職業は会社員?それともパート?職業欄の書き方について

職業欄にはどのように書くのが正解なのでしょうか?会社員、パート、主婦などどう書いたらいいのか、またどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

職業欄を書くときには、なぜそれを聞いているのかを考えるといいようです。

書かなくてもいい場合でも主婦とだけ書くより、「パート労働者」と記入しておいたほうが親切と言えるでしょう。職業欄の書き方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バイトの面接を初めて受ける学生のための面接の基本マナー

始めてのバイトのために、面接を受けるのはとても緊張するものです。どんな質問をされるのか、どんな服装で...

パート面接時の服装と面接合格率を上げるための必要事項を紹介

パート面接時の服装はスーツ、もしくは私服がいいのか、疑問に思います。スーツが無難にはなりますが、必ず...

No Image

バイトで掛け持ちしている事を面接で上手く伝えるポイント

バイトの掛け持ちをすることは面接で言ったほうがいいのでしょうか。すでにバイトをしていて、他にもバイト...

パートの志望動機が家から近いだけはNG書き方がポイント

パートの志望動機で一番の理由が家から近いの場合は、正直にこの理由を書けばいいのでしょうか。...

バイトの履歴書の希望職種の書き方、印象の良い書き方について

バイトの応募の連絡をすると一般的には履歴書を郵送するように指示を受けたり、面接時に履歴書を持参す...

バイトの面接のやり方!はじめてでも好印象を与えるポイント

バイトの面接のやり方について知りたい高校生は必見です。はじめてバイトの面接でも事前に準備して...

バイトの面接に受かる方法!見た目や態度・ポイントを解説

バイトの面接に落ちてしまうと、がっかりしてとても残念な気持ちになるものです。一度その経験をすると...

No Image

高校生の履歴書の書き方!バイトの志望理由を書くコツと心構え

高校生になり、バイトをしてお金を稼ごうと思っている人もいるのではないでしょうか。バイトの面接を受...

バイト面接でよく聞かれる質問と印象を良くするポイント

初めてのバイト面接で、どのような質問をされるのか不安に思っている方は多いと思います。バイトの面接で、...

アルバイトの志望動機として生活費を交えることは全く問題なし!

多くの方が一度はアルバイトを経験したことがあるかと思います。しかし一言にアルバイトと言っても...

バイトの志望動機の書き方とポイント【飲食店】採用したい人材

飲食店でバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機について悩んでいる人もいるのではないでしょ...

パートの履歴書の書き方!接客業に応募する時の志望動機

ちょうどよい時間帯のパートは応募者も多くなかなか受かるのが難しいですよね。履歴書の中でも志望動機...

【パートの志望動機の書き方】工場の仕事の志望動機について

履歴書の志望動機を書く時、どんな内容を書いたら良いのか戸惑ってしまいませんか?実は企業にとって志...

バイトを高校生がするときの志望動機の書き方やポイント

高校生がバイトを始めるときには、どんなことを志望動機に書けばいいのでしょうか。時給が高い、家...

カフェのアルバイトは志望動機で決まる!好印象を与えるポイント

カフェのアルバイトに応募するときに志望動機で悩むことはありませんか?どうしても受かりたいと思...

スポンサーリンク

職業欄で会社員かパートかで迷ったときは

主婦の人が働く場合の勤務時間として考えるのであれば、短時間のパート勤務で毎日の出勤ではないシフト制の職場で勤務している場合があります。

その場合に、職業欄に記入する際にはどのように記入すべきなのか迷う方も多いですよね。

しかし、会社員かパートかで記入欄に書く際に迷ったときは、主婦と書いてもOKです。

パート勤務で扶養以上に収入がある場合の記入方法

パート主婦の方でも旦那さんの扶養から、はずれるくらい多くの収入がある方もいますよね。扶養以上に収入がある場合でも、パート勤務と記入しても問題はありません。

記入する時には主婦と書くよりパートと記入したほうが良いのか

主婦で働いているのであれば、職業欄にはパートと記入したほうが社会的な面でも何か優遇なことがあるのではないかと思うことがあります。

特にクレジットカードなどの審査などは、通りやすいメリットがあるのかと考えますよね。
しかし、そんなことはあまり関係はないようです。

職業欄に会社員と主婦の項目があるときの選び方

職業欄に会社員と主婦の項目がある場合には、会社員ではなく主婦の項目に◯をつけましょう。

もし、ご自身がパートであっても◯をつける項目の中に会社員と主婦という項目しかない場合には、会社員ではないのでパートに◯をつけるのが正解です。

パート勤務で職業欄を選ぶ時に◯をつける項目ではなく、記入形式になっている場合

主婦の方で◯をつける項目ではなく、記入形式になっている場合には「パート」と記入してください。

特殊な仕事の場合

パート勤務であっても雇用形態が特殊の場合には、どのような書き方をすればよいのか迷ってしまうかと思います。

例えば、看護師、教職員、学生など

このような場合職業欄の記入方法は、そのまま看護師、教職員、学生と記入するようにしてください。

もし、自分の職業を知られたくない場合などはパート勤務と記入してもかまいません。

会社で事務のパートをしているときの職業欄は会社員?職業欄の書き方

事務職と聞くと会社員のイメージが強いですが、もし雇用形態がパートで契約しているのであれば、正社員でないのであれば、職業欄に記入する場合には、パートと記入するのが正しい書き方になります。

パートでは職業欄に会社員と書くことができない

一般的な書類の職業欄に会社員と記入できるのは、正社員だけと決まっています。

しかし派遣社員や契約社員に関しては「会社員」と記入するのが一般的です。

パートと正社員の雇用期限の違い

パートには雇用期限が決まっていることに対して、正社員の雇用契約書には雇用期間が書いている企業もあれば、書いていない会社があります。また、双方において何も問題がない場合には、そのまま自動更新となります。

なので、簡単に説明すると、仕事をする上で契約が終わることが決まっていない雇用形態が正社員です。

職業でパートかアルバイトか迷ったとき

主婦や学生に限らずフリーターの場合、仕事をしている時間帯が午前や午後や深夜の場合には、「パート」か「アルバイト」どちらを記入すれば良いのか悩んでしまうことがあると思います。

一般的な認識としては、主婦はパート、学生やフリーターはアルバイトで良いと思います。

雇用条件はパートもアルバイトも同じ

雇用条件がパートとアルバイトといい方が違うと、何か違いがあるように感じますが、実は何も変わりがありません。

正社員よりも雇用時間が短い時間で働く人のことを、パートやアルバイトと言う形で雇用しているだけで、雇用条件についてはほぼ同じと考えて良いでしょう。

雇用される会社によって呼び名が違うことが多いようです。

職業欄で会社員なのかパートなのかわからないときにはコレを確認

書類などの職業欄の書き方について説明してきましたが、職業欄で会社員なのかパートなのか迷うことがあると思います。

主婦の方であれば、パートの方の場合主婦でも記入方法には問題はありません。

仕事の職種が特殊である場合には、どうやってその分類を確認すればよいか悩みますよね。その場合には、総務省のホームページで職業分類の一覧表から確認することができますよ。

また、会社員やパートを記入する他にも職種を記入しなければならない場合もありますよね。

その場合にも職業分類の一覧表で、調べることができます。

職業欄を書くときには、なぜそれを聞いているのかを考えることがポイントです。上記で説明したことを今後の記入方法の参考にして、書類等に迷わずに記入できるといいですね。