黒ストッキングは会社に履いてもOK?マナーと寒い場合の対策

会社に制服はありますか?制服はなくてもスカート通勤が多いという場合、女性はストッキングを履くでしょう。

ストッキングを履くことはビジネスマナーとされていますが、黒い色のストッキングの着用はどうなのでしょう。

黒いストッキングはブラックフォーマルのイメージが強いため、ビジネスシーンにはふさわしくないでしょう。

肌色のストッキングがおすすめです。

ですが寒い時期はストッキング一枚では寒すぎるという問題もあるでしょう。
そんな場合には、肌色の厚手タイツで乗り切りましょう。

また職場にはNGなストッキングの色やデザインについても確認しておきましょう。

ストッキングが苦手という女性もいるでしょう。職場によってはハイソックスでもOKというところもあります。
一度確認してみるのも良いですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

長所と短所の上手なアピール方法。面接官の印象が良くなる答え方

面接では必ず聞かれる質問の一つに、「あなたの長所と短所を教えて下さい」という質問があります。その場で...

離婚【仕事】女性がこれからのために働き先を探すポイントを紹介

離婚して仕事を探している女性は必見です。離婚をしたけれど、これから子供の教育費もかかるからもっと稼ぎ...

事務職は資格なしでも大丈夫?事務職に求められるスキル

事務職の資格なしは選考されるときに良くないイメージを与えてしまうのでしょうか。事務職に役立つ...

キャンセルをメールを使ってお詫びをする際のポイントと注意点

取引先との打ち合わせを、自分の都合によってキャンセルしなくてはならない場合、アポイントのキャンセルに...

名刺交換の作法正しい渡し方と受け取り方について紹介します

名刺交換の作法ではこのような事が基本となります。意外にもこんな細かいポイントがあります。名刺...

電話で問い合わせをする際のマナー、かけ方やポイントを解説

求人応募に関して会社へ問い合わせをする際にはいくつかマナーがあります。顔が見えない電話だからこそ...

トラブル発生の経緯をまとめた報告書を社内向けに作る方法

仕事でトラブルが発生した時には、その経緯を報告書として提出するように求められることがあります。こ...

No Image

看護師面接で質問される長所と短所の失敗しない答え方と見つけ方

看護師面接で必ず聞かれるのが長所と短所。自分の長所と短所すぐに答えられるよう事前に準備しておきま...

スーツからシャツの袖は見えない方がいい?女性のシャツの選び方

女性がスーツを着用する際、スーツの下に着用するシャツのデザインは一体どんなものが良いのでしょうか。袖...

お詫びメールの書き方と注意点、社内メールの書き方について

仕事でミスをしてしまった場合、直接お詫びをしても、再度メールなど文書でお詫びが必要な場合があります。...

No Image

効果的な自己PR!転職の面接でアピールすることについて

転職の面接で採用担当者に印象づけるためには、自己PRはとても重要なポイントになります。面接の...

夏の就活における、服装の着こなし方のポイント

夏は就活における大事な時期です。面接の時にどんな事を言うべきかも大切ですが、その時の服装も大切で...

ビジネスシーンで謝罪メールを送る場合の件名と文章について

仕事をしているとミスをしてしまうこともでてきます。しかしミスをするのは、仕事をしているうえで仕方のな...

キャンセルメールの書き方、インターンのキャンセルのポイント

就職先を選ぶために有効なインターンへの参加ですが、様々な事情からキャンセルしなくてはならないことがあ...

社長へメールを送る時のマナー、よくあるミスと対処法も解説

社長へメールを送る場合、失礼がないようにとマナーに気をつけると思いますが、マナーを意識しすぎてしまう...

スポンサーリンク

黒ストッキングはNG?会社でのマナーと寒い場合の対策

社会人の女性であれば、少なくともみなさん一度や二度は、ストッキングを履いた経験があるのではないでしょうか?会社に毎日履いているという人もいれば、普段は履く機会がなくても、結婚式や葬式ではストッキングを履くという女性が大半ではないかと思います。

会社で黒いストッキングやタイツを履くことについて

黒いストッキングと言えば、葬儀などの弔事を連想される方も多いでしょう。黒は引き締め効果が高いことから、中には会社でも黒いストッキングを履きたいと考える方もいるようですが、本来は肌色に近い色合いのストッキングを着用するのが、正式なマナーと言えます。

冬場には、スーツや制服のスカートに黒いタイツを合わせている方も見かけることがありますが、職種によってはやはり、黒ではなく肌の色に近いほうが良いかと思います。接客業や医療系の職種に関してはとくに、黒を用いるのはできるだけ避けたほうが無難です。
お住まいの地域によっては、真冬にストッキングだけだと寒さに対応出来ないケースもあるかと思います。そのような場合は、薄手の肌色タイツがおすすめ。40デニール程度までであれば、適度に脚が透けて見えるため、タイツを履いているようには見えにくいと思います。

同じ肌色に近い色味のストッキングでも、よく見ると全体的に柄やラメなどが入ったタイプは、会社で履くのは不適切だと言えるでしょう。

黒ストッキングを会社に履いていい場合とダメな場合

寒い時期に肌色のストッキングを履くと、単純に寒いだけではなく、なんとなく寒々しく見えるのを嫌って、黒いストッキングやタイツを履く方もいます。ですが、会社に勤めている以上は、足元に黒を履いても大丈夫な場面もあれば、やはりあまり履かないほうが良いシーンもあるということを覚えておく必要があります。

対外的には黒いストッキングやタイツは不可

たとえば、業務上あまり会社の外に出る機会のない女性社員であれば、会社内で黒いストッキングやタイツを履くぶんには、そこまで問題はないかと思います。

ですが、同じ会社内でも来客対応の機会が多い職種や、外回りの営業職などであれば、やはり冬場であっても弔事を連想させる黒いストッキングやタイツを履くのは、できるだけ避けたほうが良いでしょう。
実は、私が以前に働いていた会社は、冬場はとても足元が冷えるため、妊娠中は冷えを予防するべく、許可を得て黒タイツを履いて出勤していました。このように特別な事情がある場合でない限りは、許可なく黒いストッキングやタイツは履かないほうが無難かと思います。

毎日会社に履いていくストッキングのおすすめタイプ

プライベートではほとんどストッキングを履かないという女性でも、会社に行く時だけは仕方なくストッキングを履いているという方も多いのではないでしょうか?夏場の暑い時期には、ストッキングを履くと余計に蒸れて暑くなるという理由から、素足ではダメなのだろうかと思われるかもしれませんが、職場においてはストッキングを着用するのがマナーであると捉えたほうが良いかと思います。

毎日履くストッキングはどこを重要視するべきか

  • 丈夫であること
  • 履き心地
  • 引き締め効果
いくらストッキングは消耗品だからとは言え、毎日使い捨てにするわけにもいきませんよね。出先でどこかに引っ掛けて電線してしまうと、そのたびにいちいち履き替えたりする手間が増えますので、多少1足当たりのお値段は高くても、なるべく電線しにくく、洗って何度も履ける丈夫なものを選ぶという方も多いようです。

伸びが良くて脚の形に沿ってくれるゾッキタイプは履き心地も良く、見た目も素足に近くより自然な感じに見せることができます。

足首やふくらはぎといった各パーツごとに着圧を変え、足を適度に引き締めてむくみにくくするタイプは、とくに立ち仕事が多い方から人気が高いそうです。

ストッキングは履きたくない!会社によってはハイソックスOKな場合も

学校の校則のように、必ずしも会社内ではストッキングを履かなければならないと、厳密に決められている職場はそこまで多くないとは思いますが、中にはCAや空港職員のように、髪型から制服の着こなし方まで、すべて細かく規定のある職業もあります。

事務服=ストッキングではない

とくに会社から指定されたわけではなくても、入社以来なんとなく素足の色に近い肌色系のストッキングを履いてきたという方もいれば、足元は各自自由で職場には肌色や黒のストッキングの人もいれば、黒タイツの人もいたりというケースもあるかと思います。

とくに冬場の寒さが厳しい時期に、ストッキングを強要されてしまうと、足の冷えから体調を崩してしまうことにもなりかねませんので、各自で工夫が必要となります。座ったままの事務仕事が多いのでしたら、ひざ掛けなどで調節することもできますが、接客もとなるとなかなかそうはいきませんよね。

どのような職種かにもよりますが、事務服においてストッキング以外の黒タイツやハイソックスを着用することに関しては、大きなマナー違反とは言えないでしょう。ですが、そこはやり自己判断ではなく、実際に履いて行く前に着用可能かどうかを確認してみたほうが良いかと思います。

黒ストッキングはNGなどのオフィスファッションやマナー

会社に行く際はストッキングを着用するのはもちろんのこと、意外と足元も見られているということを意識しておきましょう。制服があるかないかによっても、履いていくべき靴は違ってきます。

通勤時の靴のまま仕事をするのでしたら、サンダルやミュールなどはなるべく避け、つま先とかかとが隠れているタイプのパンプスがベストです。ヒールは高すぎず、安定感のある3センチほどのものがおすすめです。通勤時にどうしても会社に不向きな靴が履きたいのであれば、職場用の靴を用意しておいて履き替えるという方法もあります。

中には、服装や髪型自由、ネイルOKと謳っている会社もありますが、それは職種にもよりところが大きいでしょう。いくら自由とは言え、過度な肌見せは下品と思われる可能性もありますので、自由な中にも節度を持った服装を心がけておいたほうが無難かと思います。

会社での服装は、気を付けないとマナー違反と取られてしまうこともありますので、目立ち過ぎず周囲に好感を与えられる程度に留めて置くのが良さそうですね。