離婚【仕事】女性がこれからのために働き先を探すポイントを紹介

離婚して仕事を探している女性は必見です。離婚をしたけれど、これから子供の教育費もかかるからもっと稼ぎたいと考えてもシングルマザーの仕事探しは簡単ではありません。

そこで、離婚した女性のための仕事探しのポイントについてお伝えしていきましょう。

ただ収入だけではなく、これから自分が長く続けていけるかどうかも大切です。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーツの着こなし術・ジャケットやベストのボタンの留め方を解説

スリーピーススーツやシングルスーツ、ダブルのスーツなど、世の中には色々なデザインのスーツがあります。...

No Image

医療事務になりたいなら、その理由を明確にしよう

医療事務は、全国どこでも働ける、子育てしながらでも働きやすい、資格がなくても働ける、などといった理由...

クレームを受けたら報告書を作成!書き方やポイントについて

クレームを受けたら社内や上司に報告が必要となります。またクレーム内容をまとめて報告書を提出するように...

ご入金のお礼を伝えるメールの書き方について

ハンドメイド作品の販売はネットを使うことでとても手軽にはじめられるようになりました。自分の作った...

No Image

長所と短所の上手なアピール方法。面接官の印象が良くなる答え方

面接では必ず聞かれる質問の一つに、「あなたの長所と短所を教えて下さい」という質問があります。その場で...

製造業で個人目標を立てる時の方法や具体的な例を紹介

仕事をしていると提出を求められるもの中に「目標」があります。会社によって異なりますが、個人目標を...

ビジネスメールで送信先の間違い!謝罪の仕方について

今やメールは無くては仕事にならないほどの必須アイテムとなりました。郵送とは違い瞬時に送れるメール...

納品遅延!謝罪のためのビジネスメールの書き方について

ビジネスマンをしていると、謝罪が必要な事態を引き起こしてしまうこともあります。商品を扱う仕事をし...

挨拶に手土産は持参する?産休中・産後の職場への挨拶マナー

子供を出産するにあたって、育児休暇を頂いている女性もいますよね。無事に出産を終えた後は、職場に挨拶に...

お詫びのメール【ビジネス編】取引先へ送る基本マナーや注意点

お詫びのメールをビジネスにおいて送る場合、取引先へ送ることが多いのではないでしょうか。体調不良などに...

事務未経験が自己PRで採用を勝ち取るためのポイントを紹介

事務が未経験でも事務へ転職したいと願うあなた。自己PRでどんなことをアピールしたらいいのか悩んでいま...

事務職は資格なしでも大丈夫?事務職に求められるスキル

事務職の資格なしは選考されるときに良くないイメージを与えてしまうのでしょうか。事務職に役立つ...

知らないと恥をかく?基本のビジネスマナー【手紙編】

仕事をしていると当たり前だと感じるビジネスマナーが、いくつも存在します。手紙の書き方や送り方も、例外...

No Image

事務バイトの面接に適した服装や髪型、アピールポイントを解説

事務バイトの面接を控えている方にとって、どんな服装や髪型が適しているのか、事務バイトでは何をアピ...

名前間違いによるお詫びの返信メールで気をつけたいマナーを紹介

ビジネスメールにおいて名前間違いをしてしまったときは、すぐにお詫びの返信メールをしなければなりません...

スポンサーリンク

離婚して仕事を探す女性が面接でアピールするべきこと

人生、生きているうちに、様々なことを経験します。離婚を経験した女性は、これから仕事に今まで以上に打ち込みたいと感じていると思います。

まずは、就職しなくてはいけません。就職するためには、履歴書の提出と面接は必要不可欠です。

離婚したことは就活にはあまり影響はしない

離婚したことで就活に何か影響があるか、気になっていませんか?離婚する女性も会社で活躍できる世の中に私達はいると思います。ですので、あなたが離婚を経験したことで仕事にありつけなくなるという否定的な考えは捨てて就活して下さい。

ただ、生活が苦しいことを面接で素直に言ってしまうと、暗いイメージを面接官は持つと思います。

それは、仕事を取る上ではマイナスです。企業はどの職業に就くにしろ、明るいイメージの方を採用したいと思っています。離婚というより、生活が苦しいこと、就活があまり上手くいかないことは面接では言わずにいて下さい。なるべく、明るい印象を面接官に与えるようにするのです。

離婚した子持ち女性は正社員として働ける仕事を探しましょう

離婚して、お子さんもいる状態でしたら、できたら、正社員として働くべきです。お子さんの大きくなったら、留守番も一人でできますし、高校生になったら、バイトをすることもできます。

子育ても一段落している状態で離婚されたのなら、正社員として働ける時間はあるはずです。お子さんも大きくなったら、結婚するかもしれません。結婚資金は、親が少しは援助しなくてはいけません。そのためにも、正社員で働けるのであれば、働き、安定した収入を得るようにして下さい。

子供にはお金がかかる

成長期の子供にはお金がかかります。お子さんに十分な教育をさせるために、安定した収入は必要です。可能な限り、正社員か、公務員を目指しましょう。

お子さんが私立の高校か大学に進学したいと言われた時、経済を理由に行きたい学校に生かせられないのは、親として恥ずかしく感じると思います。できるだけ、収入のある仕事に就きましょう。

離婚後の母子家庭の女性が受けられる支援を活用しながら仕事を探すこと

子供がいつつ、離婚した時、その地域で離婚したお母さんをサポートできる制度が何かないか調べるべきです。制度があるなら、活用しつつ、お仕事に取り組め、精神的にもかなり楽になると思います。

地域の支援制度を利用する

就職をするのも、お子さんがいれば、苦労をします。例えば、児童手当を利用することが地域によっては可能です。お子さんの年齢にもよりますが、少しは毎月、収入を得ることができます。

また、お子さんを保育園に預ける際、「保育料の免除や減額」を受けることもできます。小さなお子さんを保育園に優先的に預けられる、料金もお手頃であれば、あなたも働きやすいと思います。

熱があったら、すぐにお子さんを保育園に迎えに行かなくてはいけないので、もしかしたら、長時間は働けないかもしれませんが、利用する価値はあります。

資格があれば収入が安定する仕事も見つけやすい

例え離婚を経験したとしても、あなたに資格があり、プラス、実務経験もあれば、再就職にはかなり有利な状況にいると思います。中途採用でしたら、企業も即戦力として働いてくれる方を優遇して採用をしてくれるはずです。あなたがこれまで資格もあり、その資格を使った実務経験もあるのなら、就職はしやすい状況にいます。

CADの資格はお持ちですか?

CADの求人数は安定している傾向にあると思います。CADの資格がなくても就けるようではありますが、あった方が優遇して仕事にありつけることができます。

CADの良いところは、この資格があれば、正社員として働ける道が切り開かれるという点です。誰でも正社員には憧れますよね。離婚をしてあなた自身、もしかしたら自信を失っているかもしれませんが、再就職をして、人生、前向きに歩んで下さい。

簿記も有利

事務系のお仕事に就きたい方は、簿記の資格はあった方が有利です。プラス、他の資格もあり、実務経験もあれば、30代、40代でも、優遇して就職することはできると思います。

子供のことを最優先にして仕事を探すようにしましょう

お子さんがいて、離婚をしたのですから、仕事をする際は、お子さんの面倒も見れるようなお仕事に就きましょう。あまり仕事を優先しているようでは、お子さんから文句を言われてしまいます。

働き方も色々

正社員の良さは、給料が安定しており、経済は安定する点です。ですが、お子さんの学校の用事に合わせて休むのは困難になります。

仮に正社員で働くことが可能になったとしたら、あなたの両親にお子さんの参観日などに出席するよう、頼むべきです。いつも母親が欠席では、お子さんも可愛そうです。できる限りのことはしてあげて下さい。

正社員にこだわらず、パートをし、家でできる在宅業務をして収入を確保するという働き方もあります。在宅業務はもしかしたら、お小遣い稼ぎ程度かもしれません。でも、ないよりはましです。色んな働き方があるので、お子さんを顧みつつ、あなたができる限り収入を得ることができる仕事を探して下さい。

体力がない状態でしたら、初めは、数時間のパートから挑戦して下さい。段々と体力をつけて、勤務先で正社員になれるのであれば、なればもっと高収入になります。初めは数時間でも、長い期間を経て、正社員になれるように、勤めて下さい。短時間の派遣でも収入にはなります。頂ける仕事はどんな仕事でも働くという謙虚が姿勢も大切です。