パートの履歴書の書き方!接客業に応募する時の志望動機

ちょうどよい時間帯のパートは応募者も多くなかなか受かるのが難しいですよね。
履歴書の中でも志望動機や自己PRは書類選考を通過する上で重要な項目の一つです。
採用担当者に「この人に会ってみたい」「一緒に働いてみたい」と思わせるような内容にすることが、採用への一歩です。
ここでは接客業に応募する時の志望動機の書き方についてまとめました。
パート未経験者と経験者に分けてご紹介します。
また、主婦だからこそ盛り込みたい志望動機についてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バイト面接でよく聞かれる質問と印象を良くするポイント

初めてのバイト面接で、どのような質問をされるのか不安に思っている方は多いと思います。バイトの面接で、...

バイトの面接のやり方!はじめてでも好印象を与えるポイント

バイトの面接のやり方について知りたい高校生は必見です。はじめてバイトの面接でも事前に準備して...

バイトを高校生がするときの志望動機の書き方やポイント

高校生がバイトを始めるときには、どんなことを志望動機に書けばいいのでしょうか。時給が高い、家...

パートの志望動機が家から近いだけはNG書き方がポイント

パートの志望動機で一番の理由が家から近いの場合は、正直にこの理由を書けばいいのでしょうか。...

パート面接時の服装と面接合格率を上げるための必要事項を紹介

パート面接時の服装はスーツ、もしくは私服がいいのか、疑問に思います。スーツが無難にはなりますが、必ず...

【パートの志望動機の書き方】工場の仕事の志望動機について

履歴書の志望動機を書く時、どんな内容を書いたら良いのか戸惑ってしまいませんか?実は企業にとって志...

バイトの履歴書の希望職種の書き方、印象の良い書き方について

バイトの応募の連絡をすると一般的には履歴書を郵送するように指示を受けたり、面接時に履歴書を持参す...

No Image

高校生の履歴書の書き方!バイトの志望理由を書くコツと心構え

高校生になり、バイトをしてお金を稼ごうと思っている人もいるのではないでしょうか。バイトの面接を受...

職業は会社員?それともパート?職業欄の書き方について

職業欄にはどのように書くのが正解なのでしょうか?会社員、パート、主婦などどう書いたらいいのか、またど...

バイトの面接を初めて受ける学生のための面接の基本マナー

始めてのバイトのために、面接を受けるのはとても緊張するものです。どんな質問をされるのか、どんな服装で...

バイトの志望動機の書き方とポイント【飲食店】採用したい人材

飲食店でバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機について悩んでいる人もいるのではないでしょ...

バイトの面接に受かる方法!見た目や態度・ポイントを解説

バイトの面接に落ちてしまうと、がっかりしてとても残念な気持ちになるものです。一度その経験をすると...

No Image

バイトで掛け持ちしている事を面接で上手く伝えるポイント

バイトの掛け持ちをすることは面接で言ったほうがいいのでしょうか。すでにバイトをしていて、他にもバイト...

アルバイトの志望動機として生活費を交えることは全く問題なし!

多くの方が一度はアルバイトを経験したことがあるかと思います。しかし一言にアルバイトと言っても...

カフェのアルバイトは志望動機で決まる!好印象を与えるポイント

カフェのアルバイトに応募するときに志望動機で悩むことはありませんか?どうしても受かりたいと思...

スポンサーリンク

接客業に応募する時の志望動機の書き方について

履歴書で肝心な部分といえば、志望動機です。

ここにどうしてその会社を受けたいと思ったのかという、あなたの熱意を表明することができるので、志望動機を記入する欄は、あなたに企業が興味を持ってもらう大事な部分と言えるでしょう。

履歴書に必ずある志望動機欄。
ぜひここをうまく活用して、採用の嬉しい知らせを聞きたいものです。

接客業は、お客様が何を求めているかを瞬時に察知し、より良いサービスを提供する職種です。
人とコミュニケーションを取るのが好きな人、様々な状況に臨機応変に対応できる人、またお客様の話をしっかりきくことができる傾聴する能力が高い人が向いていると考えられます。
接客業に応募する時の志望動機のポイントは、これらの能力、資質が自分にはあること、その能力を生かして会社に貢献したい、といった熱意を書くと良いでしょう。

書き方は、結論から先に書くと簡潔で読みやすいのでおすすめです。
そして必ず、なぜその会社を選んだのかも書き加えましょう。
その時、受けたい会社のプラスの印象も書いておくと好感を持たれます。

未経験の人にこそおすすめな接客業に応募する履歴書に書く志望動機

接客業は、実に様々なことを学ぶことができる職種です。

お客様の立場になってものを考えなくては、お客様が何を求めているのかわからないので、相手の立場になってものを考えることができるようになります。

数あるお店のなかから、自分の店を選んでいただいてありがとう、という謙虚な姿勢も生まれます。
また接客するにあたり必要になる接客マナーは、立つ姿勢から笑顔、目線、声の出し方やお辞儀の仕方など、たとえその職場を去ることになってもその後役に立つスキルが身につきます。

接客業に就業することによって、身につくのは接客スキルだけではありません。

お客様から「ありがとう」と言ってもらえる、やりがいも得ることができます。
やはり人から感謝されるのは嬉しいもの。

人の役に立ちたい、人の喜ぶ顔が見たい、というのも立派な志望動機です。

そういったおもてなしの心がある人は、未経験でもそこを書くと採用担当者の目にとまる確率が高くなることでしょう。

お客様に感謝されるためには、コミュニケーションスキルも必要になってきます。
コミュニケーションに自信がある人は、志望動機にその自信も書くようにしましょう。

経験者におすすめの接客業に応募する履歴書に書く志望動機

接客業の経験がある人が接客業に応募する場合は、自分のこれまでの経験が即戦力になる事を書きましょう。

これまでの経験から学ぶことのできたスキル、そのスキルをこちらの会社ではこのように生かしていきたい、と具体的に志望動機を書きましょう。

採用担当者は、経験者にはやはり即戦力となるかどうかにウェイトを置いて人選しています。
異業種でもパートなどの経験があるなら、その経験を生かして即戦力になれることを積極的にアピールしましょう。

志望動機は、過去の経験を具体的なエピソードにまで及んで書くと良いです。
たとえば単にリーダーシップがあります、と記入するよりも、前職では〇〇というプロジェクトを任されプロジェクトリーダーとしてチームをまとめました、といったように具体的に記入する方が、印象深いのでおすすめです。

主婦だからこそポイントとなる履歴書の志望動機

主婦の人が応募する場合、採用担当者が気にしているところは長く続けることができるかということです。

このことを意識して志望動機を書いていきましょう。

自宅から近いので通いやすくて通勤時間がかからない、募集している勤務時間が希望にぴったり合うので支障なく勤務できる、といった理由もおすすめですが、やはりどうしてそこの会社で働きたいと思ったかということも書いた方が良いでしょう。

これまでは事務仕事をしていた人も、今までの経験が即戦力になり得ることをアピールしましょう。
接客業ではその時に培った強調性を生かして頑張りたいとか、緻密な業務も正確にできるとか、時間に正確だとか字がきれいとか、プラスな印象をもってもらえることはたくさんあると思います。

また主婦の人ですと家族構成を聞かれる場合もあります。
小さな子どもがいる場合、預け先も確保している、という事も先に採用担当者に伝えておくと良いでしょう。

接客業に応募する履歴書で志望動機と混同しやすい自己PRについて

志望動機を考えているうちに、何だか自己PRのようになってしまった、というようなことはよくあることかと思います。

志望動機と自己PR、この2つの違いは、理由と強みの違いです。

志望動機はその会社を希望した理由と、その会社にもし入ることができたら成し遂げたいことです。

自己PRは自分の持つ強みや、これまでの経験のなかからアピールしたいことになります。
志望動機も自己PRを記入する欄も、空白が多いのはあまり良くありません。
時間に正確だとか、字がきれいだとか、長所はたくさん書いておきましょう。

また主婦の人でも、趣味は料理だとしたら、家族のためにいつもおいしい料理をつくっていることなども立派なアピール文になります。

家族の喜ぶ顔が見たい、人に喜んでもらうのが好き、という接客業に必要なおもてなしの心がある人物として好感を持ってもらえるでしょう。