今日は欠席したい…、そんな時に使える理由、会社を休みたい人へ

なんとなく体がだるいなどの理由で会社を欠席したい時ってありますよね。
ただ、「体がだるい」といった理由で会社を休むのは流石に気が引けてしまいます。
頻繁に休むのは良く無いことではありますが、どうしても休みたくなった時に使える言い訳の例をいくつか紹介させていただきます。
ただし、乱用すると、「もう会社に来なくて良いよ」と言われてしまいますので、くれぐれも注意してお使いください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離婚【仕事】女性がこれからのために働き先を探すポイントを紹介

離婚して仕事を探している女性は必見です。離婚をしたけれど、これから子供の教育費もかかるからもっと稼ぎ...

社長へメールを送る時のマナー、よくあるミスと対処法も解説

社長へメールを送る場合、失礼がないようにとマナーに気をつけると思いますが、マナーを意識しすぎてしまう...

スーツからシャツの袖は見えない方がいい?女性のシャツの選び方

女性がスーツを着用する際、スーツの下に着用するシャツのデザインは一体どんなものが良いのでしょうか。袖...

期限遅れの謝罪はまず口頭で!メールを送る時の内容とポイント

取引先や社内に提出する書類作成の期限が間に合わず、期限遅れが考えられる場合はどのような対処をすれば良...

納品遅延!謝罪のためのビジネスメールの書き方について

ビジネスマンをしていると、謝罪が必要な事態を引き起こしてしまうこともあります。商品を扱う仕事をし...

ビジネスシーンで謝罪メールを送る場合の件名と文章について

仕事をしているとミスをしてしまうこともでてきます。しかしミスをするのは、仕事をしているうえで仕方のな...

余興で盛り上がるための簡単ネタ!会社の余興におすすめ

会社の忘年会や新年会に余興をするという会社もありますよね。いざ、自分が余興をしなくてはいけないとなっ...

No Image

効果的な自己PR!転職の面接でアピールすることについて

転職の面接で採用担当者に印象づけるためには、自己PRはとても重要なポイントになります。面接の...

名刺交換の作法正しい渡し方と受け取り方について紹介します

名刺交換の作法ではこのような事が基本となります。意外にもこんな細かいポイントがあります。名刺...

No Image

家庭の事情を退職理由にする場合のポイントと注意点

退職理由で多い家庭の事情。本当の理由は別にあっても、家庭の事情を退職理由にすることで退職が認めら...

仕事で重要な報告、報告のビジネスメールの書き方をご紹介

会社で仕事をしていると報連相が重要と教えられます。報連相の一つの報告はビジネスシーンでは、メールを活...

No Image

転職成功のコツ【自己PR方法】未経験の職種に転職するときは

未経験の職種への転職を考えている人の中には、どのように自己PRをすれば良いのかわからずに頭を悩ま...

請求書の間違いに気付いた時のお詫び状の書き方とポイント

請求書を作成した段階で間違いに気付かず、そのまま取引先へ書類を送付してしまう場合があります。金額...

40代で離婚からの就職活動!スムーズに見つけるためのポイント

40代の既婚女性が離婚したとき再就職をしたいと思っても仕事はあるのかと不安になっていませんか?もちろ...

広告の営業のコツとは?必要なスキルと気持ちの作り方について

広告の営業ではどのようなコツが必要なのでしょうか。仕事の相手がひとつではない広告の営業だからこそ必要...

スポンサーリンク

体調不良を理由に当日会社を欠席したい時に使える言い訳

社会人になって、会社勤めをして、なるべく欠勤はしない様にしていても、体調は悪くなる時はなります。なかなか会社勤めを始めてから、欠席するのは、仕事の面でも迷惑をかけるのではないかと思い、躊躇すると思います。でも、出勤したら、体調が悪化する可能性があるので、休むしかないですよね?

あなたの病状を少し正確に伝え、欠席理由にする

頭痛一つでも、あまりにも酷いと立てません。吐き気もかなり酷い方もいますし、そんな状態で出勤はできません。

熱も嘔吐もひどすぎると出勤なんてできません。下手をしたら、ノロウイルスなどの病気にかかっている可能性もあります。素直にその症状を話し、休めば良いと思います。

体調不良で休むのなら仕方ありません。会社も理解を示すと思います。あなたの症状を話して、アッサリと休むべきです。

「今日は頭痛がひどくて、立てないので、欠勤します」など少し具体的な症状を説明して、休みましょう。

ライブやスポーツ観戦を理由に会社を欠席したい時に使える言い訳

会社を欠席したい理由が、あなたの趣味に関する事である場合、あなたがしっかりと任された仕事をやりこなし、有給も使える状況なら、ライブやスポーツ観戦、あなたの趣味を理由にしてお休みしても問題はないと思います。ただ、有給がとれない、会社で仕事をして間もないのでしたら、ライブやスポーツ観戦、他の趣味で会社を欠席するのは、やめた方が良いと思います。
仕事を覚えるにも時間がかかります。有給が支給される前は、趣味に費やする時間はできるだけ避け、その分、一日も早く仕事を覚えるべきです。

一度くらいライブやスポーツ観戦を逃しても大丈夫です。次があります。仕事も1年以上勤務したら、もっと有給も貰えます。あなたの趣味に費やする時間は、まずは、有給が支給されてからと考えるのが、会社の組織の考えだと思います。

あなたが新入社員なら余計です。趣味を理由に会社を欠席するのは、勤めてから半年以上を目安にしましょう。

会社のイベントや行事を欠席したい時に使える理由や言い訳

バイトをしていても、「この日に会社のイベントがあるから」と言われて、心から「そのイベント欠席したい」なんて叫ぶこと、ありますよね?常に断っていたら、誘いが来ないと思います。ただ、その段階に至るまで、断り続けなくてはいけませんよね?

あくまでも一つの方法ではありますが、あなたが女性なら、「その日はデートなので」というのも一つの口実にはなります。周囲の方も「デートなら仕方ないね」と理解を示してくれます。男性であれば、「親の介護があるので」なんて口実、周囲が最も理解を示す口実ではないでしょうか?男性でももしかしたら、「これからデートなので」と言えば、「なら仕方ないね」と理解を示してくれるかもしれません。ただ、それも状況によって異なります。ある程度の年齢なら、「介護」という言葉の方がより適切な口実だと思います。

毎回介護を口実にしたら、恐らくもう誘われないと思います。その様な言い訳でその場を逃げ切りましょう。

送別会や懇親会を欠席したい時に使える言い訳

会社によっては、歓迎会、送別会、懇親会が頻繁に行われます。苦手だから欠席したい。でも、適切な言い訳はなんだろう。

送別会の場合は、言い訳というより、欠席する意志をいち早く会社側に伝える事です。

理由は「都合により」で良いと思います。また、送別会を欠席したとしても、その会社を離れる方に何かプレゼントをする場合、プレゼントの代金を一部負担することになります。
その代金を払う事は忘れずにいましょう。そして、送別会なので、あなたの会社の誰かが辞める、離れる方に、一声かける、社内メールを送るなどの対応は必要になります。

送別会を開く方に欠席の意志を伝え、プラゼントの代金を負担し、会社を離れる方に、メールを送るか、一声をかける。これが送別会を欠席する際、守るべきルールだと思います。

会社によっては、もしかしたら、ただ単純に欠席すれば良いだけかもしれません。でも、念の為、会社を離れる方には、何かかしら、一声はかけましょう。

理由もなく会社を休みたくなったら、一旦落ち着いて考えてみよう

仕事にも慣れて、ちょっとつまんないかもなんて感じている頃に、特に理由もなく、なんとなく会社を少し休みたくなる瞬間、あると思います。有給を消化していないのなら、計画的に休んでもいいと思います。時には、仕事から離れてリフレッシュして、心機一転、新しい気持ちで仕事に戻るのも手です。そうでもないのなら、もしかしたら、少し気分転換が必要なのかもしれません。会社までの道のりを散歩する、休日は少し自然に触れるなど美味しい空気を吸うなんてどうですか?

ちょっとした気分転換でも、気は晴れます。何か仕事に対してストレスを感じているのかもしれません。誰でもストレスは感じます。体を動かしたり、美味しいものを食べたりして、気分を前向きにしましょう。

会社を欠席したい理由は、色々あります。体調が悪い時は、遠慮せずに休むべきです。ただ、それが、コンサートに行きたいなど個人的な事が理由な場合は、有給が使える時期まで待つべきだと思います。新入社員であれば、まずは仕事を覚えることが優先だと思います。

歓迎会や送別会も無理に出席する必要はありません。理由が「介護」なら誰もが納得すると思います。どうしても行く気になれないのなら、無理せずに、欠席しましょう。