NO IMAGE

面接の自己紹介【転職編】好印象を与える答え方のポイントを紹介

転職活動の面接では自己紹介を聞かれることがよくあります。
面接で後悔しないためにも事前に自己紹介の答え方について考えておくことも大切です。

そこで、転職を成功させるための面接で好印象を与える自己紹介の答え方やポイントについてお伝えしていきましょう。

相手に良い第一印象を与えて、一緒に働きたいと思われるように自分をアピールしましょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

転職は自己PRを職務経歴書でアピール!成功に導くポイント

転職の際に企業に自己prするなら職務経歴書も大切です。履歴書に自己prの欄があるからと思われる人...

No Image

異業種から事務職に転職する場合の理由の書き方や話し方について

サービス業についていたのに事務職に転職したいなど、異業種から事務職への転職を考える方もいらっしゃるこ...

総務の仕事への転職・未経験では不利?仕事内容と転職のポイント

総務の仕事に転職しようと考えている人の中には、未経験でも転職ができるものなのか不安を感じている人もい...

自己アピールが苦手!自分のマイナス面を受け入れて克服しよう

就活生で「自己アピールが苦手」という人がいるでしょう。そんな人でも就活を続けるにあたり自己ア...

No Image

新卒で入社後半年だけど転職したい!半年で退社することについて

新卒で入社後半年で転職することについて、様々な意見があります。一昔前はあまり良いイメージはありま...

契約社員に転職すると不利になる?契約前にチェックしたいこと

契約社員に転職するのは不利だ、という話を聞いたことありませんか?希望する会社に正社員の枠がなく、...

子持ちで転職したい女性が成功するために知っておきたいポイント

子持ちだけど転職したいと考える女性は必見です。子供がいるからこそ、子供の成長に応じて働き方を変えたい...

転職に悩む40代女性はスキルを上手に活用すれば大丈夫

40代女性は転職でどのようなことに悩むのでしょうか。20代、30代のように勢いだけで転職はできません...

転職成功の秘訣!やるべきポイントや今からはじめる準備とは

転職で成功するためには秘訣があるなら知っておきたいと思う人もいるでしょう。どうせ転職するなら今の...

転職回数が多い場合の志望動機の書き方とアピール方法

転職回数が多いと、志望動機を聞かれたときに不利になるのでは…と不安になるのではないでしょうか。転...

転職から引っ越しまでの期間をスムーズに進めるためのポイント

転職に伴う引っ越しは準備をする期間が限られています。今の職場から離れた場所に転職したいと考えてい...

スポンサーリンク

転職活動の面接での自己紹介ではこれまでの経験と実績を伝えること

自分のキャリアとか、これからの収入を考えて、転職するという選択は、悪い考えではないと思います。転職するために具体的に行動していますか?別の企業であなたのスキルや経験で利益を出し、吸収した知識を生かして働く。

よりあなたにフィットしている職場を求めることも時には大切

もう、転職したい企業は見つかりましたか?だとすると、今度は実際転職に成功するために、面接を受けなくてはいけません。転職先の面接で、自己紹介をすることになります。初めて就職するのとは違い、転職の自己紹介では、これまでの企業での成績を発表して、相手の企業にあなたを売りにかかりましょう。

面接では、どれだけの利益を生んだのか、数字にして発表する

過去、あなたのスキルや経験で勤務した会社にどれだけの利益を生んだのか、それを数字に表して、自己紹介の時に相手の面接官の方に自己紹介しましょう。

転職の面接ですから、あなたの年齢も考慮して、何か相手の企業に売りになるものがないとあまり好評価は得られないと思います。前社で学んだことも含めて、自己紹介の時にあなたの売りになることを面接官に伝えて下さい。良い自己紹介に仕上がると思います。

転職希望の面接で自己紹介を答えるときは目を見てハキハキと話しましょう

転職の時と言うより、就職活動をする時に大切なのは、笑顔で面接を受けるべきです。暗い表情をしているだけで、面接では、マイナスのイメージになります。転職の面接の時も、笑顔で面接を受けるように心がけて下さい。

面接ではあなたの人柄もチェックする

転職の面接の時、あなたの何を判断するかというと、あなたのこれまでの経験、それにスキル、どんなことができ、それが、あなたが応募している相手の会社のポジションにどんな形で役立つのかを判断します。

あなた自身が相手の会社に合っているかどうかも面接で判断します。

誰も、暗い雰囲気の方とは一緒に働きたいとは思いません。ですので、できるだけ、笑顔で転職先の面接を受けて下さい。

明るくて、元気そうな印象の方が採用はされやすいとは思います。

面接でのあなたの雰囲気も大切です。面接で自己紹介をする時は、あなたらしい明るさをできるだけ表現して、面接官の方にこの人となら気持ちよく一緒に働けるという印象を与えるようにして下さい。

転職したい意思を面接の自己紹介ではアピールする必要がある

あなたのように、転職を希望する方は他にも沢山いると思います。他の応募者の方も勿論、面接を受けます。そんな中、どうやって、転職の面接で他の方と差をつけることができると思いますか?

転職先の企業と共通することを自己紹介で話す

面接も時間が限られています。その中で、どうやって、面接官の注目を浴びる自己紹介にするかが鍵になると思います。

何か、相手の企業とあなたのこれまでの職務経験の中で、共通するものはありませんか?それを話して下さい。共通の話題があると、面接で面接官と話も合うと思います。

顔の向きと自己紹介の長さには注意する

相手の顔を見ながら話すこと、また、自己紹介は長ければ良いという訳ではありません。聞く側にも集中力があります。

面接で聞いている方が、あくびをするような、長すぎる自己紹介にはしないで下さい。

自分の適性を伝えるエピソードを用意しておくこともおすすめ

成功する転職は、面接官にどれだけ印象に残る内容の自己紹介ができるかが大切な点になると思います。面接での自己紹介も、長ければ良いという訳ではありません。もしかしたら、面接で、自己紹介は、3分以内でお願いしますというような、時間の長さの制限もあるかもしれません。

あなたが応募している職種に合ったエピソードを用意する

例えば、あなたが事務職希望で、タイピングがかなり必要としているポジションに応募するとします。そのポジションはかなりスピーディーにパソコンにデータを入力しなくてはいけないので、面接の自己紹介で、あなたが、これまでの企業でパソコンをかなり使う作業をしており、1分間でこれだけ打ち込めましたというエピソードを話すと、面接でのポイントも高くなると思います。

受付であれば、これまで働いた会社で、「笑顔が素敵」と褒められたエピソードが適切だと思います。あなたが転職を考えて応募しているポジションとあなたのこれまでの経歴の中で何か共通点、売りになる点が必ずあるはずです。その点を面接で話して、好印象を得るようにして下さい。

面接前には好印象を与える自己紹介の練習をしておきましょう

面接も練習です。ハローワークでも、実際の面接の前に、練習することを薦められます。転職の際も、不安なら、自己紹介の練習、面接の練習はすべきです。

自己紹介では、やはりあなたの技術面が大切になる

転職ですから、既にあなたには何らかのスキルが既にあるとみなされます。

自己紹介では、あなたが持っているスキルや技術を全面に出して、相手の企業の方にアピールするべきです。

その面接の自己紹介もすぐに上手にこなせる訳ではないと思います。勿論、これまでプレゼンテーションをこなし、面接にもなれているし、面接には自信のある方も大勢いるとは思います。でも、それでも少し練習を重ねてから、転職の面接に臨むべきです。

練習を積み重ねれば、本番でも、緊張することなく、相手が聞きやすいスピードで話すことができます。面接になれている方であれば、小さな声で話すこともないと思います。声の大きさや話すスピードにも気をつけて、相手の企業が魅力を感じる面接にして下さい。

転職先の面接官を納得させることができる自己紹介を発表できれば、、転職も成功しやすくなると思います。