夏のスーツの選び方とは?面接に使えるシャツとインナー

夏の面接にはどのようなスーツを選べばいいのでしょうか?転職の面接をするときに好印象を与えるには、「清潔感」が一番です。しかし、暑い季節の夏はスーツがシワになりやすく清潔感を出すことが難しい季節となります。

きちんと見えるように、できるだけ軽い素材を選んだりシワのつきにくいものを選ぶといいでしょう。

夏の面接に適している服装について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけま...

一般事務の正社員は狭き門!面接の質問傾向を知って対策を立てる

正社員の一般事務職を目指す人は意外と多いもの。他の応募者を退けて自分が受かるためには、自分に事務...

時間確認の電話【面接編】好印象につながるポイントやマナー

面接時間を確認するために企業へ電話をかけることは採用の合否につながるのではと気になっていませんか?で...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

職務経歴書は見本を参考に。アルバイトでもしっかり完成させよう

アルバイトを始めるためには、まず採用されなければ始まりません。面接でやる気や経歴を伝えること...

履歴書の志望理由の書き方、事務の仕事に適した志望理由について

履歴書を書いていると志望の理由は、どのように書いたら良いのか悩んでしまうことはないでしょうか。...

医療事務へ転職できる志望動機!好印象を与えるポイントを紹介

医療事務に転職したいなら志望動機は重要になります。未経験から医療事務へ転職を成功させるために...

パート面接の基本のマナーを服装に注目をしてご紹介

就職の面接というと、服装は男性も女性もスーツが定番です。しかしパートの面接の場合だとスーツは硬すぎる...

No Image

事務に未経験から挑戦するなら志望動機を明確にして転職しよう

休日や勤務時間が比較的安定している事務は、結婚や出産などを経験した女性にとっても働きやすいという...

履歴書に記載する短所の書き方、コツや注意点をご紹介

履歴書に長所短所の記載欄があると、自分の短所や長所をどのように書いて良いのか書き方に躊躇してしまいま...

就活で得意科目を上手にアピール!面接での答え方のコツを紹介

就活の面接で得意科目に聞かれることがあります。このとき、ただ得意な科目を答えるだけではなく好印象を与...

志望動機が難しい事務職、市新卒者の志望動機の書き方とポイント

履歴書に志望動機について書きますが、新卒で事務職希望の場合、どのような志望動機にするべきか悩みま...

履歴書でダブルワークを希望する時の書き方について

本業の収入が減ってしまった場合、頭をよぎるのが「ダブルワーク」ではありませんか?ダブルワークを禁...

履歴書からもやる気と誠意は伝わる!主婦の履歴書の書き方

履歴書を目の前にすると、適度な緊張感を感じます。自分の希望する仕事に就くためのスタート地点なので...

履歴書の志望動機【アパレルへ転職】好印象で熱意が伝わるコツ

履歴書の志望動機はアパレルへの転職でも必ず書く必要があります。アパレル未経験で転職を目指すならど...

スポンサーリンク

夏に受ける面接でジャケットは必要?スーツを着用するときのポイント

仕事の面接を受けるときは、夏の暑さが厳しい日でもジャケットが必要です。

面接にはきちんとした印象のある服装が必要のため、気温や季節に関係なくスーツを選んでジャケットを着てください。
スーツを着て仕事をしている人なら、クールビズの期間であっても重要な場面ではジャケットを着てネクタイもしめています。面接では会社の担当者もスーツの上着を着て対応することが考えられます。面接を受ける側がジャケットを着ないのでは印象はよくありませんよね。

ジャケットの代わりに夏向けのカーディガンならと思われるかもしれませんが、カーディガンではカジュアルな服装になります。無地でシンプルなデザインであってもジャケットとは違います。

堅苦しくない会社であっても、面接のときぐらいはジャケットを着用してください。

スーツにはマナーがありますので、正しく着るようにしてください。夏であってもジャケットのボタンは全てとめ、スーツの中には襟のあるシャツを着ます。

スーツを着崩してしまうとだらしない印象になりますので、スーツは季節に関係なくきちんと着ることが大切です。

面接ではココを見られています 夏のスーツの選び方

女性用のスーツは男性に比べるとデザインも素材も豊富です。

面接を受けるときのスーツはきちんと見える堅い印象のスーツを選んでください。

夏であっても半袖のジャケットやミニスカートはよくありません。

夏のスーツは涼しさを考慮して麻素材のスーツも多くなります。麻は夏らしい軽やかさがあり通気性も抜群ですが、シワになりやすいという欠点があります。面接ではシワのあるスーツだとだらしない印象になっていまいます。また、麻はカジュアルな感じを与える素材でもあります。

スーツの中にはカジュアル感のあるデザインも多くあります。新卒のようなリクルートスーツを着る必要はありませんが、ビジネスで使えるかどうかを意識して選んでください。また、清潔感も大切です。スーツに汚れやしみがついていないように気をつけ、汗や飲食店のニオイ、きつすぎる香水の香りにも気をつけてください。

状態の良いスーツを正しく着ることで、清潔感のある爽やかさが感じられ誠実な印象になります。

夏の面接時のシャツやインナーで迷うときには襟付きの白シャツ

ジャケットの中に着るシャツやインナーにもいろいろなものがあります。迷ったときは襟のあるオーソドックスな白シャツにしてください。金融業のような堅い職種なら、服装にも注意が必要です。スーツの中には襟付きのシャツが基本になりますので、どのようなスタイルが良いのか迷ったときはレギュラーカラーまたは開襟タイプのシャツを選んでおくと間違いありません。

女性の場合、スーツの中に襟のないカットソーを合わせることもあります。堅苦しさがなく、こなれた感じの着こなしになりますが、面接においては襟のあるシャツを選んでください。面接では誠実で真面目な印象を与えることが大切です。襟のないインナーはカジュアルにとられる場合もあります。

スーツの中のシャツは白が無難ですが、淡いパステルカラーを選んでも良いでしょう。

薄めの水色のシャツなら涼しいイメージにすることができます。また、細いストライプのシャツはシャープな印象にすることもできます。色や柄のあるシャツを選ぶときは目立ちすぎないように、おとなしめのデザインを選んでください。

スーツに合わせるシャツは夏であっても長袖が基本です。

ジャケットを着ているとシャツの袖まではわかりにくいですが、面接会場でジャケットを脱いでも良いと言われることがあります。また、素肌にジャケットを着てしまうと、汗をかいたときに生地がはりついて動きにくくなってしまいます。

夏の面接でクールビズと言われた場合は?女性のスーツ

会社によっては夏の面接はクールビズでと案内されることもあります。このような指示があった場合はクールビズの服装をしても問題はありません。面接の担当者も同じくクールビズの服装をしているはずです。心配なときはクールビズと案内があってもジャケットを着用しておくと安心です。

女性はネクタイをつけないため、クールビズの服装もわかりにくく感じることでしょう。女性のクールビズなら、ジャケットを七分袖にしたり、裾が短めのデザインを選ぶことができます。麻のような夏向けの素材を選んでも問題ありません。

面接のスーツなら黒や紺といったダークカラーが中心になりますが、夏なのでベージュや薄いグレーといった明るめの色も涼しく見せることができます。

パンツスーツなら、フルレングスのパンツではなくて足首までや七分丈のパンツを履いても良いでしょう。クールビズの時期なら涼しげに見えて問題ありません。ただしスカートの場合は膝丈にしてください。クーズビズであっても短い丈や深いスリットが入ったものはふさわしくありません。

ジャケットを着用しないで、シャツとスカートまたはパンツといったスタイルも可能です。この場合、シャツは肌の露出が多くなりすぎないように気をつけてください。ノースリーブやラフなカットソー、胸元が広めに開いたシャツは選ばず、半袖または七分袖にしてください。白いシャツの場合は下着が透けて見えないことにも注意しましょう。

夏にスーツで面接を受けるときの暑さ対策について

クールビズの指定がない場合は、面接を受けるときのジャケットと中に着るシャツは長袖が基本です。

夏の暑い時期なら面接会場に向かうまでの間に汗だくになってしまいますよね。シャツが汗で濡れたり、暑さで面接に集中できかったり、また、熱中症の心配もあります。夏の面接は暑さ対策もしっかりと行いましょう。

夏であっても面接の服装を変えることはできないため、下着で工夫してみてください。夏の下着には薄地で通気性の良いものを選びます。着た方が涼しく感じられる涼感タイプの下着も販売されています。下着を着ることでシャツが汗で濡れることを防ぐこともできます。

冷却スプレーもおすすめです。吹きかけるだけで体温を下げることができますので、面接先の会社に着く前にサッとスプレーするだけで涼しくすることができます。
冷却スプレーには香りつきのものも多いので、購入するときは気をつけてください。香りがきついものは避けるようにしましょう。

面接先に着くまではジャケットは着ないで持って歩き、面接先に着いたらきちんと着てから中に入るようにします。汗拭きシートやミニタオルも持ち、ジャケットを着る前に首元にかいた汗を拭うようにしましょう。
夏の暑さにも上手に対処して、良いコンディションで面接にのぞんでくださいね。