派遣社員は難しい?40代女性の就活について

40代女性でも派遣社員として働くためにエントリーすることは出来ます。
しかし、現実問題としては目に見えない年齢の壁の存在を否定できないのも事実。
その壁を乗り越えるためには、今までの経験やスキルはもちろんですが他にも高めるべきスキルがあります。
ここでは40代女性が派遣社員として働くためのコツについて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

今日は欠席したい…、そんな時に使える理由、会社を休みたい人へ

なんとなく体がだるいなどの理由で会社を欠席したい時ってありますよね。ただ、「体がだるい」といった...

広告の営業のコツとは?必要なスキルと気持ちの作り方について

広告の営業ではどのようなコツが必要なのでしょうか。仕事の相手がひとつではない広告の営業だからこそ必要...

No Image

長所と短所の上手なアピール方法。面接官の印象が良くなる答え方

面接では必ず聞かれる質問の一つに、「あなたの長所と短所を教えて下さい」という質問があります。その場で...

No Image

効果的な自己PR!転職の面接でアピールすることについて

転職の面接で採用担当者に印象づけるためには、自己PRはとても重要なポイントになります。面接の...

No Image

医療事務になりたいなら、その理由を明確にしよう

医療事務は、全国どこでも働ける、子育てしながらでも働きやすい、資格がなくても働ける、などといった理由...

ハンドメイド作家は確定申告が必要!バレないと考えるのはNG

ハンドメイドで収入を得ていても、確定申告は必要ないし税務署にバレないと考えている人が多いと言われてい...

知らないと恥をかく?基本のビジネスマナー【手紙編】

仕事をしていると当たり前だと感じるビジネスマナーが、いくつも存在します。手紙の書き方や送り方も、例外...

余興で盛り上がるための簡単ネタ!会社の余興におすすめ

会社の忘年会や新年会に余興をするという会社もありますよね。いざ、自分が余興をしなくてはいけないとなっ...

黒ストッキングは会社に履いてもOK?マナーと寒い場合の対策

会社に制服はありますか?制服はなくてもスカート通勤が多いという場合、女性はストッキングを履くでしょう...

お詫びメールの書き方と注意点、社内メールの書き方について

仕事でミスをしてしまった場合、直接お詫びをしても、再度メールなど文書でお詫びが必要な場合があります。...

名前間違いによるお詫びの返信メールで気をつけたいマナーを紹介

ビジネスメールにおいて名前間違いをしてしまったときは、すぐにお詫びの返信メールをしなければなりません...

キャンセルメールの書き方、インターンのキャンセルのポイント

就職先を選ぶために有効なインターンへの参加ですが、様々な事情からキャンセルしなくてはならないことがあ...

社長へメールを送る時のマナー、よくあるミスと対処法も解説

社長へメールを送る場合、失礼がないようにとマナーに気をつけると思いますが、マナーを意識しすぎてしまう...

No Image

家庭の事情を退職理由にする場合のポイントと注意点

退職理由で多い家庭の事情。本当の理由は別にあっても、家庭の事情を退職理由にすることで退職が認めら...

ご入金のお礼を伝えるメールの書き方について

ハンドメイド作品の販売はネットを使うことでとても手軽にはじめられるようになりました。自分の作った...

スポンサーリンク

40代女性が感じる派遣社員の年齢の壁について

40代で派遣社員で働いている女性はいますが、もしかしたら、将来に対して大きな不安を抱えているかもしれません。40代の女性で、派遣社員で働いている方は、若い新卒の社員の方も職場でいる場合もあると思いますし、会社でも微妙な立場にいるかもしれませんね。

派遣やパートで働いている方は、職場で年齢や雇用形態で劣等感を感じてしまうことは多かれ少なかれあると思います。

会社は、年齢に関係なく誰でも活躍できる職場だとピーアールしていても、実際は、若い社員の方が優遇されているのが現実だと思います。

若い社員が年上の方に教えたくない

会社は若い正社員を優遇して採用するとは思います。そんな若い新入社員の方が、数年経ち、周囲の方に仕事を教えれる立場になった時、年上の派遣社員の方に仕事を教えるのに少し抵抗を感じるというのはあるようです。

会社も、40代の派遣社員の方に若い新入社員の方が教えることになるが、年齢の差については、何も抵抗を感じないのか、気にする点になります。

だからこそ、40代の派遣社員の方は、会社で少しいづらいかもしれませんね。

40代女性が派遣社員として働くためには派遣会社への印象が重要

40代という年齢でも、派遣社員として会社で働けます。

実際、40代の女性が活躍している職場は多くあります。ただ、一つの職場にありつくにも、競争倍率はあります。

競争倍率を勝ち抜くため、あなた自身、派遣会社の方に良い印象を持って社内選考に勝ち抜かなくては、40代で派遣社員として企業に勤めるのは難しくなります。

明るい印象にする

お仕事を探しているなら、頻繁に派遣会社に「何かお仕事ありませんか?」と連絡を取ること、また、その際、明るく話すことです。

派遣会社への印象が悪くて、あまり仕事が紹介されないケースもあります。

あなたが就活中であることをアピールし、その際、例え電話口であるにしろ、明るい印象にして下さい。

若い世代の方とも働ける

40代、50代になると、若い世代の方とも仲良くコミュケーションを取る技術が必要になります。若い世代の方とも働ける。幅広い世代の方とコミュケーションを取れる技術が要求されます。20代の新卒の方とも十分コミュケーションが取れるようにして下さい。

40代女性が派遣社員として採用されるために身につけるべきスキル

企業の方は、一般的には、将来のことも考えて、若い世代の方を採用したがります。正社員なら、若い世代を採用し、将来は、企業の中心核として活躍してくれるよう、育てようとします。

でも、40代女性である、あなたにも企業できちんと働けるポジションはあると思います。そうするためにも、派遣社員として企業で働きたいなら、若い時期に実務経験は得て、40代でも働けるようにして下さい。

経験がものを言う

雇用形態は正社員の方が採用される「強み」になるとは思いますが、例え派遣や別の雇用形態でも、実務経験に変わりありません。40代で派遣社員として企業に勤めたいのであれば、それまでに実務経験を得ることです。

面接官、あなたの直の上司になる方が採用の際に特に注意しているのは、年齢も40代ですから、即戦力になる得るかどうかだと思います。実務経験がある方ほど有利です。スキルもそうですが、実務経験も得るようにして下さい。

相手のことを聞ける力

若い世代の方ともコミュケーションを取りますから、相手の方の意見をしっかりと聞けるコミュケーション能力も必要です。

40代女性が派遣社員として紹介されやすくなるポイント

40代の方が活躍できる職場、また求人数が多い限り、40代でも企業で派遣社員として働くことはできます。ただ、タイミングもありますし、年齢も考慮して、時給や場所などあまりこだわり過ぎないことです。

いくら実力や実務経験があっても、企業は基本は、若い世代の方を採用したいと考えていると思います。年齢も40代ですから、妥協できる点は妥協して、就活をするようにして下さい。

場所や時間帯など、妥協できる点は妥協する

40代ですから、20代の頃のように好条件の職場にはありつけないと思います。ある方は、年齢は50代でしたが、片道1時間半ほどかけて、派遣先に毎日通勤しています。年齢も年齢なだけに、仕事があるだけ幸せだと感じる方はいます。

妥協できる点は妥協して、派遣先として働いて下さい。

派遣社員にこだわり過ぎない!40代女性の働き方について

これまで、ずっと派遣社員で働かれたのでしたら、面接でも何度か、「どうしてこれまで派遣でしか働かなかったのですか?」というような質問もされた経験もお有りかと思います。

派遣社員には派遣の良さは確かにあります。でも、年齢も40代ですし、派遣という働き方にこだわることなしに、パートで働く、先方から話があれば、正社員に切り替えるなど働き方を見直す時期に入ると思います。

40代ですから、もしかしたら、あなたが狙っている職業にはつきにくくなるかもしれません。だとしたら、同じ職業に応募ばかりせずに、求人数の多い介護をする、サービス系のお仕事に切り替えるなど、方向転換も必要になります。

20代、30代は年齢のせいもあり、仕事に割と簡単にありつけましたよね?それが年齢を重ねる毎に採用率は低くなります。

派遣社員にこだわらず、パートに切り替える、周囲の方が好んでやらない仕事に応募し、生活の糧にする、通勤が大変でも、就職が決まったのだから、暫くは家から遠い就業先に勤めることにするなど苦労は付き物です。

40代であっても、これからずっと勤務することもできます。ただ、雇用形態はは、派遣社員ではなく、別の雇用形態で働くことも視野に入れて下さい。40代でも縁があり職場もあると思います。あなたの人生ですから、あなたが決めて下さい。