【仕事を探す方法】求職中に利用したい条件に合う仕事の探し方

自分の条件に合う仕事を探したいという時には、いろいろな探し方があります。正社員を希望する方もいれば、子育て中で短時間勤務が希望という方もいるでしょう。
そこで、求職中に利用したい仕事を探す方法についてご紹介します。
探し方にはいろいろな場所があり、メリット・デメリットもあります。自分に合う仕事を探すために、いろいろとアンテナを張り巡らせてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

期限遅れの謝罪はまず口頭で!メールを送る時の内容とポイント

取引先や社内に提出する書類作成の期限が間に合わず、期限遅れが考えられる場合はどのような対処をすれば良...

挨拶に手土産は持参する?産休中・産後の職場への挨拶マナー

子供を出産するにあたって、育児休暇を頂いている女性もいますよね。無事に出産を終えた後は、職場に挨拶に...

派遣社員は難しい?40代女性の就活について

40代女性でも派遣社員として働くためにエントリーすることは出来ます。しかし、現実問題としては目に...

製造業で個人目標を立てる時の方法や具体的な例を紹介

仕事をしていると提出を求められるもの中に「目標」があります。会社によって異なりますが、個人目標を...

エクセルのスキルをアピールする履歴書や職務経歴書の書き方

事務職を希望している場合には、エクセルのスキルをアピールしたいと思われる方は多いはず。しかし...

No Image

家庭の事情を退職理由にする場合のポイントと注意点

退職理由で多い家庭の事情。本当の理由は別にあっても、家庭の事情を退職理由にすることで退職が認めら...

飲み会に行きたくない時の上手な断り方!角の立ちにくい言い訳

会社の飲み会は、あまり気が乗らなくても欠席するというのは勇気がいるものです。そこで、会社の飲み会に行...

ご入金のお礼を伝えるメールの書き方について

ハンドメイド作品の販売はネットを使うことでとても手軽にはじめられるようになりました。自分の作った...

仕事で重要な報告、報告のビジネスメールの書き方をご紹介

会社で仕事をしていると報連相が重要と教えられます。報連相の一つの報告はビジネスシーンでは、メールを活...

パワーポイントで良いプレゼン資料を作る!例も交えて紹介

顧客獲得のためには良いプレゼンは欠かせません。では良いプレゼンとはどのようなものなのか?それ...

納品遅延!謝罪のためのビジネスメールの書き方について

ビジネスマンをしていると、謝罪が必要な事態を引き起こしてしまうこともあります。商品を扱う仕事をし...

今日は欠席したい…、そんな時に使える理由、会社を休みたい人へ

なんとなく体がだるいなどの理由で会社を欠席したい時ってありますよね。ただ、「体がだるい」といった...

お詫びのメール【ビジネス編】取引先へ送る基本マナーや注意点

お詫びのメールをビジネスにおいて送る場合、取引先へ送ることが多いのではないでしょうか。体調不良などに...

No Image

転職成功のコツ【自己PR方法】未経験の職種に転職するときは

未経験の職種への転職を考えている人の中には、どのように自己PRをすれば良いのかわからずに頭を悩ま...

ハンドメイド作家は確定申告が必要!バレないと考えるのはNG

ハンドメイドで収入を得ていても、確定申告は必要ないし税務署にバレないと考えている人が多いと言われてい...

スポンサーリンク

仕事を探す方法として多くの企業の求人があるハローワーク

そろそろ子供も大きくなってきたし、仕事でも始めようかなと考える主婦は少なくありません。しかし、結婚する前まではOLとしてバリバリ働いていたのに、しばらくぶりに働こうと考えた時、どのような方法で仕事を見つければよいのかと悩んでしまう場合もあるでしょう。

仕事を探すといえば、やはりハローワークを思い浮かべる人が多い

しかし、ハローワークで求人している仕事は、正社員などの長時間勤務の仕事は、人手が足りなくて緊急を要する仕事が多いと勘違いいる人もいるかもしれません。

実は、そんなことはありません。ハローワークには、パートやアルバイトのような短い時間の仕事や主夫歓迎の仕事も多く登録がなされています。

ところで、あなたはハローワークに行く際は、何をすれば何を持って行ったらよいかご存知でしょうか。どのように仕事を見つけたらよいのか分からないという人はいませんか。

ハローワークは実は、電話をかけてから行く必要もないですし、持ち物も特に必要ありません。ちょっと仕事を探したいという気持ちで、ぶらりと立ち寄ってもかまいません。

まずは、ハローワークに行ってみましょう。

ハローワークについたら、一番先にやることがあります。求職申込書を記入することです。これを窓口に提出することで、あなたがハローワークに登録されることになります。仕事を探す人として登録されるのです。

そのためのカードも発行されます。次回からは、このハローワークカードを必ず、持参してハローワークを訪れましょう。

あとは、求人検索の空いている端末で、仕事探しをするだけです。自分の条件を入力すると、それにあった仕事がいくつか出てきます。操作がわからないときはハローワークの職員が教えてくれます。遠慮なく質問してみましょう。

手軽に仕事を探すことができる求人サイトを利用する方法

ハローワークも近くにないし、もっと手軽に仕事を見つける方法はないのかとお思いのみなさん。実は、自宅で仕事を探すこともできます。それはスマホやPCから求人サイトを検索する方法です。

求人サイトには、様々な会社が登録されています。

ちょっと仕事を見つけようと検索したら、思いがけず、たくさんの求人情報が出てくることもあるでしょう。

ハローワークと違う点は、絞り込むのが難しいことです。なぜなら全国の企業がそこに情報を登録しているからです。

自分は、どこでどんな仕事をしたいのか、どのような条件で働きたいのかをしっかりと見据えてから求人サイトで仕事を探すとよいでしょう。もちろん、検索機能もあるので、条件を設定してから絞り込んで仕事を探しましょう。

就職イベントは転職者向けのものも開催。イベントで仕事を探す方法

各地で開催されている就職に対してのイベント。チラシやポスターを見かけて、働きたいという気持ちが湧いてきた主婦もいるかもしれません。
逆に、主婦なのにそんなイベントに行ってもよいのかと悩んでいる人もいるでしょう。

確かに、新卒者に向けての就職イベントは数多くあるとおもいます。一方、転職に対するイベントやこれから働こうとしている人へのイベントももちろんあります。

そのような就職イベントがあるのであれば、対象者はどのような人なのか、しっかりと調べて出かけると良いでしょう。

就職イベントで仕事を探すのは方法として悪くはありません。

なぜなら、事前に各会社の採用担当者と話をすることが出来るからです。自分で疑問に思っていることは、イベントの際に直接質問して聞いておくと良いでしょう。

会社の雰囲気も分かるだけでなく、疑問も解決され、すっきりとした気持ちで面接に臨むことができます。気に入った会社があれば、積極的の質問することで、面接前に働きたいという意欲をアピールすることもできます。0次面接というイメージを持ってイベントにでかけてみましょう。

転職エージェントは今までのキャリアを生かして仕事を探す方法

今までのOL時代に培ったキャリアをできれば活かして仕事がしたいという主婦もいるでしょう。

そんなあなたに仕事を探す方法としておすすめしたいのが、転職エージェントです。

例えば、あなたが転職エージェントに登録したいと考えます。

その場合、まずはWEBサイトから、転職エージェントに登録します。後日担当者から、連絡がきて面談日を決めます。これはあくまでも転職エージェントの担当者との面談です。希望する職種や条件、職歴などをお話ししてください。これで登録完了です。

あなたが希望している条件にピッタリの仕事があれば、担当者から紹介されます。あなたの理想と、求人をしている企業の条件が一致した場合、そこではじめて、履歴書や職務経歴書を作成することになります。

その作成した履歴書や職務経歴書を持参して、転職エイジェントへ出向きます。転職エイジェントが目を通して、直した方が良いなどの添削をしてくれます。面接対策や時には練習をしてくれます。

履歴書や職務経歴書は、転職エージェントより企業へ送付されます。

企業で書類選考し、合格すると、今度はあなたが直接企業へ行って面接となるのです。

内定が出た場合、エージェント側が入社する日や、給与や待遇を企業と話しあってくれます。あなたは入社するだけです。

そう考えると、転職エージェントに登録すれば、とても楽に仕事を探せるように感じます。シンプルな流れであることは確かです。ただし、転職エージェントは世の中にたくさん存在します。主婦のあなたに、どの転職エージェントがあっているのか、慎重に見極める必要もあるでしょう。

身近な人からの紹介で仕事が見つかることも

仕事を見つける際には、実は人の伝というのは、とても大切になります。伝を頼って就職している人もたくさんいます。誰かに頼るなんて、仕事を探す方法としては、失礼なのではないか、もし、その仕事で成果が出せなければ、紹介してくれた人に申し訳ないなんて思う必要はありません。情報交換はとても大切です。友人に会ってみる、友達同士の集まりに参加してみるなども良いでしょう。

もしかしたら、紹介でなくとも、求人している仕事や会社があるという情報を教えてくれるかもしれません。求人を公にしていない会社は結構あります。ハローワークや求人サイトに登録していないけれども人を募集している会社もあるのです。

友人、知人だけではありません。元同僚や元取引先などから、お声をかけていただけるチャンスがあるかもしれません。

仕事を探す方法とは少しばかり違うかもしれませんが、積極的に色々な人に自分が仕事を探しているという事を伝えてみるのも良いでしょう。そのように仕事を見つけている人も少なくないのです。

仕仕事を探す方法は、様々です。自分にはどの方法が合っているのか、自分自身の今の状況やスキルなどで決めるのもよいでしょう。