NO IMAGE

効果的な自己PR!転職の面接でアピールすることについて

転職の面接で採用担当者に印象づけるためには、自己PRはとても重要なポイントになります。
面接の一番初めに話すことが多く、その内容によってあなたの印象が決まってしまうかもしれないからです。
面接での一番の見せ場と言っても過言ではありません。

ここでは自己PR文についてや、採用担当者が自己PRを求める理由などもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【仕事を探す方法】求職中に利用したい条件に合う仕事の探し方

自分の条件に合う仕事を探したいという時には、いろいろな探し方があります。正社員を希望する方もいれば、...

納品遅延!謝罪のためのビジネスメールの書き方について

ビジネスマンをしていると、謝罪が必要な事態を引き起こしてしまうこともあります。商品を扱う仕事をし...

事務職は資格なしでも大丈夫?事務職に求められるスキル

事務職の資格なしは選考されるときに良くないイメージを与えてしまうのでしょうか。事務職に役立つ...

知らないと恥をかく?基本のビジネスマナー【手紙編】

仕事をしていると当たり前だと感じるビジネスマナーが、いくつも存在します。手紙の書き方や送り方も、例外...

黒ストッキングは会社に履いてもOK?マナーと寒い場合の対策

会社に制服はありますか?制服はなくてもスカート通勤が多いという場合、女性はストッキングを履くでしょう...

トラブル発生の経緯をまとめた報告書を社内向けに作る方法

仕事でトラブルが発生した時には、その経緯を報告書として提出するように求められることがあります。こ...

期限遅れの謝罪はまず口頭で!メールを送る時の内容とポイント

取引先や社内に提出する書類作成の期限が間に合わず、期限遅れが考えられる場合はどのような対処をすれば良...

パワーポイントで良いプレゼン資料を作る!例も交えて紹介

顧客獲得のためには良いプレゼンは欠かせません。では良いプレゼンとはどのようなものなのか?それ...

広告の営業のコツとは?必要なスキルと気持ちの作り方について

広告の営業ではどのようなコツが必要なのでしょうか。仕事の相手がひとつではない広告の営業だからこそ必要...

お詫びメールの書き方と注意点、社内メールの書き方について

仕事でミスをしてしまった場合、直接お詫びをしても、再度メールなど文書でお詫びが必要な場合があります。...

派遣社員は難しい?40代女性の就活について

40代女性でも派遣社員として働くためにエントリーすることは出来ます。しかし、現実問題としては目に...

キャンセルをメールを使ってお詫びをする際のポイントと注意点

取引先との打ち合わせを、自分の都合によってキャンセルしなくてはならない場合、アポイントのキャンセルに...

30代・ニート女性が脱ニートをする方法!無職からの就職活動

30代でずっと実家暮らし。仕事もせずにずっと親のスネをかじってニート生活をしている女性の中には、自分...

キャンセルメールの書き方、インターンのキャンセルのポイント

就職先を選ぶために有効なインターンへの参加ですが、様々な事情からキャンセルしなくてはならないことがあ...

納期が遅れそうな時の対応は迅速に。謝罪の仕方について

納期が遅れるのはとても重大なミスです。しかし、どんなに気をつけていてもヒューマンエラーはゼロには...

スポンサーリンク

転職の面接の質問で多い自己PRと自己紹介の違いについて

これまで、内定を一つもらうのに時間がかかった方は、何十、何百という面接をこなし、残念ながら不採用で終わってしまったと思います。あなたもそのような経験をお持ちですか?その失敗を生かしつつ、これからの転職の面接に挑みたいですね。

面接の際、くどいくらい自己PRをするように頼まれます。面接官からその質問をされないことはないと思います。面接で自己PRはするように言われることはもうわかっていると思うので、事前に、しっかりとした自己PRはできるようにしておきましょう。

自己PRはあなたの良さをアピールする時間

転職であれば、あなたがこれまで、会社で得た利益、会社での功績を話すことができる時間になります。過去に会社でこのようなことをしたので、転職先では、このような利益をもたらすことができる存在になります。あなたがこれまで企業に貢献したことをより具体的に話せる時間になります。

注意したいのは、履歴書や職務経歴書より、詳細に話す点です。薄っぺらい内容にはしないで下さい。

因みに、自己紹介は、あなたに関することで表面的なことを話す時間になります。

転職者が面接で重要となる自己PR文の作り方について

どの会社に転職するにしろ、面接官の記憶に残るような自己PRをしなくては、転職をすることはできません。

きっと、転職先の面接でどのようなことを言わなくていけないのか、頭の中にはアイディアはあると思います。転職でよくされる質問はもう確認しましたか?

答える時はあなたの主張を先に答える

面接官の質問に対するあなたのきちんとした答えをまず先に述べて下さい。

あなたの主張が後にすればするほど、面接官には、「質問に答えてない」という印象を持たれ、不採用になる確率が高くなります。

答える内容も大切ですが答え方も大切

面接官がする質問に対して、あなたの確たる主張、答えをまずして下さい。自己PRをする時にも、何か質問をされるかもしれません。きちんとその質問に対する答えをし、面接官の印象に残るようにして下さい。

自己PRをこれから作成するつもりなら、まず答えをはっきり書くようにして下さい。

転職者のメリットは経験やスキル!面接の自己PRでは積極的にアピールしよう

企業が転職者に求めるのは、これまでの経験からスキルをどうやって会社で生かせるかです。新卒にはない即戦力といいますか、即座に転職先の企業に利益をもたらせる経験やスキルを求められます。

転職先の企業は、あなたにその実力を求めているので、転職する際の面接では、どんな利益を転職先の企業にもたらすことができるのか、アピールすることが求められると思います。

あなたがしたことで、どんな利益をもたらしたか

これまで勤めた企業で、どんな困難な状況にあり、あなたがしたことでその状況をどう乗り切ることができたのか、また、何を学んだのか、スムーズに答えれるようにして下さい。

例えば、企業としては、一人雇っているのですから、あなた一人が雇われたことにより、正社員の残業時間が減ったというのも、相手企業の方が感銘するエピソードだと思います。

これまでの企業で周囲から褒めらたことを話し、あなたが企業に貢献できる存在であることを、アピールするようにして下さい。

転職面接の自己PRで気をつけたいポイントについて

ある転職者が話していたことですが、あなたのこれまでの経験や技術をアピールしすぎない方が書類審査やエントリーシートで合格はもらいやすいのは事実なようです。

あなたには、転職先に売りになる点は沢山あるとは思います。ただ、それをあまり自慢風にアピールはしないで下さい。あなたのスキルや技術は転職の際、アピールポイントにはなります。でも、それを自慢しすぎない程度にアピールして下さい。

長すぎず、ポイントは一つにする

転職先の面接の自己PRであなたの経験やスキル全てを話さないで下さい。話す時間は限られていますし、あまりあなたの良い点を話して、全て自慢話に聞こえ、面接官からマイナスのイメージを持たれることになります。

あなたの輝かしい功績やスキルは、一点に絞って面接で自己PRの時間に話すようにして下さい。年上の方ほど、良い経験を持っているとは思います。ただ、上目遣いな態度ではなく、謙虚な姿勢であなたの経験を話すようにして下さい。

転職の面接での自己PRは、内容だけではなく話し方も重要

相手の企業の担当者の方が、面接でチェックしたい点は、面接であなたが話す内容だけではなく、一緒にこれから働いていけるのかを確認するため、あなたの話し方もチェックしています。

マナーはあるか

面接官が言ったことに従っているか、面接の際に基本とするマナーを守れているのか、チェックしています。この時点で、面接官が言ったことに対して、従えないようでは、一緒に働くのは難しいと判断されるかもしれません。また、面接官からされた質問に対して、何か疑問に思う答え方をしていたら、後日、面接官から質問をされるかもしれません。

面接官に不信感を抱かれないためにも、質問されたことには、堂々と答えて下さい。あなたの学歴や職歴に何も問題がないとしても、面接の際、話し方や身なりにマナーがないとみなされたら、面接で、不合格になりがちになります。話す内容だけではなく、姿勢や身なりにも気をつけつつ、転職の面接を受けて下さい。

あなたの職務経歴が立派なだけ、相手の企業の方があなたに求めるスペックはもしかしたら高いかもしれません。面接では、相手の方に無礼のないような身なり、仕草をしましょう。言葉遣いも注意して下さい。