NO IMAGE

医療事務になりたいなら、その理由を明確にしよう

医療事務は、全国どこでも働ける、子育てしながらでも働きやすい、資格がなくても働ける、などといった理由で女性には人気な職業です。
明確な理由はないけど医療事務になりたい!という女性もいるでしょう。

ですが、履歴書や面接時に使う志望動機にそのようなありきたりな理由を使うわけにはいきません。

医療事務のメリットや事業内容、病院について調べる必要があります。

医療事務になりたい理由、なぜこの病院にしたのか、を明確にしてウケが良い志望動機を作成してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

名前間違いによるお詫びの返信メールで気をつけたいマナーを紹介

ビジネスメールにおいて名前間違いをしてしまったときは、すぐにお詫びの返信メールをしなければなりません...

余興で盛り上がるための簡単ネタ!会社の余興におすすめ

会社の忘年会や新年会に余興をするという会社もありますよね。いざ、自分が余興をしなくてはいけないとなっ...

名刺交換の作法正しい渡し方と受け取り方について紹介します

名刺交換の作法ではこのような事が基本となります。意外にもこんな細かいポイントがあります。名刺...

請求書の間違いに気付いた時のお詫び状の書き方とポイント

請求書を作成した段階で間違いに気付かず、そのまま取引先へ書類を送付してしまう場合があります。金額...

夏の就活における、服装の着こなし方のポイント

夏は就活における大事な時期です。面接の時にどんな事を言うべきかも大切ですが、その時の服装も大切で...

【仕事を探す方法】求職中に利用したい条件に合う仕事の探し方

自分の条件に合う仕事を探したいという時には、いろいろな探し方があります。正社員を希望する方もいれば、...

仕事で重要な報告、報告のビジネスメールの書き方をご紹介

会社で仕事をしていると報連相が重要と教えられます。報連相の一つの報告はビジネスシーンでは、メールを活...

仕事で失敗!謝罪の気持ちを表すお詫び状の書き方について

仕事をしているとどんなに注意をしていても失敗してしまうことがあります。そんな時失敗を嘆きたくなり...

No Image

転職成功のコツ【自己PR方法】未経験の職種に転職するときは

未経験の職種への転職を考えている人の中には、どのように自己PRをすれば良いのかわからずに頭を悩ま...

No Image

家庭の事情を退職理由にする場合のポイントと注意点

退職理由で多い家庭の事情。本当の理由は別にあっても、家庭の事情を退職理由にすることで退職が認めら...

お詫びメールの書き方と注意点、社内メールの書き方について

仕事でミスをしてしまった場合、直接お詫びをしても、再度メールなど文書でお詫びが必要な場合があります。...

No Image

効果的な自己PR!転職の面接でアピールすることについて

転職の面接で採用担当者に印象づけるためには、自己PRはとても重要なポイントになります。面接の...

製造業で個人目標を立てる時の方法や具体的な例を紹介

仕事をしていると提出を求められるもの中に「目標」があります。会社によって異なりますが、個人目標を...

ビジネスメールで送信先の間違い!謝罪の仕方について

今やメールは無くては仕事にならないほどの必須アイテムとなりました。郵送とは違い瞬時に送れるメール...

知らないと恥をかく?基本のビジネスマナー【手紙編】

仕事をしていると当たり前だと感じるビジネスマナーが、いくつも存在します。手紙の書き方や送り方も、例外...

スポンサーリンク

医療事務になりたい!医療事務のメリット・デメリットを知って理由を見つけよう

医療事務になりたい理由は人それぞれかとは思いますが、どんな仕事なのかをあまり知らないまま、そのイメージだけでやってみたいと思う人も多いのではないでしょうか?

実は私も、この仕事を始めた当初はそのうちの一人でした。医療事務に限らず、その仕事をして得られるものや、大変さなどについても知っておくことで、実際にその職種で働きたいかどうかを判断しやすくなります。

やりがいを求めて医療事務を続ける人は多い

医療機関には、数多くの患者さんが訪れます。

窓口に立ち、病院の第一印象を左右するのが医療事務の存在です

実際に診療を行うのは医師や看護師などですが、受付時と会計時に患者さんと直に接することで、病院全体のイメージの良し悪しにも大きく関わってくるのです。会計を終えたあとに患者さんたちから感謝の言葉をかけられると、こちらも患者さんの役に立てたことが実感でき、それがこの仕事を続けるうえでのモチベーションにもつながります。

また、医療事務は他の病院職員とは違い、資格がなくても働けるという点も、医療事務になりたいと考える女性にとっての大きな利点でしょう。

事務仕事以外にかける時間も多い

普段あまり病院を訪れる機会のない方にとっては、病院は具合の悪い時にだけ行くところというイメージがあるかもしれませんが、実際には毎日のように通院してくる方もいます。とくに、整形外科などで治療を受けている年配の患者さんたちの中には、ほぼ毎日決まった時間に病院を訪れ、顔なじみの患者さんや職員たちと話をすることが日課になっている方も多いものです。

窓口に立つ以上は、そんな彼らの話し相手になるだけでなく、時に病院の対するクレーム処理にも携わることになります。
また、医療事務という仕事の中で一番重点を置くべきなのが、レセプト請求と呼ばれる保険請求作業です。毎月決まった日までに前月分の保険請求を行うべく、月末から月初にかけては残業時間も長くなることで、その期間にはプライベートの予定を入れにくいということも頭に入れておく必要があります。

医療事務になりたいなら、その理由を明確にすることが大切

履歴書を書く際にみなさんとくに悩まれるのが、志望動機の書き方ではないでしょうか?

安易に条件が良いからと、本当の理由を書いても良いのであればラクなのですが、さすがにそれだと採用にはつながりにくいですよね。採用を勝ち取るためには、自分がなぜその仕事を選び、この職場で働きたいのかという理由を明確にする必要があるのです。

本当の志望理由を全面に出す必要はない

医療事務は圧倒的に女性の割合が高い職種です。

その理由としては、出産や育児を経てからでも職場へ戻りやすいことや、夫の転勤などで引っ越しをしても、経験さえあれば再就職がしやすいこと、さらに日祝休みである医療機関が多いことなどが挙げられます。

しかし、履歴書の時点でこのようなことを志望動機として書いてしまうと、医療事務になりたいのではなく、女性が働くうえで良い条件が揃っているから医療事務という仕事を選んだように思われてしまう可能性がありますので、あくまでももっとやる気が感じられるような理由を書く必要があります。

実際にその医療機関を利用した際に、医療事務員と関わった印象的なエピソードや、医療事務という仕事に魅力を感じたきっかけなどを記すのが良いでしょう。

病院についてや業務内容について、事前に調べておこう

医療事務という職種でも、働く場所は病院の窓口だけとは限りません。

同じように医療事務として働くにしても、その中には職員数だけで数百人に及ぶような大規模病院もあれば、医院やクリニックといったように、わずかな職員数で地域密着型の医療を行うスタイルの医療機関もあります。どちらも患者さんのケアに直接携わるわけではないにせよ、それぞれの仕事内容にはかなり差があると言えるでしょう。

時には患者さん対応だけではない、さまざまな業務も担う必要があるということも、医療事務になりたいと思う今の段階で知っておくべきでしょう。

理想の働き方を考えてみる

比較的規模の大きい病院

では、メインで窓口や会計業務を行わない医療事務員も働いているため、実際に患者さんの応対をすることなく、裏で事務仕事に専念するケースもあります。

このように、同じ職種の人が複数いる場合は、誰かが休んでも仕事の調整がしやすいといった利点もあります。

規模の小さな個人病院

窓口と会計業務を2~3人程度で行っているところが多いため、一人でこなす仕事量が多く、急な休みが取りにくいといったマイナス要素はあります。ですが少人数であるがゆえに、職場全体がアットホームで働きやすい環境であることも多いでしょう。

下調べが面接で活きることも

ホームページやインターネット上の口コミなどを参考にして、その病院の雰囲気や特色を知っておくことで、自分がそこで医療事務として働きたいと思うに至った理由を明確にしておくことが重要となります。

医療事務の面接時には医療事務になりたい理由を必ず聞かれる

どの職種の採用面接を受ける際も、志望動機は必ず聞かれるものです。いくら学生時代の成績が優秀でも、なぜ医療事務になりたいのかといった、明確な理由がないままだと、採用する決め手としては乏しいと言えます。まずは、医療事務を目指した理由がきちんと言えるようにしておきましょう。

欲しい人材だと思われるために

私が医療事務の仕事に興味を持ったのは、高校時代でした。部活動中のケガで頻繁に病院を訪れていた際に、窓口で患者さんの応対にあたる医療事務員の仕事ぶりを間近で見ているうちに、医療事務という仕事に憧れを抱くようになったのです。

その時点では、医療事務になりたいものの、漠然としたイメージしかありませんでしたが、そのきっかけを元にして医療事務の求人に応募して、面接時も自分が実際に患者として感じた印象や、今後どのように患者さんと接していきたいかといったことを志望動機とすることが、採用にもつながったのだと思います。

採用担当者にとって、この仕事へのやる気が伝わるように、前向きな志望理由を考えておくことをおすすめします。

医療事務になりたい夢を叶えるためのポイント

高校卒業後、すぐに医療事務としての就職を希望するにあたっては、面接時に相手に与える印象だけでなく、実際に即戦力として働けるかどうかのスキルを確認されると思っておいたほうが良いでしょう。

身なりに人柄は現れる

採用面接には制服を着て行かれる人が多いかと思いますが、多少ダサいのは我慢して、着崩さずにきちんと着るようにしてください。相手の質問にはなるべくゆっくりと聞き取りやすい声で答えることで、実際に患者さんの応対にあたる場面を想定しておくと良いですね。

事務職への適正

一昔前までは、カルテやレセプトも全て手書きでしたが、近年ではパソコンを使って作成する医療機関が大半を占めているため、パソコンの基本操作ができることは、もはや必須項目と言えるでしょう

しかしその職種柄、字が綺麗に書けること自体は、大きなプラス要因とも言えますので、履歴書は時間をかけて丁寧に書きましょう。

医師や看護師など、働くうえで資格が必要な職種とは違い、医療事務は必ずしも資格ありきの職種ではありません。もちろん、採用されるためには資格や経験があったほうが有利なのは間違いないですが、応募条件にその点が明記されていない場合は、未経験者でも採用されるチャンスが十分にあると言えるでしょう。

実際に私も高校卒業後に初めて医療機関で勤めた段階では、医療事務の資格は持ち合わせていませんでしたが、今後の自分のスキルアップと転職時に備える意味で働きながら講座に通って資格を取得した経緯があります。
資格が必要ないとは言え、実際に医療事務として働くためには、多くのことを学ぶ必要があります。学ぶ努力を惜しまない姿勢を持ち続けることが、一番の適正だと言えるのではないでしょうか?