コミュニケーション能力をアピールしたい!上手に伝えるコツ

面接などで自分のコミュニケーション能力をアピールしたいと考えたとき、どんな答え方がベストなのでしょうか?そもそもコミュケーション能力とは人とうまく話せることだけではないのです。

そこで、就活で悩むあなたのためにコミュニケーション能力を上手にアピールするポイントと注意点についてお伝えしていきましょう。

伝え方を工夫することであなた自身を相手にアピールすることができます。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

履歴書の志望動機【アパレルへ転職】好印象で熱意が伝わるコツ

履歴書の志望動機はアパレルへの転職でも必ず書く必要があります。アパレル未経験で転職を目指すならど...

No Image

【志望動機の書き方】未経験でも相手にアピールできる志望動機

志望動機や自己PRは履歴書の中でも一番悩んでしまう部分です。また募集側としても働く側の意欲が汲み...

【志望動機の書き方】栄養士の志望動機のポイントについて

履歴書や面接時の志望動機は面接官が重視する場所だと言われています。それだけにどれだけ自分をアピー...

一般事務の志望動機【新卒編】好印象に自分をアピールするコツ

一般事務を目指すなら志望動機は重要です。新卒で事務の経験がない場合はどんな志望動機にすれば良いのか悩...

自己PRで強みと弱みを答える時のポイントと注意点

自己PRの際に「あなたの強み、弱みは?」と質問されることがあります。長所と短所について訪ねている...

No Image

事務職の志望動機の書き方!転職ならスキルもアピール

給与や休みなどの待遇面を重視して事務職への転職を希望すると、履歴書で困るのが「志望動機」ではあり...

面接の出欠メールは重要、返信マナーや注意点、ポイントを解説

面接の出欠に関して人事担当者とメールでやり取りをしますが、メールだからといって気を抜いてはいけま...

履歴書の自己PRの書き方、看護師の考えや姿勢をPRする文章

履歴書の自己prや志望動機は一番記入に悩む場所です。また応募先の職業によってPRには違いが出てき...

職務経歴書の在職中の書き方や注意点、面接についてもご紹介

在職中に転職活動をする際、職務経歴書にはどの様に書いたら良いのか、在職中の書き方について疑問があ...

職務経歴書の書き方のポイントと医療事務に求められるスキル

転職を希望する場合には、履歴書の他に職務経歴書の提出が必要になる場合がありますが、職務経歴書の正しい...

就活で得意科目を上手にアピール!面接での答え方のコツを紹介

就活の面接で得意科目に聞かれることがあります。このとき、ただ得意な科目を答えるだけではなく好印象を与...

転職の面接で強みを上手にアピール!好印象を与えるポイント

転職に向けた面接では自分の強みについて聞かれることがあります。採用を勝ち取るためにも自分の経験か...

申し込み封筒の書き方のマナー!書類の郵送や持参の際のポイント

求人などの申し込みをする際に応募書類や履歴書は封筒に入れるのがマナーです。その際、封筒の書き方に...

製造業【未経験】志望動機でアピールして好印象を与えるポイント

製造業へ未経験から応募をする際に志望動機で悩んでいるあなた。まずはこれまでの経験で製造業に活かせ...

No Image

履歴書の志望動機【派遣の場合】登録時や派遣先で大切なポイント

履歴書には基本的に志望動機を書く必要がありますが、派遣の登録をする際はどうしたらいいのか悩む人も...

スポンサーリンク

コミュニケーション能力をアピールするなら具体的な実績を伝えましょう

何か履歴書に書ける資格を取得していると、就活の時も、メリットになります。履歴書や面接で、「私はこれをすることができます」履歴書に書ける事柄にもなりますし、面接で面接官にアピールすることができ、あなたにとっては、メリットになります。ですが、これが、コミュニケーションの能力となると、履歴書や面接でどうやって相手の企業にアピールすることができると思いますか?コミュニケーション能力を示す資格はあまり聞かない分だけ、知恵が必要です。そうすると、履歴書や面接で、どうやってコミュニケーション能力をアピールすることができると思いますか?

これまで仕事で、どんなことで利益を上げたかを書く

コミュニケーション能力があることを面接や履歴書でアピールしたいということは、これまで仕事で何か実績を上げれる実績や経験があなたにはあるはずです。それを履歴書で書き、面接の時にアピールして下さい。

どんな状況で、どんなことをしたから、利益を上げれたか。あなたがした具体的なことを履歴書や職務経歴書に書くのです。資格にはなりませんが、あなたの実績や経験がコミュニケーション能力として、相手の企業に評価されると思います。

面接官が「この方と一度会いたい」と思うような、実績や経験を履歴書、職務経歴書に書くことです。

企業が求めるコミュニケーション能力をアピールすることが大切

会社としても、コミュニケーション能力がある方を採用したいと思っています。

あなたがコミュニケーション能力がある方なら、是非会社としては欲しい存在です。あなたがコミュニケーション能力には自信があるなら、それを売りにして、是非本命の会社に就職して下さい。

企業がどんな人物を採用したいと思っているのか

会社は、コミュニケーション能力が高い方を欲しいと思っているには変わりはありません。ただ、企業が求めている人物像というものがあります。どんな方を求めているのか、ホームページから情報を入手して下さい。

面接で一緒に働きたいと思える方は、採用されやすいと思います。ただ、それも面接官の好みです。どうしてこの人が採用されて、あの人が採用されないのか、例えコミュニケーション能力があるにしろ、面接官の好みで採用か不採用かが決まるのは現実です。

コミュニケーション能力をアピールしたいなら伝え方に工夫をすること

あなたに企業が求めるコミュニケーション能力があるとして、どうやったら、その能力を効率よく、企業にアピールできると思いますか?履歴書にあなたが持っている能力を上手に表現して、書けるのでしょうか?

履歴書では、コミュニケーションという言葉は使わない

これまであなたがした仕事の中で、あなたが仕事上、こうした方が仕事をより円滑にすることができるとあなたが思いついた点を書いて下さい。それを実際に行って成功した点を書くのです。

履歴書では書くスペースが限られているので、職務経歴書に上手にまとめて、面接官の方に読んでもらいましょう。もしくは、パソコンで履歴書を作り、あなたが職場で実際に行って成功した経験を書いて下さい。

履歴書や職務経歴書には、あなたの経験を書くことになるので、コミュニケーションという言葉は使用しないと思います。それでも、あなたの仕事上のコミュニケーション能力を書くことに変わりはありません。

面接で求められるコミュニケーション能力を理解しましょう

面接では、面接官はコミュニケーション能力を確認します。

質問されたことにきちんと答えているのか、自分が伝えたいことを相手の方が理解しやすい形で答えているのか、チェックされます。

面接官がした質問にきちんと答えているのか、自分が伝えたいことを簡単に、時間内に答えることができているのか、第三者の方にチェックしてもらう、また、本番の前に誰かと一緒に練習し、訓練して下さい。

面接の受け答えも練習することで、上達します。ハローワークも使えますし、あなたが学生で、就活に向けて何か練習になるプログラムがあるなら、それも活用して下さい。

色々指摘を受けるかもしれませんが、あなたが成長できるチャンスです。面接では、面接官が質問している内容を理解し、きちんと答えているのかどうか、あなたが答えるべき項目を適切な時間内で答えれているのか、チェックされます。合格できるよう、努力して下さい。

コミュニケーション能力の不得意な部分も磨いていくべき

コミュニケーション能力と聞くと、周囲の方と上手に話す能力を考えがちです。確かに、周囲の方と喧嘩することなしに話す能力は仕事をする上で重要です。でも、コミュケーション能力は、それだけではありません。コミュニケーション能力の中には、協調性、気の合わない人とでも上手くやっていけ技術も含まれます。

気が合わない人ともコミュニケーションを取る

職場には、気の合わない人もいます。あなたと全く意見も違うし、趣味も合わない、会話も合わない方と一緒に働かなくてはいけません。できればコミュニケーションを取りたくない方ともコミュニケーションを取る。これも、コミュニケーション能力の一つになります。

面接でも、もしかしたらこれまでの職場で、気の合わない方とどうやって上手にコミュニケーションを取っていたか、聞かれるかもしれません。人数の多い職場では、あなたと気の合わない方もいます。そのような方と職場では、一緒に働かなくてはいけません。どのようにして気が合わない方とでも上手にコミュニケーションを取って仕事ができるのか、それも歳を重ねる毎に、会社から求められるコミュニケーション能力になると思います。歳を取れば若い方々を引き立てなくてはいけません。幅広い年齢層の方々とコミュニケーションを取れる技や技術も、コミュニケーションの能力に入ると思います。