バイトの履歴書の希望職種の書き方、印象の良い書き方について

バイトの応募の連絡をすると一般的には履歴書を郵送するように指示を受けたり、面接時に履歴書を持参するように促されます。

学生の方は、そこで初めて履歴を書く経験をされる方もいるでしょう。

そこでここでは希望職種の書き方、また希望欄の書き方についてご紹介をいたします。希望欄があるからといって、自分の希望をずらりと並べるのは担当者にとって印象の良いものではありません。ここで書き方の確認をして、履歴書の記入に取り掛かってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パートの履歴書の書き方!接客業に応募する時の志望動機

ちょうどよい時間帯のパートは応募者も多くなかなか受かるのが難しいですよね。履歴書の中でも志望動機...

No Image

高校生の履歴書の書き方!バイトの志望理由を書くコツと心構え

高校生になり、バイトをしてお金を稼ごうと思っている人もいるのではないでしょうか。バイトの面接を受...

パート面接時の服装と面接合格率を上げるための必要事項を紹介

パート面接時の服装はスーツ、もしくは私服がいいのか、疑問に思います。スーツが無難にはなりますが、必ず...

バイトを高校生がするときの志望動機の書き方やポイント

高校生がバイトを始めるときには、どんなことを志望動機に書けばいいのでしょうか。時給が高い、家...

パートの志望動機が家から近いだけはNG書き方がポイント

パートの志望動機で一番の理由が家から近いの場合は、正直にこの理由を書けばいいのでしょうか。...

バイトの面接のやり方!はじめてでも好印象を与えるポイント

バイトの面接のやり方について知りたい高校生は必見です。はじめてバイトの面接でも事前に準備して...

バイトの面接に受かる方法!見た目や態度・ポイントを解説

バイトの面接に落ちてしまうと、がっかりしてとても残念な気持ちになるものです。一度その経験をすると...

【パートの志望動機の書き方】工場の仕事の志望動機について

履歴書の志望動機を書く時、どんな内容を書いたら良いのか戸惑ってしまいませんか?実は企業にとって志...

アルバイトの志望動機として生活費を交えることは全く問題なし!

多くの方が一度はアルバイトを経験したことがあるかと思います。しかし一言にアルバイトと言っても...

No Image

バイトで掛け持ちしている事を面接で上手く伝えるポイント

バイトの掛け持ちをすることは面接で言ったほうがいいのでしょうか。すでにバイトをしていて、他にもバイト...

カフェのアルバイトは志望動機で決まる!好印象を与えるポイント

カフェのアルバイトに応募するときに志望動機で悩むことはありませんか?どうしても受かりたいと思...

バイト面接でよく聞かれる質問と印象を良くするポイント

初めてのバイト面接で、どのような質問をされるのか不安に思っている方は多いと思います。バイトの面接で、...

バイトの志望動機の書き方とポイント【飲食店】採用したい人材

飲食店でバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機について悩んでいる人もいるのではないでしょ...

職業は会社員?それともパート?職業欄の書き方について

職業欄にはどのように書くのが正解なのでしょうか?会社員、パート、主婦などどう書いたらいいのか、またど...

バイトの面接を初めて受ける学生のための面接の基本マナー

始めてのバイトのために、面接を受けるのはとても緊張するものです。どんな質問をされるのか、どんな服装で...

スポンサーリンク

バイトの履歴書の希望職種の書き方について

履歴書の希望職種には「募集している職種」をそのまま書くのが基本です。

バイトの求人票を確認

募集している職種が1つの場合、そのまま履歴書の希望職種蘭に記入します。

例えば、飲食店のバイトで「ホールスタッフ」「キッチンスタッフ」と複数の人材を集めたい目的の求人表であれば、自分が働きたいと思う方を書きます。

「どこの配置でも良い」の意味での空欄にはしないこと

例えば、「ホールでもキッチンでも自分はどちらでも働くことができる」というケースもあるでしょう。

その場合、どちらでも良いが故に「希望職種欄をとりあえず何も書かないでおく」という空欄状態で提出することはやめましょう。

文書上の「空欄」では、本人がたとえやる気満々でも、採用担当には伝わりません。そのため、はっきり書く方が印象は良いものです。

書いた上で志望動機欄に、自分はどの業務でも対応できるという旨を自己PRとして加えておきましょう。

バイトの履歴書、希望職種の書き方の注意点

働き手を募集するお店側にも事情があります。

例えば飲食店で、自分は絶対にキッチンスタッフとしてバイトをしたいけれど、働きたいお店が募集しているのはホールスタッフのみというケースもあるでしょう。この場合、希望しているのがキッチンスタッフなので、履歴書に「キッチンスタッフ」と記入しても採用はされません。

お店も手が足りない部分での働き手を探しているため、その職種で働く事ができる人を求めている事を頭に入れておきましょう。

希望職種欄に自分の意見を記載しないこと

希望職種欄に「これはできるけれど、これはできない」といった事を記載するのは書類選考の時点で採用候補から外されてしまう可能性が高いです。

例えば「希望職種:キッチンスタッフ レジ不可」など、自分から条件を指定するような内容は書いてはいけません。

この記載一つで、「この人は融通が利かなそうな人だ」「自分の我が強すぎる人は、他の人とトラブルになるかもしれない」など、印象一つで想像が先走りしてしまう可能性もあるのです。

バイトの履歴書が希望職種欄ではなく、希望欄と書かれていた場合

履歴書の形式によっては希望「職種」ではなく「希望欄」に設定されているタイプもあります。

履歴書の希望欄に書くのは「職種・シフト・勤務地・通勤手段」の4つ

まずは希望職種をはっきりと書きましょう。

シフトは曖昧に書かずに、自分が確実に時間を空ける事ができる曜日と時間を明確に記載します。

例 平日16時から19時まで勤務可能
土日 9時から15時まで勤務可能

または

「月・火・木」勤務可能
日曜日は隔週で勤務可能

採用担当者が見てもわかりやすい事、、求めている時間帯や曜日に対応しているかどうかが大切なポイントなります。

その他、勤務地が複数ある場合には自分に都合の良い場所を指定すること、駐車場が必要になる車やバイクでの通勤の場合などは事前に履歴書に明記しておきましょう。

希望はすべて書くべき?バイトの履歴書の希望欄に書かないほうが良い内容

履歴書の希望欄に、正直に自分の希望(意見)を述べるのは危険です。

履歴書の希望欄は本人の本質が見える部分でもある

書き方一つで印象を悪くしてしまう可能性があるのが「本人希望欄」です。

印象が悪くなりがちなのが「お金に関すること」です。

例えば時給や通勤手当についての希望です。

  • 時給最低〇〇円以上希望
  • 試用期間後は〇〇円の時給希望
  • 通勤手当〇〇円希望

こういったお金に関する待遇の条件を相手から突きつけられることで、採用担当者からは敬遠されてしまう可能性が高いでしょう。

また、何か気になる事があるとしても、この希望欄には書くべきではありません。その場合は、面接時に「何か質問はありますか」と聞かれる事もあるので、その時に直接聞くようにしましょう。

写真にも注意!担当者に良い印象を与える履歴書

履歴書の写真の印象は非常に重要です。まだ会ったことのない採用担当者は、この写真を見て大体の目星を付ける事もあるからです。

履歴書の写真の注意点

履歴書の写真を見やすいようにキレイに撮ることで、気遣いができる人だという印象を与える事もできます。

あまりにもボロボロだったり、写真うつりが悪いものを貼っている場合。

  • だらしない人なんだな
  • 気にならない人なんだな
  • どうでもよいのかな

と小さな写真1枚でマイナスなイメージを与えることにも繋がります。また、数年前に撮影した写真を使い回すのもやめましょう。

好印象な写真のコツ

  • 写真はサイズを守ること
  • 明るい表情で撮ること
  • 身だしなみを整えてとること
自分の印象は、自分を客観的な視点で観察することが大切です。また、一度写真を自分以外の家族や友人に見てもらい、どのような印象を受けるのかを聞いてみると良いでしょう。