専門学校を退学した理由を面接時に伝える方法と就活ポイント

経済的な事情や人間関係など、専門学校を退学する理由はそれぞれあると思いますが、就職面接では退学した理由について聞かれることがあります。
退学した理由を話したくないという方も多いと思いますが、履歴書や面接時に専門学校を退学した理由を伝える場合はどうすればいいのでしょうか。
専門学校退学者が効率的に就職活動を行う方法もご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

事務職未経験の志望動機の書き方、アピールポイントについて

事務職の経験がない方でも生活スタイルが変化し、働く時間が決まっている事務職に魅力を感じ、就職した...

No Image

履歴書の志望動機は見られている。配送を希望する場合はコレ

社会に出て働き始めてみると、自分の向き不向きが顕著に見えてきます。憧れを抱いて就いた仕事が実...

面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけま...

明るい性格は長所!履歴書の自己PRへの書き方について

履歴書を書いていると、自己PRで筆が止まってしまう人がいます。そういう人は大抵、自分には何も取り...

No Image

【介護事務の志望動機】未経験の方の志望動機アピールポイント

事務の仕事は経験があるけど介護事務の仕事は未経験。そんな場合志望動機はどのように書くと良いのでし...

時間確認の電話【面接編】好印象につながるポイントやマナー

面接時間を確認するために企業へ電話をかけることは採用の合否につながるのではと気になっていませんか?で...

No Image

【志望動機の書き方】未経験でも相手にアピールできる志望動機

志望動機や自己PRは履歴書の中でも一番悩んでしまう部分です。また募集側としても働く側の意欲が汲み...

履歴書の自己PRの書き方、看護師の考えや姿勢をPRする文章

履歴書の自己prや志望動機は一番記入に悩む場所です。また応募先の職業によってPRには違いが出てき...

履歴書に強みと弱みを上手に伝える!好印象を与えるアピール

履歴書に自分の強みや弱みを書くときに悩んでしまう人は必見です。ただ、単に自分の長所や短所を述べるので...

志望動機が難しい事務職、市新卒者の志望動機の書き方とポイント

履歴書に志望動機について書きますが、新卒で事務職希望の場合、どのような志望動機にするべきか悩みま...

ホテルのバイトの面接に行くときの服装とポイント・面接対策

今までのバイトを辞めてホテルでバイトをしたいと考えた時、面接にはどのような服装で行けばいいのか・どん...

【志望動機の書き方】栄養士の志望動機のポイントについて

履歴書や面接時の志望動機は面接官が重視する場所だと言われています。それだけにどれだけ自分をアピー...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

職務経歴書の自己PRでアピールするべき内容、医療事務について

履歴書と一緒に提出する職務経歴書、内容には自己prも含まれています。自分をアピールすることは普段少な...

転職の面接で強みを上手にアピール!好印象を与えるポイント

転職に向けた面接では自分の強みについて聞かれることがあります。採用を勝ち取るためにも自分の経験か...

スポンサーリンク

就職面接で専門学校を退学した理由を聞かれる可能性はある

就職活動をしている皆さん。いくつか面接を受ける予定ですか?この部分で私は不採用になるかもしれない。思い当たる理由も周りからの意見を聞いて、そろそろわかり始めた時期でしょうか。面接で、学校を退学した理由を聞かれるのではないか、面接でその質問を聞かれた時、上手に答えることができるのか、悩んでいませんか?面接で率直に学校を退学した理由を聞かれると、あなたも内心、「ドキ」っとしていますよね。

面接で、退学した理由は聞かれる傾向は、強い

あなたは聞かれたくないと思っていると思いますが、面接官は恐らくあなたに学校を退学した理由を聞くと思います。というのも、学校を途中で退学したということは、内定を出したとしても、会社も途中で辞めるのではないかと企業は考えるからです。

素直な理由は答えない方が良い

退学の一番良い理由は、経済的な理由です。経済的な理由で退学せざるを得なかったと答えるのが、一番面接官が納得する理由になります。書類審査も通り、これから面接の方は、そう答えて、退学に関する質問をうまく切り抜けて下さい。

履歴書や面接時に専門学校を退学した理由を伝える際のポイント

履歴書には、あなたの学歴をきちんと書かなくてはいけません。学校を退学したのなら、それもきちんと履歴書に書きます。その時、退学した理由も履歴書に忠実に書くべきなのか、就職活動をしている方は、迷う点だと思います。

採用に前向きな理由だったら、書いても支障はない

例えば、資格を取得するため、語学留学に行っていたので、退学しましたですとか、先程も紹介した、経済的な理由で学校を退学した場合は書いても採用には支障はないと思います。ただ、それ以外のこと、例えば、自分が思った以上に学校に馴染むことができず、退学したことが理由でしたら、書かない方が面接でも変に突っ込まれたりしませんし、書類選考も受かりやすいと思います。
そのような不採用になりがちな理由は、「一身上の都合」という一般的な理由を使うのがベストだと思います。履歴書ですので、嘘を書くことは許されません。ただ、正直に全てを書いてもマイナスですので、上記のように、上手な表現を使うことも大切になります。

専門学校退学は高卒扱いになるので注意、効率的に就職活動を行う方法

残念ながら、あなたが専門学校を卒業できなかった場合、あなたの学歴は高卒になります。専門学校を卒業できなかった場合、履歴書の学歴の欄は何を書けば良いのか、疑問に思うかもしれませんね。就職活動をしている最中はそんな疑問を解決しなくてはいけません。専門学校を退学したのなら、あなたの学歴は、高卒と同じ扱いになります。学歴は高卒になりますから、就職活動をする時は、学歴は「高卒以上」と書かれている求人に応募することになります。

学校を退学すると、応募できる求人数に限りがある

学校を退学したことは、必ずしも、マイナスな経験ではないと思います。そこから学ぶことも今後、多いと思います。ただ、就職活動をする上での、学歴は高卒扱いになります。その分、あなたが本当は受けたい企業には応募ができないかもしれません。

アルバイト経験を履歴書に書くか書かないかという問題もあります。少しでも社会人経験があると考える企業もあれば、変にアルバイトの経験を書かれてもその経験は売りにはならないと考える企業もあります。もしかしたら、「職歴なし」と書く方が良い印象を持つかもしれませんね。

中途採用と新卒採用、どちらを選ぶべきかの判断ポイント

ある程度の年齢になれば、中途採用であろうと、新卒採用であろうと、採用されれば、どんな職場でも喜んで働くと思います。でも、学校を退学したばかりのあなたはまだ若いですよね。これから、中途採用として働くか、それとも、新卒採用として働くのか、迷っていますか?

同期と働きたいのなら、新卒採用がお薦め

中途採用のデメリットは、自分より年下の方と働くことだと思います。そこにストレスを感じない方は、中途採用で働いても、全くストレスは感じないと思います。ただ、年齢差を気にするのなら、新卒採用をお薦めします。

新卒採用は、学校を退学してから3年以内になります。その期間であれば、新卒採用として採用されます。働くことには変わりありませんし、今後、別の職場でも、年下が上司になることもあります。それを考えると、今から中途採用で働き、年下の上司と働くことも、メリットとして感じるかもしれません。

専門学校を辞める前に、なぜ退学したいのか理由と解決策を探すことも大切

学校を退学するのは、必ずしも悪い選択ではありません。ただ、学校を退学する決断をすると、上記で説明したように、「高卒扱い」になるデメリットがあり、就活をする時は、その学齢のため、デメリットを感じることになると思います。ですので、これから学校を退学しようかどうか迷っている方は、本当に学校を退学しなくてはいけないのか、最後まで頑張れないのか、十分に考慮してから、決断すべきです。

友達がいないことがあなたが学校を退学したい理由?

強く説得するつもりはありませんが、学校は、友達を作る場所ではないと思います。確かに、気の合う友達がいれば、学校にはいやすいと思います。ただ、友達からの影響で、あなたが遊びに夢中になることもありえます。それが理由で悩みなら、退学を考えているなら、それは学校を退学する適切な理由にならないかもしれません。場合によっては、学校で友達があまりいない、気の合う友達も数人だからこそ、勉強に集中できる環境にあなたはいるとも考えられます。友達がいないからという理由で学校を退学するというよりは、自分がしっかりと勉強できる環境にいると思った方が気が楽になると思います。