一般事務の志望動機【新卒編】好印象に自分をアピールするコツ

一般事務を目指すなら志望動機は重要です。新卒で事務の経験がない場合はどんな志望動機にすれば良いのか悩む人も多いでしょう。

そこで、新卒から一般事務を目指すときの好印象を与える志望動機のポイントについてお伝えしていきましょう。

新卒でも一般事務に向いていることを上手に伝えることが大切です。
ぜひ参考に考えてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

事務職の志望動機の書き方!転職ならスキルもアピール

給与や休みなどの待遇面を重視して事務職への転職を希望すると、履歴書で困るのが「志望動機」ではあり...

専門学校を退学した理由を面接時に伝える方法と就活ポイント

経済的な事情や人間関係など、専門学校を退学する理由はそれぞれあると思いますが、就職面接では退学した理...

申し込み封筒の書き方のマナー!書類の郵送や持参の際のポイント

求人などの申し込みをする際に応募書類や履歴書は封筒に入れるのがマナーです。その際、封筒の書き方に...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

No Image

履歴書の志望動機【派遣の場合】登録時や派遣先で大切なポイント

履歴書には基本的に志望動機を書く必要がありますが、派遣の登録をする際はどうしたらいいのか悩む人も...

就活の面接で笑顔を見せるタイミングや成功のポイントを紹介

就活の面接において笑顔を見せることは大切です。しかし、面接で緊張していつもの笑顔になれないという人も...

面接で長所を話す時は前向きに具体的なエピソードを交えて話そう

面接の自己PRで長所について話す時は、前向きなことをアピールすることが大切です。とはいっても、た...

職務経歴書の在職中の書き方や注意点、面接についてもご紹介

在職中に転職活動をする際、職務経歴書にはどの様に書いたら良いのか、在職中の書き方について疑問があ...

就活で得意科目を上手にアピール!面接での答え方のコツを紹介

就活の面接で得意科目に聞かれることがあります。このとき、ただ得意な科目を答えるだけではなく好印象を与...

履歴書でダブルワークを希望する時の書き方について

本業の収入が減ってしまった場合、頭をよぎるのが「ダブルワーク」ではありませんか?ダブルワークを禁...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

一般事務の正社員は狭き門!面接の質問傾向を知って対策を立てる

正社員の一般事務職を目指す人は意外と多いもの。他の応募者を退けて自分が受かるためには、自分に事務...

自己PRは何を書けばいい?就活の為の履歴書の書き方について

就活の自己PRはどのような書き方をすればいいのでしょうか。自分の良いところを見つける、書き出すのは悪...

履歴書の志望動機はどうする?未経験だけど事務職を目指す

事務職はパートや契約社員として求人する会社も多く、正社員の事務職はとても人気があります。そのため...

No Image

履歴書の志望動機は見られている。配送を希望する場合はコレ

社会に出て働き始めてみると、自分の向き不向きが顕著に見えてきます。憧れを抱いて就いた仕事が実...

スポンサーリンク

新卒から一般事務を目指すなら好印象を与える志望動機にするべき

一般事務にも企業の職種によって仕事内容が変わってくる場合があります。一般事務でもどの職種のを目指しますか。

事務の仕事には、電話の受付や、注文の受注、社員との取次、請求書の発行など様々です。更に、企業の職種によっては専門用語や専門の道具なども知識も必要になるために、想像力や応用力なども必要になってくるでしょう。

企業は数ある中からなぜ自社を選んだのかが知りたい

詳しく業務内容などをリサーチして、自分がどのくらい企業に合っているか、貢献することができるかなどを希望動機に書いていきましょう。
事務職ならどこの企業でもよい訳ではなく、貴社の事務職がどうしてよかったのかを記載しなければよいアピールにはなりません。

どうしても貴社でなければならないと書くことで、相手にも必死さが伝わります。

しかし、貴社にこだわる理由をしっかりと説明できなければ口だけだと思われ信頼を失ってしまいます。
そうならないように、しっかりと企業の仕事ないようや、特殊な作業なのでしたらその専門知識なども身に着けておく必要があるのです。

一般事務に必要な能力を志望動機で伝えられるかが新卒には大事

一般事務の仕事には意外に人と接することが多いのも特徴です。

例えば、電話の受付も事務職の仕事であるなら、自分が受けた電話を相手に取り次ぐ必要がありますし、注文や受付の電話でしたらその内容を作業員などに伝えることも仕事になってきます。

自分がパイプ役になるので自分のコミュニケーション能力が必要になる

明るく社内の人に取り次ぐことや、会話することは相手にとっても気持ちよく仕事を行える手助けになります。
また、頼まれると面倒な仕事なども社内の人にお願いしなければならいない場合や、お客様との間に入って話を聞いたりする場合もあります。

このように、パソコンに向き合っているだけを一般事務の仕事として理解するのではなく、自分がお客さまと会社の社員のパイプ役になること、社内の人からも愛される人間になることが求められる仕事だと考えることも大事です。

一般事務だからパソコンの能力をアピールすると単純に考えずに、コミュニケーション能力や、周りを元気にできるポジティブさなどもアピールしていくと面接官も深く考えられた志望動機に心を掴まれるでしょう。

新卒でも一般事務に向いているエピソードを志望動機で伝えましょう

一般事務の志望動機でアピールすべき能力はコミュニケーション能力

周りと円滑に作業を進めるうえでコミュニケーション能力が最も必要なのです。

また、正確に作業を進める能力や、確認をきちんと行えることも大事です。事務職は表に出て仕事をする職種とは違い、サポートする側です。
ですから、相手に気を配ることができたり、状況を把握する能力なども必要です。

必要な能力のなかで、自分がアピールできるものがあるのなら、今度はそのエピソードを盛り込んで自分がどれくらい会社に貢献できるかを書きましょう。
必要とされている能力や、要素が載っている求人情報は何度も読み込むとアピールすべき点がハッキリしてくるはずです。

志望動機では今後目指す自分についても述べると高評価

ただ言われた仕事をこなしていくだけでは仕事に対する熱意がないと思われてしまいますから、入社するのが目的なのではなく、入社後どうしていきたいか相手に伝えると面接官にも好印象を与えられます。

具体的にどのようにしてけばよいか目処を付けにくい場合は、他の仕事も上げて、その職種についても興味があるので知識を広げるために「〇〇の資格の取得も目指したい。」と伝えるとよいでしょう。

  • 自分の強みを書き、その強みを活かして働いていきたいと伝えると仕事をしている姿も想像できるので将来性を感じさせることができます。
  • また、事務職を目指すために取得した資格があるのなら、「事務職に就きたいのでこの資格を取得しました。」と伝えることで、目標に向かって計画的に進める能力があることもアピールできます。
こうしてみたい、という挑戦を伝えるのもよいですが、このためにこんなことをした。と伝える方が実行力と説得力があると思いませんか。
意欲がある人の方が魅力的に見えますので、アピールできることがあるのなら積極的に志望動機に盛り込みましょう。

一般事務を目指すなら資格を取得することもおすすめ

一般事務の就職でアピールできる資格は、パソコンの操作の能力を証明するMOS資格や、ビジネスマナーを身に着けることがきる秘書検定、経理などで使用する能力の簿記検定などがあります。

MOS資格は、パソコンのワードやエクセルを使用する能力を示すもので、一般事務を行う上ではほぼ必須の資格になります。

一般事務を目指すなら、取得できる資格は事前に取得しておき、本番でも資格の能力が使えるように復習しておくことも大事です。
折角取得したのに時間が経ちすぎていてほとんど忘れていたり、能力があると思ってお願いした仕事も忘れていてもう一度学び直しになってしまっては意味がありません。

自信を持って履歴書に書けるように、取得した後も知識を維持していくようにしましょう。