バイトの面接に受かる方法!見た目や態度・ポイントを解説

バイトの面接に落ちてしまうと、がっかりしてとても残念な気持ちになるものです。一度その経験をすると、もう絶対に落ちたくない!と考えますよね。

ここでは、バイトの面接に受かる方法についてお伝えします。どのようなことに気をつけて面接に挑めば良いのかを知って、面接を自分に有利に進めましょう。

また、面接以外でも気をつけたいポイントについてもご紹介します。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

高校生の履歴書の書き方!バイトの志望理由を書くコツと心構え

高校生になり、バイトをしてお金を稼ごうと思っている人もいるのではないでしょうか。バイトの面接を受...

パートの志望動機が家から近いだけはNG書き方がポイント

パートの志望動機で一番の理由が家から近いの場合は、正直にこの理由を書けばいいのでしょうか。...

バイトの面接のやり方!はじめてでも好印象を与えるポイント

バイトの面接のやり方について知りたい高校生は必見です。はじめてバイトの面接でも事前に準備して...

バイトを高校生がするときの志望動機の書き方やポイント

高校生がバイトを始めるときには、どんなことを志望動機に書けばいいのでしょうか。時給が高い、家...

【パートの志望動機の書き方】工場の仕事の志望動機について

履歴書の志望動機を書く時、どんな内容を書いたら良いのか戸惑ってしまいませんか?実は企業にとって志...

バイト面接でよく聞かれる質問と印象を良くするポイント

初めてのバイト面接で、どのような質問をされるのか不安に思っている方は多いと思います。バイトの面接で、...

No Image

バイトで掛け持ちしている事を面接で上手く伝えるポイント

バイトの掛け持ちをすることは面接で言ったほうがいいのでしょうか。すでにバイトをしていて、他にもバイト...

職業は会社員?それともパート?職業欄の書き方について

職業欄にはどのように書くのが正解なのでしょうか?会社員、パート、主婦などどう書いたらいいのか、またど...

バイトの履歴書の希望職種の書き方、印象の良い書き方について

バイトの応募の連絡をすると一般的には履歴書を郵送するように指示を受けたり、面接時に履歴書を持参す...

バイトの志望動機の書き方とポイント【飲食店】採用したい人材

飲食店でバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機について悩んでいる人もいるのではないでしょ...

パートの履歴書の書き方!接客業に応募する時の志望動機

ちょうどよい時間帯のパートは応募者も多くなかなか受かるのが難しいですよね。履歴書の中でも志望動機...

アルバイトの志望動機として生活費を交えることは全く問題なし!

多くの方が一度はアルバイトを経験したことがあるかと思います。しかし一言にアルバイトと言っても...

バイトの面接を初めて受ける学生のための面接の基本マナー

始めてのバイトのために、面接を受けるのはとても緊張するものです。どんな質問をされるのか、どんな服装で...

カフェのアルバイトは志望動機で決まる!好印象を与えるポイント

カフェのアルバイトに応募するときに志望動機で悩むことはありませんか?どうしても受かりたいと思...

パート面接時の服装と面接合格率を上げるための必要事項を紹介

パート面接時の服装はスーツ、もしくは私服がいいのか、疑問に思います。スーツが無難にはなりますが、必ず...

スポンサーリンク

バイトの面接に受かる方法・見た目の印象はとても大切

何度も面接を受けているのに、なぜか落とされてしまってなかなか受かることが出来ない

服装の見直し

どうにかして次のバイトでは受かりたい!と思うでしょう。まずは、バイトの面接に受かるために、身だしなみを整えましょう。

高校生でない場合は、私服かスーツを着る事が多いと思います。私服の場合は、アパレルなどファッション系でないかぎり華美になりすぎないように注意しましょう。基本的にはシャツとパンツで挑むのが良いですが、スカートを履きたい場合は間違えても短いものを履かないように注意します。

髪型は希望している職場に適しているか

もし髪を染めている場合は、そのお店ではOKなのか、しっかり確認する必要があります。

実際にお店に行くことができれば一度行ってみると良いです。店員さんが黒髪ばかりであれば、茶髪だと印象が悪くなってしまう可能性が高いです。逆に茶色の方も居るようでしたら、髪色に対してあまり厳しくない可能性があります。

しかし、極端ですが金髪で働いている人が居るからといって、自分も最初から面接で金髪で行ってはいけません。あくまで「常識の範囲内」の髪色で面接を受けましょう。

受かる方法は流れを知ることから!バイトの面接の流れについて

身だしなみを整えたら、いざ本番の面接です。

面接会場には15分前に到着しておくと安心

もちろん遅刻や時間ピッタリ到着は厳禁です。

会場に到着したら「本日面接を受けに来た〇〇です。」と自分の名前を名乗りましょう。

すると面接する部屋まで案内してくれます。部屋に行くまでの際に従業員の方とすれ違った場合はきちんと挨拶しましょう。

  1. 面接部屋に到着したら、提出する履歴書や、筆記用具などを出しておき、かばんは机の上ではなく椅子の横に置いておきましょう。
  2. 面接官が到着したら一度立ち上がり「〇〇と申します」と自分の名前を名乗って「本日はよろしくおねがいします」と挨拶しましょう。
  3. そして質問の受け答えを交わします。
  4. 以上で本日の面接は終了ですといった終わりの合図を受け取ったら「本日はお忙しい中ありがとうございました」と挨拶をして退出します。

もちろんすべての面接がこの流れにあてはまるわけではありません。書いてないことがあったとしても臨機応変に対応する心構えが必要です。

面接に受かる方法・受け答えや面接時の態度に気をつけよう

面接に何度も落ちてしまう人が居る一方で楽々と受かってしまう人も居るのも事実。
どうやら受かりやすい人には特徴があるようです。

挨拶が出来る

どんな職種であれ挨拶がきちんと出来ない人は論外です。

しかし、ただ挨拶をすれば良いという訳ではありません。「失礼しま~す」と言う人と「失礼します」と言う人。面接官はどちらを採用すると思いますか?間違いなく後者です。

相手の顔を見てハキハキと伝えることが大切なのです。

シフトの融通が利く

シフトがこの時間までしか絶対に入れませんという人は、どんなに性格が良くても採用するか悩んでしまうでしょう。

緊急で人が欲しいと思っている場合は特に、シフトがたくさん入れる人を積極的に採用します。

自分が希望するシフトが固定されていた場合、一度見直してみる必要があるでしょう。

バイトに受かる方法は面接以外にもポイントがある

バイトに受かる方法は、面接だけだと思っていないでしょうか?実は面接以外でも見られている項目があるのです。

履歴書

履歴書の記入が甘かったり、誤字や脱字が多かった場合は、面接を真剣に受けに来ていないんだなと取られてしまいますので、しっかりと書き込み間違いがないか確認する作業も怠ってはいけません。また、履歴書の写真が貼っていなかったり、撮りに行くのが面倒でプリクラを貼ったり…。面接をする前から落とすことを確定されてしまう可能性があるので絶対にやめましょう。

メールや電話の対応

面接を取り付けるために、電話やメールをすることがあるでしょう。聞き取りにくい話し方担ってしまったり、ボソボソと話してしまわないように注意します。もちろん、電話もメールも敬語で対応します。また、時間帯にも注意が必要で、忙しそうな時間帯は避けるようにしましょう。

これは印象がダウン!バイトの面接で聞いてはNGな質問

面接の最期で質問はありませんかと聞かれる事がありますが、ここで聞いてはいけない地雷の質問があるので、うっかり聞いてしまわないように注意です。

人間関係は良いですか?

聞いても良さそうに思える質問ですが、この質問をされた面接官は「この人は人間関係が悪くなったり嫌な人がいたらすぐに辞めるタイプだな」と思われてしまうのでNG。

時給を上げることは出来ますか?

場所やお店の雰囲気が良くて決めたけど、時給には納得できていない場合、ついつい聞いてしまいそうな質問ですが、時給の話はタブー。いつ時給が上がるのか、金額はどれくらいなのかという時給に対して具体的なツッコミを入れるのもおすすめしません。

面接になかなか受かることが出来ない人には、なにかしらの要因や原因があります。
改善できるところはすぐにでも変える努力をしましょう。
自分の気持ちを変えることが出来ない場合は、自分の希望と店の希望が合致するような場所を見つけることが必要です。