NO IMAGE

高校生の履歴書の書き方!バイトの志望理由を書くコツと心構え

高校生になり、バイトをしてお金を稼ごうと思っている人もいるのではないでしょうか。
バイトの面接を受けるときは、履歴書を書く必要があります。この履歴書の志望理由には一体どんなことを書けばいいのか、知識がなければ迷うことがあります。

ここでは、高校生がバイトの面接を受けるとき志望理由の考え方や書き方についてお伝えします。どんな書き方をすれば良いのかを知って、面接に挑みましょう。

また、仕事をする時の心構えについてもお伝えします。こちらも併せてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カフェのアルバイトは志望動機で決まる!好印象を与えるポイント

カフェのアルバイトに応募するときに志望動機で悩むことはありませんか?どうしても受かりたいと思...

バイトを高校生がするときの志望動機の書き方やポイント

高校生がバイトを始めるときには、どんなことを志望動機に書けばいいのでしょうか。時給が高い、家...

アルバイトの志望動機として生活費を交えることは全く問題なし!

多くの方が一度はアルバイトを経験したことがあるかと思います。しかし一言にアルバイトと言っても...

バイト面接でよく聞かれる質問と印象を良くするポイント

初めてのバイト面接で、どのような質問をされるのか不安に思っている方は多いと思います。バイトの面接で、...

パートの履歴書の書き方!接客業に応募する時の志望動機

ちょうどよい時間帯のパートは応募者も多くなかなか受かるのが難しいですよね。履歴書の中でも志望動機...

【パートの志望動機の書き方】工場の仕事の志望動機について

履歴書の志望動機を書く時、どんな内容を書いたら良いのか戸惑ってしまいませんか?実は企業にとって志...

バイトの面接を初めて受ける学生のための面接の基本マナー

始めてのバイトのために、面接を受けるのはとても緊張するものです。どんな質問をされるのか、どんな服装で...

No Image

バイトで掛け持ちしている事を面接で上手く伝えるポイント

バイトの掛け持ちをすることは面接で言ったほうがいいのでしょうか。すでにバイトをしていて、他にもバイト...

バイトの面接のやり方!はじめてでも好印象を与えるポイント

バイトの面接のやり方について知りたい高校生は必見です。はじめてバイトの面接でも事前に準備して...

バイトの面接に受かる方法!見た目や態度・ポイントを解説

バイトの面接に落ちてしまうと、がっかりしてとても残念な気持ちになるものです。一度その経験をすると...

職業は会社員?それともパート?職業欄の書き方について

職業欄にはどのように書くのが正解なのでしょうか?会社員、パート、主婦などどう書いたらいいのか、またど...

パートの志望動機が家から近いだけはNG書き方がポイント

パートの志望動機で一番の理由が家から近いの場合は、正直にこの理由を書けばいいのでしょうか。...

パート面接時の服装と面接合格率を上げるための必要事項を紹介

パート面接時の服装はスーツ、もしくは私服がいいのか、疑問に思います。スーツが無難にはなりますが、必ず...

バイトの志望動機の書き方とポイント【飲食店】採用したい人材

飲食店でバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機について悩んでいる人もいるのではないでしょ...

バイトの履歴書の希望職種の書き方、印象の良い書き方について

バイトの応募の連絡をすると一般的には履歴書を郵送するように指示を受けたり、面接時に履歴書を持参す...

スポンサーリンク

バイトをしたい高校生へ!志望理由を考えるときのポイント

高校生になると、学校生活に慣れるとアルバイトをする人も増えていきます。

私も、アルバイトをした経験がありますが、高校生でもお金を稼ぐということは、とても大変なことです。アルバイトをしたいと、思ったら必要になる履歴書。この履歴書を、書くのが大変、面倒という理由でアルバイトを断念した友人もいました。
アルバイトの履歴書も、しっかりコツを掴めば誰でも書くことが出来ます。

高校生が、アルバイトをする時の志望理由についてのポイントを紹介します。

バイトへのやる気を伝える

採用する人は、ある程度の期間仕事をする姿勢があるかを見ています。

そのため、短期間だけ働きたい、好きな日にだけ働きたいという理由では難しいことがほとんど。

アルバイトをすると、自分の生活がどのように変化するのかを、事前に考えてから無理なく働ける時間や日数を伝えましょう。

働ける期間などを伝えた上で、決められた期間は働きたいというやる気を伝えましょう。

興味がある場合は主張を強めに

興味のある仕事である場合は、自分がその仕事に対してこれだけ興味があり挑戦したいという気持ちを伝えましょう。

例えば「前から興味がありました」だけでは、在り来たりな文章になってしまいます。

「以前から、この仕事に興味がありアルバイトをする時はこちらで働こうと決めていました」というほうが、インパクトを強くすることができます。

位置関係も大切

仕事をする場所と自宅、学校の位置関係も重要になります。

高校生のアルバイトをしていい時間は決まっています。

アルバイト先から、自宅までの距離が遠いと短時間しか働けない場合もあるため、働きやすい場所かどうかの位置関係もアルバイト先は気にしています。

高校生がバイトをする時の志望理由の上手な書き方・例文

高校生のアルバイトの志望理由に例文をいくつか紹介します。

稼ぎたいとき

私は、高校を卒業したら進学を考えています。

進学にかかる費用を、少しでも自分で働き貯めたいと思っています。

土日などの休みも利用して、出来るだけ働きたいと思い長い時間働くことができる、こちらのお店を応募しました。

興味があるとき

私は、将来接客の仕事がしたいと考えています。

こちらのお店で、接客されている方々を見て自分もこちらで働き、接客について学びたいと思い応募しました。

好きなお店

こちらのお店は、小さい頃から自分も来ていて、とても美味しくて、毎回家族で来るのを楽しみにしていました。

私も、是非こちらで働きみなさんと一緒に、美味しいものをお客さんに提供したいと思い応募しました。

こんな書き方はNG!バイトの面接で志望理由を書く時の注意点

志望理由にも、書いてはいけないことがあります。

高校生の、アルバイトで書いてはいけない志望理由を紹介します。

嘘をかく

アルバイトをしようと思うと、どうしてもはじめに面接した所で採用されたいと思ってしまう人が多いです。

そうすると、自分を良く見せようと嘘を書いてしまう人もいますがこれはいけません。

採用されても、後々嘘がわかってしまうことで居づらくなってしまうこともあるためです。

学校でアルバイトが出来ない期間や、自宅までの距離など。

本当のことを伝えることが大切です。

自信の無さが伝わるもの

初めてのバイトで、自信がないのはみんなが同じこと。

しかし、その自信の無さが伝わってしまうと採用者側も「大丈夫?」「すぐ辞めそう」とマイナスなイメージとなってしまいます。

はっきりしない理由

アルバイトの志望理由に「何となく」「暇だから」「友達に誘われたから」などの理由では、採用されません。

お金を稼ぐことへの、責任感があるのか、本当に働きたいと思う姿勢が感じられない、はっきりとしない理由は避けましょう。

高校生がバイトをするとき親の許可や学校のルールを守ってバイトをしよう

高校生からアルバイトを始めてもよいとされていますが、ルールを守ってはじめましょう。

例えば、テスト期間は学業を優先するためにバイトが禁止であったり。

お店で取り扱う物が、高校生にふさわしくないという理由で許可されない場所もあります。

バイト先の時給ばかりを中心に考えてしまう高校生も多いですが、許可されている所で気持ちよくバイトができるように、バイト先選びも慎重に進めていきましょう。

親にも働くことに同意してもらいましょう

親としては、働いてくれることで嬉しく感じるかもしれません。

それでも、帰宅時間が遅くなることを心配に思うものです。

親が、反対するなかでアルバイトをするのではなく、家族みんなが応援してくれる状況でアルバイトをはじめてみましょう。

お金を稼ぐことは大変なこと!すぐに辞めるのではなく責任を持って働こう

高校生であっても、アルバイト先に立てば社員の一員となります。「まだ、何しても許してもらえるだろう」という甘い考えでは、後々苦労することもあります。

お金を稼ぐということはあなたが働いたことへお金が支払われているということ

「自分が働いてやっている」という気持ちではなく、お金をもらえるありがたみを感じることが大切です。

また、アルバイトでも体調を崩すなど、よっぽどの理由がないのにすぐに辞めることは、アルバイト先に迷惑となります。

シフト制であれば、急に辞めることで誰かが予定を変更して仕事をしなければいけないことに繋がります。

アルバイトははじめは誰でも緊張をして失敗もするもの

しかし、わからないことは必ず確認していけば、いつか出来るようになります。

また、アルバイトで得た経験は、社会人になってから役立つこともとても多いです。

責任感を忘れずに、アルバイトに挑戦してみましょう。