カフェのアルバイトは志望動機で決まる!好印象を与えるポイント

カフェのアルバイトに応募するときに志望動機で悩むことはありませんか?
どうしても受かりたいと思うと余計にどんな志望動機にしたらいいのか考えてしまいます。

そこで、カフェのアルバイト向けの好印象を与える志望動機のポイントについてお伝えしていきましょう。

志望動機ではあなたの働きたい熱意や理由の他にもアピールできることがあります。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アルバイトの志望動機として生活費を交えることは全く問題なし!

多くの方が一度はアルバイトを経験したことがあるかと思います。しかし一言にアルバイトと言っても...

パートの履歴書の書き方!接客業に応募する時の志望動機

ちょうどよい時間帯のパートは応募者も多くなかなか受かるのが難しいですよね。履歴書の中でも志望動機...

No Image

高校生の履歴書の書き方!バイトの志望理由を書くコツと心構え

高校生になり、バイトをしてお金を稼ごうと思っている人もいるのではないでしょうか。バイトの面接を受...

バイト面接でよく聞かれる質問と印象を良くするポイント

初めてのバイト面接で、どのような質問をされるのか不安に思っている方は多いと思います。バイトの面接で、...

No Image

バイトで掛け持ちしている事を面接で上手く伝えるポイント

バイトの掛け持ちをすることは面接で言ったほうがいいのでしょうか。すでにバイトをしていて、他にもバイト...

バイトの面接を初めて受ける学生のための面接の基本マナー

始めてのバイトのために、面接を受けるのはとても緊張するものです。どんな質問をされるのか、どんな服装で...

職業は会社員?それともパート?職業欄の書き方について

職業欄にはどのように書くのが正解なのでしょうか?会社員、パート、主婦などどう書いたらいいのか、またど...

バイトの履歴書の希望職種の書き方、印象の良い書き方について

バイトの応募の連絡をすると一般的には履歴書を郵送するように指示を受けたり、面接時に履歴書を持参す...

バイトの面接に受かる方法!見た目や態度・ポイントを解説

バイトの面接に落ちてしまうと、がっかりしてとても残念な気持ちになるものです。一度その経験をすると...

バイトを高校生がするときの志望動機の書き方やポイント

高校生がバイトを始めるときには、どんなことを志望動機に書けばいいのでしょうか。時給が高い、家...

パートの志望動機が家から近いだけはNG書き方がポイント

パートの志望動機で一番の理由が家から近いの場合は、正直にこの理由を書けばいいのでしょうか。...

バイトの面接のやり方!はじめてでも好印象を与えるポイント

バイトの面接のやり方について知りたい高校生は必見です。はじめてバイトの面接でも事前に準備して...

バイトの志望動機の書き方とポイント【飲食店】採用したい人材

飲食店でバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機について悩んでいる人もいるのではないでしょ...

【パートの志望動機の書き方】工場の仕事の志望動機について

履歴書の志望動機を書く時、どんな内容を書いたら良いのか戸惑ってしまいませんか?実は企業にとって志...

パート面接時の服装と面接合格率を上げるための必要事項を紹介

パート面接時の服装はスーツ、もしくは私服がいいのか、疑問に思います。スーツが無難にはなりますが、必ず...

スポンサーリンク

カフェのアルバイトをしたいなら選ばれる志望動機を考えること

志望動機で何を伝えたいのか、ポイントを絞って書きましょう。

志望動機欄の印象は重要

カフェの採用担当者は、まずはアルバイトに応募してきた人の求人票の書面の写真や内容から第一印象を得ます。

その限られた書面の中で、志望動機はアルバイト応募者の熱意が一番感じられる部分になる事は間違いないので、できない事をできると書いたり、大げさに自分を表現しないように注意しましょう。

志望動機の内容に注意

例えば、自分は真面目でルールを遵守するタイプだと自己アピールした内容に対して、実際には面接時間ギリギリに駆け込むように到着した場合は、どうでしょう。また、「明るハキハキとした性格」であると志望動機に書いてあるのに、面接では声が小さく覇気がない、といった場合。

このように志望動機と実際の行動が伴っていない場合は、履歴書自体の信用度もなくなります。

志望動機を書く上では本人の行いや雰囲気と内容をしっかりとリンクさせることが大切です。

「志望動機を読んで好感触だったけれど、面接で本人に会ったらもっと良かった」と思ってもらえるような志望動機を考えましょう。

カフェのアルバイトの志望動機ではとにかく熱意を伝えることがポイント

カフェの採用担当者はアルバイトに応募してきた人の履歴書を見て、なぜ自分のカフェで働きたいと思ってくれたのかが気になるところだと思います。

そのため、志望動機にカフェだからこそできるという内容を盛り込む必要があります。

次の志望動機はあまりおすすめできません。
  • 家から近く通いやすい
  • 時給が希望通りだった
  • 雰囲気が好き
  • シフトが自分の都合に合っている

例えばこのような志望動機ですと、正直で本心なところはではありますが、採用する側としては良い気持ちはしません。

志望動機で「接客業が好き」だとPRする

もしすでに接客業を経験しているのであれば、その経験から得たことを全面に出して書いてみましょう。

まだ、未経験だけれど興味があり接客業をしてみたいという場合には、過去にカフェを訪れて嬉しかったことや、憧れている部分などを例に上げ、自分もやってみたい、できるようになりたいという事を中心にして、志望動機を書くと良いでしょう。

カフェのアルバイトとして即戦力になれることを志望動機でアピール

採用する基準はそのお店それぞれですが、「どんな人に働いて欲しいのか」という点に関しては、カフェに限らず共通している部分があると思います。

即戦力になるアルバイトが欲しい

ある程度の教育は、もちろんお店側も覚悟しています。ですが、やはりすぐに一人でも任せられるようになってほしいのが本音です。

全くの未経験よりも経験者の方が新しい仕事の飲み込みも早く、接客業の基礎知識もある、未経験の人と競った場合に選ばれる可能性は高いです。

そのため、カフェではない場所(販売など)での経験であっても、接客業の仕事をしたことがある場合には、その点を惜しみなくアピールして良いです。「接客業の経験値」そのものが、最強の武器となるのです。

より良い志望動機を考えるためには何度も通いましょう

普段から行くことのあるカフェであれば問題ないですが、行ったことも見たこともないないカフェにアルバイトの応募をする時には、面接前に一度お客として行くことをおすすめします。

志望動機を書く前に一度は行くこと

そうすることで、お店の雰囲気やメニュー、味などの良い部分も感じる事ができて、志望動機にも活かせます。

また、面接時に

「うちのお店に来たことはありますか?」

と感想を聞かれる場合もあります。その時に

「ありません。」

と答える事になると、

「この人は来たこともないのに応募してきたのか・・・?」

という残念なイメージや受け取り方をされかねません。

どうしても都合がつかず、行けない場合はお店のホームページや口コミ、写真などをスマホで検索し、しっかり頭に入れておきましょう。

一番良いのは一度自分の目で見て確かること。そうすることで説得力も増します。カフェで働きたい理由を具体的に志望動機に盛り込みましょう。

カフェのアルバイトの経験を通した将来の夢や目標を伝えることも大事

志望動機に盛り込みたい「接客業が好き」だということ、「即戦力になれる」ということ、もう一つ盛り込みたいことは「カフェのアルバイトで得た経験をどう活かしたいのか」という点です。

カフェでアルバイトをする目標を盛り込む

あなたはカフェで採用されたら、一生そのまま働き続けますか?

バイト先のカフェが好きで、役に立ちたい、ずっと働き続けたいと思っているのであれば、「大学卒業後も働き続けたい」と伝えても良いと思います。

また仮に、将来自分でカフェを開いてみたいと思っている、将来接客業の仕事や料理の道へ進みたいと思っているため勉強したいなど、現在学生であるあなたがどのような目的ででそのカフェで働きたいと思っているのかを、しっかりと伝える事はとても大切な事です。

バイトしてみたいと思う気持ちの中に、志望動機になる理由は必ずあります。