製造業【未経験】志望動機でアピールして好印象を与えるポイント

製造業へ未経験から応募をする際に志望動機で悩んでいるあなた。まずはこれまでの経験で製造業に活かせることがあるかを考えてみましょう。

そこで、製造業へ未経験でも好印象を与えるための志望動機を考えるポイントなどについてお伝えしていきましょう。

周りと差をつけて、未経験でも魅力的で説得力のある志望動機にすることが大事です。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

面接の自己紹介【中途採用の場合】採用につながる好印象なコツ

面接では自己紹介を聞かれることがあります。中途採用の面接では自己紹介が採用のカギを握っていること...

No Image

【介護事務の志望動機】未経験の方の志望動機アピールポイント

事務の仕事は経験があるけど介護事務の仕事は未経験。そんな場合志望動機はどのように書くと良いのでし...

履歴書からもやる気と誠意は伝わる!主婦の履歴書の書き方

履歴書を目の前にすると、適度な緊張感を感じます。自分の希望する仕事に就くためのスタート地点なので...

No Image

自己PRで自分の趣味や特技についてアピールしていこう

履歴書に書いたり、面接時に話す自己PR。趣味や特技で自己PRする人が多いです。しかし...

老人ホームの事務【志望動機】未経験でも採用されるポイント

老人ホームの事務に応募するときの志望動機について悩んでいるあなた。未経験からの挑戦だと特に悩んで...

一般事務の志望動機【新卒編】好印象に自分をアピールするコツ

一般事務を目指すなら志望動機は重要です。新卒で事務の経験がない場合はどんな志望動機にすれば良いのか悩...

履歴書に記載する短所の書き方、コツや注意点をご紹介

履歴書に長所短所の記載欄があると、自分の短所や長所をどのように書いて良いのか書き方に躊躇してしまいま...

志望動機が難しい事務職、市新卒者の志望動機の書き方とポイント

履歴書に志望動機について書きますが、新卒で事務職希望の場合、どのような志望動機にするべきか悩みま...

自己PRは何を書けばいい?就活の為の履歴書の書き方について

就活の自己PRはどのような書き方をすればいいのでしょうか。自分の良いところを見つける、書き出すのは悪...

専門学校を退学した理由を面接時に伝える方法と就活ポイント

経済的な事情や人間関係など、専門学校を退学する理由はそれぞれあると思いますが、就職面接では退学した理...

No Image

職務経歴書【アパレル販売員】アピールしたい好印象のポイント

職務経歴書でアパレル企業での販売員をしていた経験を伝えるには、それをアピールできるように工夫が必...

No Image

事務職の志望動機の書き方!転職ならスキルもアピール

給与や休みなどの待遇面を重視して事務職への転職を希望すると、履歴書で困るのが「志望動機」ではあり...

No Image

事務に未経験から挑戦するなら志望動機を明確にして転職しよう

休日や勤務時間が比較的安定している事務は、結婚や出産などを経験した女性にとっても働きやすいという...

時間確認の電話【面接編】好印象につながるポイントやマナー

面接時間を確認するために企業へ電話をかけることは採用の合否につながるのではと気になっていませんか?で...

履歴書の志望動機はどうする?未経験だけど事務職を目指す

事務職はパートや契約社員として求人する会社も多く、正社員の事務職はとても人気があります。そのため...

スポンサーリンク

製造業へ未経験でも活かせるポイントを志望動機でアピール

自分でつくったものが、形になる製造業。そしてそれが世の中の役に立つ。製造業も良いと、憧れる人も多いことでしょう。

今は違う業界に属しているけれど、転職を考えるとき製造業も視野に入れる人もいるでしょう。

ものづくりは注目されている業界です。
たとえ未経験だったとしても興味をもったなら、ぜひチャレンジしてみましょう。

志望動機は採用担当者もじっくり読むところ

たくさんある会社のうち、なぜその会社を選んだのかを、採用担当者は一番知りたいところだからです。

未経験だからこそ、自分の製造業にかける意気込みを書くことができる志望動機で、自己アピールをしっかりしていきましょう。

器用な手先をもっているならそこをぜひアピールしましょう。

これまでの経験を振り返り小さい頃からコツコツものをつくのが好きだった、というエピソードなどもあれば盛り込むと良いでしょう。

製造業には集中力も必要

地道な作業が苦ではないこと、集中力もあることなども書き、自分には製造業に対して適正があることが伝わるようにしましょう。

志望動機には未経験の製造業だけどなりたい自分の将来を表現

志望動機には、なりたい自分の将来像を書いてみるようにしましょう。
未経験ではあるけれど、製造業に強い興味を持っているということは、やはりそこにあなたの興味をひく何かがあるからだと思います。

製造業に惹かれるのかじっくり考えてみてください

そこにはもともとものをつくることが好き、という性格もあったでしょうし、手先が器用、という自分の強みを生かした働き方をしたい、という希望もあったでしょう。

また自分が手掛けたものが社会の役に立つ、という奉仕的な喜びもあるでしょう。

そのあたりを考えてみると、やはり自分は人に喜ばれる仕事がしたい、とか、専門性を高めてその道のスペシャリストなりたい、とかいくつか将来の姿が浮かんでくると思います。

そのなりたい姿に近づくために、御社でぜひ力になりたい、という旨を志望動機として書いてみてはいかがでしょうか。

製造業が未経験なら企業研究して志望動機に盛り込みましょう

製造業と一口に言っても、色々な業種があります。

しっかりと企業研究して求められる人物像を把握しましょう

企業のホームページなどを見ると、企業理念や社風、社歴、社長の人柄やスタッフなどについてかなり詳しく知ることができるでしょう。

そこからぜひここで働きたい、と思えることをメモ用紙などに書いてピックアップしてみましょう。

紙に書いたそのメモを見ていると、漠然としていたあなたの受けたい「製造業」がだんだんはっきりとした輪郭をもった企業の姿が浮かんでこないでしょうか。

あなたのなかで、企業像の印象がはっきりしてきたら、そこで生き生きと働いている自分をイメージしてみましょう。

自分が生き生きと働いてる様子がイメージできるようになったら、志望動機の下書きに取り掛かりましょう。

企業について研究してたくさん調べた上で、その企業だからこそ自分はそこを受けたいのです、という熱意とやる気が伝わる文章を書くことができると思います。

自分が企業を引っ張るようなプラスな志望動機が好印象

企業についてたくさん調べて、受け身なだけではさらなるイメージアップにつながりません。
あなたについて良い印象をさらにもってもらうには、積極性も打ち出していきましょう。

未経験だからこそ、強く出たいところ

未経験だけれども、集中力と根気は誰にも負けないという気概で挑みましょう。

積極性を印象づける志望動機の書き方は、入社後の自分がやりたいことを書くことです。
入社したらこんなことに取り組んでみたい、ということを書くのももちろん良いですし、こうしたら御社の製品はもっと工夫できるのでは、といった提案をするのも採用担当者の目がひきつけられるでしょう。

なかには社長を目指します、と宣言する若者もいるようなので、そのくらいの意気込みでもやる気を買われて歓迎されるかもしれませんね。自分が企業を引っ張っていくような気概を書くと、あなたのやる気が伝わるでしょう。

周りよりも魅力的で説得力のある志望動機にしましょう

たくさんの応募書類のなかから、採用担当者に手にとってもらう履歴書にするには、やはり周りよりも魅力的な志望動機を書くしかありません。

これまでの学歴や職歴は変えることはできませんが、志望動機はあなたの色を積極的に出すことができる欄です。
大いに活用しましょう。

志望動機を魅力的で説得力のあるものにするには、自分の言葉で書くようにすること

就職活動用の書籍やサイトもたくさんありますが、そういうところから真似して書くとやはり言葉は生き生きしません。

そういった就職活動用の書籍やサイトの文章は参考程度にとどめて、拙くても読みやすく、簡潔に自分の言葉で志望動機は綴るようにしましょう。

自分の経験を具体的に書くようにすると、説得力のある志望動機となるのでおすすめです。
製造業では、健康な体も十分アピールになりますので、健康状態はただ「良好」と書くよりも、ジョギングなど続けていることがあれば具体的に書くようにしましょう。