱みを答える時のポイントと注意点

自己PRの際に「あなたの強み、弱みは?」と質問されることがあります。長所と短所について訪ねている...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

事務職未経験の志望動機の書き方、アピールポイントについて

事務職の経験がない方でも生活スタイルが変化し、働く時間が決まっている事務職に魅力を感じ、就職した...

専門学校を退学した理由を面接時に伝える方法と就活ポイント

経済的な事情や人間関係など、専門学校を退学する理由はそれぞれあると思いますが、就職面接では退学した理...

職務経歴書の書き方、転職が多い場合の書き方のポイントについて

履歴書と一緒に提出をする職務経歴書。今までどのような職についてきたか、自分のスキルをアピールするため...

転職の面接で強みを上手にアピール!好印象を与えるポイント

転職に向けた面接では自分の強みについて聞かれることがあります。採用を勝ち取るためにも自分の経験か...

面接で長所を話す時は前向きに具体的なエピソードを交えて話そう

面接の自己PRで長所について話す時は、前向きなことをアピールすることが大切です。とはいっても、た...

派遣社員として働いていた場合の履歴書の書き方ついてご紹介

派遣社員としての職歴は履歴書にどのように書いて良いのか?書き方に少し戸惑ってしまうことがあります。...

履歴書の志望動機【アパレルへ転職】好印象で熱意が伝わるコツ

履歴書の志望動機はアパレルへの転職でも必ず書く必要があります。アパレル未経験で転職を目指すならど...

No Image

履歴書の志望動機は見られている。配送を希望する場合はコレ

社会に出て働き始めてみると、自分の向き不向きが顕著に見えてきます。憧れを抱いて就いた仕事が実...

履歴書の志望動機はどうする?未経験だけど事務職を目指す

事務職はパートや契約社員として求人する会社も多く、正社員の事務職はとても人気があります。そのため...

履歴書に記載する短所の書き方、コツや注意点をご紹介

履歴書に長所短所の記載欄があると、自分の短所や長所をどのように書いて良いのか書き方に躊躇してしまいま...

スポンサーリンク

求人への申し込みに応募書類を入れる封筒の書き方のマナー

求人の申し込みをする際には、履歴書などの応募書類を封筒に入れます。

その封筒はただ入れるだけのものではないので、書き方のマナーをしっかりとおさえましょう。

  • 封筒の大きさと色
    適した封筒の大きさとして、履歴書をおらずに入れることができるサイズとなります。
    よく、履歴書にセットになっている封筒は三つ折りにしないと入らない小さいサイズのものが多いです。
    ですので、履歴書とは別に封筒を用意しましょう。
    また、封筒の色として白無地がおすすめです。
    白無地の封筒が見つからない場合は、薄茶の封筒でもOKです。
  • 住所や宛名は正式名称で書く
    住所の「丁目」や「番地」を略してハイフンで書くこともありますが、求人の申し込み封筒に書く場合には略さずにきちんと書きましょう。
    (株)や(有)といった書き方もNGです。
    株式会社、有限会社といったように書きましょう。
  • 御中と様を間違えない
    どちらも、宛名を書くときに使いますが、担当者が決まっている時には個人宛になるので様を使います。
    反対に担当者が決まっていない場合には、会社宛てになるので御中を使いましょう。
  • 封筒の裏面に自分の住所と氏名
    自分の名前と住所を書く時の基本は左側です。
    表面と同じように書きましょう。
    より丁寧に書きたいのであれば、封筒の裏面左上に提出日を書くこともできます。
  • 履歴書在中と書く
    封筒の表面左下に赤いペン(油性)で書きます。
    書いたら定規を使って線で囲みましょう。

申し込みの履歴書を郵送する際の封筒の書き方のポイント

応募書類を入れた封筒は郵送するか、持参するかによって封筒の書き方も変わります。

そのポイントをご紹介します。

  • 住所・宛名はきちんと書く
    郵送の場合これは基本です。
    先程も書きましたが、正式名称できちんと書くようにしましょう。
  • 封筒の口にマーク
    郵送の場合、封筒の口をのりで封をしますがそのまま出すのはよくありません。
    のりがよく乾いたのを確認してから〆を口の中心に書きます。
    きちんと閉じましたという意味にもなるので忘れないようにしましょう。
  • 切手
    切手が必要なことは分かると思いますが、重さや大きさによって切手の料金も変わるので注意が必要です。
    封筒に入れた書類が多いと重さも増えるので、窓口で図ってもらったり自分で測るなどして足りないことがないようにしましょう。

申し込み書類を持参するときの正しい封筒の書き方を紹介

では次に、申し込み書類入れた封筒を持参する時の書き方についてのご紹介です。

持参する時には、郵送のときほど記載することはなくシンプルです。

まず、封筒の表面ですが住所や宛名は必要ありません。
ですが、履歴書在中という記載は忘れずにしましょう。
表面はこれだけで完了です。

裏面には提出日と自分の住所と氏名を書きます。

郵送よりもやることは少なく封筒の見た目もシンプルです。
だからこそ、文字のバランスなどもはっきりとわかりやすいですのでより丁寧に書きたいですね。

また、封筒の封はせずに持参しましょう。
渡すときに邪魔になります。

申し込みの応募書類を手渡しする際に気をつけたいこと

申し込み書類を入れた封筒を手渡しする時には状況によって気をつける点もあります。

  • 両手で差し出す
    応募書類を手渡しする時には必ず両手で行います。
    間違っても片手で渡さないようにしましょう。
  • 書類の向きを考える
    手渡しする時には、ただ両手で渡すだけではなく、相手が見やすいように相手から見て正面になるように気をつけましょう。
  • 封筒から書類を出す
    封筒にいれて持って行った書類ですが、面接官など担当者にわたすときには封筒から出しましょう。
    封筒のまま出すのが悪いことではないですが、自分で取り出して渡した方が相手もすぐに目を通すことができるのでこのようにしましょう。
    しかし、例外もあります。
    書類を出す相手が、担当者ではない場合です。
    企業の窓口の人に出す時には、面接とは違いすぐに目を通すわけではないので封筒のまま渡しましょう。
  • ファイルと一緒に渡す
    封筒から出して渡す時には、書類の下にファイルをしきそのまま渡します。
    封筒から出したけれど、ファイルに挟んだままといったことのないように気をつけましょう。

企業に送る返信用封筒を準備する際の書き方の注意点

応募書類と一緒に返信用封筒を入れることもあると思います。

返信用封筒にも書き方や注意する点もあるので、一緒に覚えておきましょう。

返信用封筒には、自分の住所や氏名を書きますがただ書くのではありません。

  • 自分の氏名の下には「行」と書く
    通常宛名の下には「様」と書きますが、自分で用意する返信用封筒の場合には書きません。
    「行」と書くようにしましょう。
  • 「行」の大きさに注意
    自分の氏名の下に書く「行」の大きさに注意しましょう。
    氏名や住所と同じくらいの大きさで書くのがいいとは思ってはいませんか?
    実際は、氏名よりも小さめに書くのがマナーとされています。
    これは相手が使用するときに「行」を書き直すときに、やりやすいといった利点もあります。
    氏名と大きさで区別されていると、わかりやすくもなるので小さめに書くということを頭に入れておきましょう。
相手に書き直す手間を与えないように、最初から「殿」「様」と書いておくのは良くないのできちんとマナーを守った書き方にしましょう。