事務職未経験の志望動機の書き方、アピールポイントについて

事務職の経験がない方でも生活スタイルが変化し、働く時間が決まっている事務職に魅力を感じ、就職したいと考える方は少なくありません。

しかし中途採用は経験がある方が有利、事務職未経験の方はアピール点に悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで第一関門となる履歴書の志望動機には、どのような点をアピールすると良いのか、志望動機で担当者に好印象を与える書き方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

履歴書に記載する短所の書き方、コツや注意点をご紹介

履歴書に長所短所の記載欄があると、自分の短所や長所をどのように書いて良いのか書き方に躊躇してしまいま...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

履歴書からもやる気と誠意は伝わる!主婦の履歴書の書き方

履歴書を目の前にすると、適度な緊張感を感じます。自分の希望する仕事に就くためのスタート地点なので...

面接で長所を話す時は前向きに具体的なエピソードを交えて話そう

面接の自己PRで長所について話す時は、前向きなことをアピールすることが大切です。とはいっても、た...

履歴書の志望動機【アパレルへ転職】好印象で熱意が伝わるコツ

履歴書の志望動機はアパレルへの転職でも必ず書く必要があります。アパレル未経験で転職を目指すならど...

明るい性格は長所!履歴書の自己PRへの書き方について

履歴書を書いていると、自己PRで筆が止まってしまう人がいます。そういう人は大抵、自分には何も取り...

面接の自己紹介【新卒者編】好印象を与えるポイントや注意点

面接で自己紹介を聞かれた新卒者には、どんなことを話したらいいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょ...

老人ホームの事務【志望動機】未経験でも採用されるポイント

老人ホームの事務に応募するときの志望動機について悩んでいるあなた。未経験からの挑戦だと特に悩んで...

申し込み封筒の書き方のマナー!書類の郵送や持参の際のポイント

求人などの申し込みをする際に応募書類や履歴書は封筒に入れるのがマナーです。その際、封筒の書き方に...

履歴書の自己PRの書き方、看護師の考えや姿勢をPRする文章

履歴書の自己prや志望動機は一番記入に悩む場所です。また応募先の職業によってPRには違いが出てき...

面接でストレス解消法について質問された時の答え方と注意点

採用担当者から面接の時に「ストレス解消法はありますか?」「あなたなりの息抜きは?」と聞かれることがあ...

夏のスーツの選び方とは?面接に使えるシャツとインナー

夏の面接にはどのようなスーツを選べばいいのでしょうか?転職の面接をするときに好印象を与えるには、「清...

No Image

ファッション好きでアパレル志望!未経験者の志望動機の書き方

ファッションが好きでアパレル系の職種を志望する方は多いですよね。しかし、アパレル業界に来る人...

転職の面接で強みを上手にアピール!好印象を与えるポイント

転職に向けた面接では自分の強みについて聞かれることがあります。採用を勝ち取るためにも自分の経験か...

【履歴書の書き方】営業未経験の方の履歴書志望動機の書き方

履歴書の志望動機や自己PRは、一番頭を悩ませるところと言っても過言ではありません。しかし企業も、就職...

スポンサーリンク

一言で事務職と言っても種類がある!自分にあった事務を選ぶ事も大切

事務職に応募しようとしていますか?事務職といっても、種類は多くあります。事務職の中でも、どの事務職に就こうとしていますか?また、事務職は未経験で、これから挑戦しようとしていますか?

事務職には色んな種類がある

求人情報を見たら、一番多いのは、一般事務だと思います。あなたも事務職を検索したら、一番目につくのは、一般事務ではありませんか?その他には、営業事務、資格があった方が就職しやすい、医療事務、国際関係に興味があるなら、貿易事務もあります。簿記や総務のお仕事に興味がある方は、総務がお薦めです。

総務のお仕事をされる場合は、簿記の資格があった方が採用はされやすいと思います。例え未経験であるにしろ、事務職で必要とされる資格はあった方が事務職に就きやすいと言えます。

交換留学ですとか、海外経験があり、英語や他の言語が使用できる方は、貿易事務がお薦めだと思います。これから全て、事務職のくくりになります。あなたに合った事務職に就いて下さいね。

未経験でも事務職に活かせる経験は志望動機でアピール

事務職が未経験でも、事務職に就けますよ。仕事も縁です。未経験ではあるけど、事務職に就こうと、これから履歴書の作成に取り掛かろうとしていますか?そうすると、志望動機を書くことになりますね。履歴書に書く志望動機ですが、応募する仕事は、事務職ですので、事務職に関すること、コンピューターに関するスキルがあるのなら、それは書いて下さい。

未経験でも、コンピューターのスキルは売りになる

事務職が未経験であっても、コンピューターを使えるのはあなたの売りになる点です。相手の企業の方もコンピューターを上手に使えこなせる方を求めています。

コンピューターをこれまで使用してきたので、文章作成はできますなど、あなたのアピールポイントになります。

これまで仕事で習得したことを書く

これまで仕事で学んだことで事務職に使えそうなことは志望動機に書ける内容になります。事務職の中には接客も含まれることもあります。

前職で外部の方とコミュケーションを頻繁に取っていたので、クレーム対応はできるでも応募する事務職にその対応が含まれているなら、アピールポイントになります。

事務職未経験の場合は自分の性格を志望動機にしてもOK

事務職の仕事は、内容によって若干異なるとは思いますが、コミュニケーションスキルとコツコツさが求められやすい仕事になります。事務職が未経験の方が志望動機でアピールしやすいポイントにこの二つは使えます。

周囲とのコミュニケーション

周りをサポートする役割があります。これまでした職業の中で、職場の方と円滑なコミュニケーションを取れる経験を取得しましたか?それを志望動機に書いて下さい。

コツコツさも必要

事務職は、細かい作業を毎日しなくてはいけません。コツコツした作業が苦手な方にはあまり向かない職業とも言えます。逆に、事務職が未経験であっても、あなたがコツコツした作業が得意だということは強みになります。志望動機に書くべき材料です。

未経験でも採用につながる志望動機について

企業は、どうして事務職が未経験な人材に仕事を任せようと思いますか?相手がどうして、未経験を求めるのか、その理由を知ることで、履歴書に書く志望動機は書きやすくなると思います。

未経験ということは、経験より、仕事に対する姿勢を見ている

相手の企業は未経験の方を求めているので、経験を重視はしていません。経験より、その企業であなたがどうやって周囲の方と一緒に働きたいのか、あなたが持っている仕事への価値観がその職場に合っているのかどうかを面接や履歴書に書いてある内容で判断しています。

あなたがその会社でどんな風に働きたいのかもチェックされています。あなたの仕事への働く姿勢を会社側はチェックしています。

また、あなたがその会社でどうやって成長したいのかも志望動機で面接官がチェックする事項になります。社会経験がある人は、他社ではどうだったのか、これから応募する会社では、どのように成長したいのか、その点も考慮しつつ、志望動機を考えて下さい。

ここだけは抑えておきたい!志望動機の書き方のポイント

求人に「未経験」とはいえ、企業は経験者を重視していることは残念ながらあります。本当の意味で未経験の方を会社が求めているのか、求人広告を出して、未経験とは書いたけど、実際は経験者の方が仕事に慣れているので、企業側としては楽と感じているのか、微妙だと思います。

未経験とはいえ、経験者は優遇されやすい

どんなに素晴らしい履歴書を書いたとしても、企業は経験を優先していたら、あなたに勝ち目はもしかしたらないかもしれません。

ただ、企業はあくまでも事務職は未経験の方を求めています。経験というよりは、社風に合った人を求めているかもしれません。あなたが応募する企業のホームページをよく確認の上、志望動機を考えて下さい。相手の企業の理念に合った人は採用されやすくなると思います。

読んでいてわかりやすい志望動機にして下さい

経験者に勝つには、内容でも勝負しなくてはいけません。読んでいて、あなたを採用したくなるような、明るい内容の志望動機を完成させて下さい。これまでの職場で習ったことを書くこともプラスの印象になります。やはり資格はあった方が、企業には好まれやすいと思います。事務職ですから、パソコンを扱うことになります。例え未経験であるにしろ、パソコンに関するスキルは取得し、履歴書に書けるようにしましょう。