就活の面接で笑顔を見せるタイミングや成功のポイントを紹介

就活の面接において笑顔を見せることは大切です。しかし、面接で緊張していつもの笑顔になれないという人もいるでしょう。

そこで、就活の面接を成功に導く笑顔のタイミングや成功のコツについてお伝えしていきましょう。

自然な笑顔ができるように日頃から練習することも大切です。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

履歴書の自己PRの書き方、看護師の考えや姿勢をPRする文章

履歴書の自己prや志望動機は一番記入に悩む場所です。また応募先の職業によってPRには違いが出てき...

専門学校を退学した理由を面接時に伝える方法と就活ポイント

経済的な事情や人間関係など、専門学校を退学する理由はそれぞれあると思いますが、就職面接では退学した理...

No Image

履歴書の志望動機【派遣の場合】登録時や派遣先で大切なポイント

履歴書には基本的に志望動機を書く必要がありますが、派遣の登録をする際はどうしたらいいのか悩む人も...

製造業【未経験】志望動機でアピールして好印象を与えるポイント

製造業へ未経験から応募をする際に志望動機で悩んでいるあなた。まずはこれまでの経験で製造業に活かせ...

履歴書からもやる気と誠意は伝わる!主婦の履歴書の書き方

履歴書を目の前にすると、適度な緊張感を感じます。自分の希望する仕事に就くためのスタート地点なので...

No Image

ファッション好きでアパレル志望!未経験者の志望動機の書き方

ファッションが好きでアパレル系の職種を志望する方は多いですよね。しかし、アパレル業界に来る人...

No Image

医療事務の志望動機の書き方とは?経験者はココがポイント

医療事務の志望動機はどのような事を書けばいいのでしょうか。ブランクを経て医療事務に復帰するときの...

No Image

事務職の志望動機の書き方!転職ならスキルもアピール

給与や休みなどの待遇面を重視して事務職への転職を希望すると、履歴書で困るのが「志望動機」ではあり...

派遣社員として働いていた場合の履歴書の書き方ついてご紹介

派遣社員としての職歴は履歴書にどのように書いて良いのか?書き方に少し戸惑ってしまうことがあります。...

一般事務の正社員は狭き門!面接の質問傾向を知って対策を立てる

正社員の一般事務職を目指す人は意外と多いもの。他の応募者を退けて自分が受かるためには、自分に事務...

No Image

事務に未経験から挑戦するなら志望動機を明確にして転職しよう

休日や勤務時間が比較的安定している事務は、結婚や出産などを経験した女性にとっても働きやすいという...

履歴書に強みと弱みを上手に伝える!好印象を与えるアピール

履歴書に自分の強みや弱みを書くときに悩んでしまう人は必見です。ただ、単に自分の長所や短所を述べるので...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

医療事務へ転職できる志望動機!好印象を与えるポイントを紹介

医療事務に転職したいなら志望動機は重要になります。未経験から医療事務へ転職を成功させるために...

スポンサーリンク

就活の面接では笑顔ができることがポイント

就活中に笑顔なんてと思うかも知れませんが、面接時の笑顔は採用の影響に大きく関係します。

実際に私も面接で「その笑顔なら大丈夫かな」と言われたことがあり、後々上司から笑顔の重大さを聞く機会があったので詳しく説明します。

笑顔から素顔が見えるため

面接は緊張するので無表情になりがちなのですが、笑顔にこそその人の本質が表れます。

控えめに笑う人なら消極的な人なのかな、豪快に笑う人だと肝が座っているのかな、など、面接官は面接中の笑顔でもその人の人間性を知りたくて様々な表情を見ているものです。

堂々とした笑顔を見せてくれるひとであれば、仕事に対しても前向きな姿勢で積極性もあると判断されやすいため面接では有利になる傾向があります。

私は接客業の面接を受けたときに「その笑顔だよ!」と面接官に言われました。
サービス業は人と接することが主なので、特に笑顔は大事と言っていいでしょう。

コミュニケーション能力を知りたい

笑顔の程度によってその人がどのくらいのコミュニケーション能力を持つかも判断されます。

愛想笑いでも豪快に笑う人はムードメーカーで協調性のある人と思われますし、口先だけでなんとなく笑う人はどちらかというと一人で黙々と作業してるほうが好きかなと判断されます。

職場の雰囲気もあるので、環境に馴染める人がほしいと思うのも当然のことです。

面接中に常に笑顔ばかりでは就活に影響することもある

笑顔は大事なのですが、終始笑顔も良くありません。なぜずっと笑顔がだめなのかも説明しましょう。

真面目に答えてないと思われる

ずっと笑っている顔だと、真面目な質問のときは「ヘラヘラしている」と思われてしまいます。

ヘラヘラは印象としてはあまりいいものではなく、真面目に回答していないと判断されるため逆に不利になってしまうのです。

メリハリが大事

最初は笑顔で入室して挨拶するのが好印象ですが、あとは質問に応じて表情を変化させましょう。

例えば勤務内容の話を聞いているときに笑っていると、面接官は不快な気持ちになります。

真面目に聞く話は真面目に聞き、明るいところをアピールするシーンになったら笑顔を作るというメリハリが大事です。

就活の面接を成功に導く笑顔のタイミングを心得ましょう

ではどのよなときに笑顔を作るのがいいのか、笑顔のタイミングをご紹介します。

必ずどの面接のときもチャンスはあるので、試してみてください。

雑談のときは絶好の笑顔チャンス

面接に来る人は緊張している人ばかりなので面接官はほぼ必ず雑談の時間を作ります。その時が笑顔のチャンスです。

大げさに笑うまでしなくてもいいので、笑いながら声のトーンも高くして楽しく話しましょう。

笑顔で始めて笑顔で終わる

最初の入室と挨拶のときは笑顔で入りましょう。

志望動機や自己PRのときは真顔ですが、最後の退室の際も、笑顔で「ありがとうございました」と言って退室します。

最初と最後は笑顔で面接に挑んだ方が好印象です。

自然な笑顔ができるように日頃から練習するべき

笑顔は大事なのですが、不自然な笑顔は嫌われます。面接中の笑顔は本当に楽しいときの笑顔で挑みましょう。

緊張するかも知れませんが普段通りにしゃべると思えば大丈夫です。

特にアイスブレイクのときは、愛想笑いや無理して笑っているのが伝わるとあまり印象が良くありません。

友達と話ししていると思うと少々砕け過ぎなので、親戚の叔父さんや叔母さんと話していすろ思うとちょうど良い距離感になります。

自分の笑顔に自信のない人は鏡で自然な笑顔の練習をすると良いでしょう

声のトーンなどでもどれだけ楽しんでいるかバレてしまうので、低くなりすぎたり不自然に高くなりすぎないように注意が必要です。

何よりも、まずはリラックスできるように、緊張に慣れるイメージトレーニングをしておくことが大丈夫です。

面接は初対面の相手とのコミュニケーション力を試されている

笑顔だけでなく、面接中にずっと目が泳いでいたりソワソワしているのも印象が良くありません。

緊張に慣れるトレーニングが必要ですが、どうしても慣れない場合は面接中に「緊張している」と正直にカミングアウトするのもおすすめです。

言葉にすることで少し楽になり肩の力が抜けてリラックスできます

面接官と目線を合わせるのが緊張するなら、鼻の付け根当たりを見ると目線は目の方を向いていますが目は合わないので多少は面接の緊張感も和らいで楽になります。

面接中は面接官の話をしっかり聞いて受け答えをするので、しっかり聞いていればどこで笑顔を見せるべきかは分かりやすいものなので、「普段どおり」を意識して忘れないようにしましょう。