子持ちで転職したい女性が成功するために知っておきたいポイント

子持ちだけど転職したいと考える女性は必見です。子供がいるからこそ、子供の成長に応じて働き方を変えたいと考える女性は少なくありません。

そこで、子持ちで転職をしたい女性のための成功につながる転職先を選ぶポイントなどについてお伝えしていきましょう。

子育て中でも転職で成功している女性はたくさんいます。
ぜひ参考にあなたに合った転職先を見つけてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自己アピールが苦手!自分のマイナス面を受け入れて克服しよう

就活生で「自己アピールが苦手」という人がいるでしょう。そんな人でも就活を続けるにあたり自己ア...

契約社員に転職すると不利になる?契約前にチェックしたいこと

契約社員に転職するのは不利だ、という話を聞いたことありませんか?希望する会社に正社員の枠がなく、...

No Image

新卒で入社後半年だけど転職したい!半年で退社することについて

新卒で入社後半年で転職することについて、様々な意見があります。一昔前はあまり良いイメージはありま...

転職は自己PRを職務経歴書でアピール!成功に導くポイント

転職の際に企業に自己prするなら職務経歴書も大切です。履歴書に自己prの欄があるからと思われる人...

No Image

面接の自己紹介【転職編】好印象を与える答え方のポイントを紹介

転職活動の面接では自己紹介を聞かれることがよくあります。面接で後悔しないためにも事前に自己紹...

転職に悩む40代女性はスキルを上手に活用すれば大丈夫

40代女性は転職でどのようなことに悩むのでしょうか。20代、30代のように勢いだけで転職はできません...

転職成功の秘訣!やるべきポイントや今からはじめる準備とは

転職で成功するためには秘訣があるなら知っておきたいと思う人もいるでしょう。どうせ転職するなら今の...

転職から引っ越しまでの期間をスムーズに進めるためのポイント

転職に伴う引っ越しは準備をする期間が限られています。今の職場から離れた場所に転職したいと考えてい...

No Image

異業種から事務職に転職する場合の理由の書き方や話し方について

サービス業についていたのに事務職に転職したいなど、異業種から事務職への転職を考える方もいらっしゃるこ...

転職回数が多い場合の志望動機の書き方とアピール方法

転職回数が多いと、志望動機を聞かれたときに不利になるのでは…と不安になるのではないでしょうか。転...

総務の仕事への転職・未経験では不利?仕事内容と転職のポイント

総務の仕事に転職しようと考えている人の中には、未経験でも転職ができるものなのか不安を感じている人もい...

スポンサーリンク

子持ちで転職をしたい女性は優先順位を明確にしましょう

子持ちの女性の転職は、子どもが生まれる前とは違い考えるべきこともたくさんあります。
その1つは条件の優先順位についてです。

希望条件の優先順位を曖昧にしない

転職を考えているからには、誰しも希望条件があるはずです。

その希望条件は1つだけではなくいくつもあることがほとんどです。
その条件のなかで、自分が一番優先したいのはどの条件なのかはっきりとさせておきましょう。

子持ちでの転職ならば、子どもの学校行事に参加するために早退や休暇をとることができる、教育資金のためにしっかりと稼ぎたいといったようなものです。
自分がなにを最優先にするのかということをはっきりとさせておかないと、働き出したあとに無理をすることになってしまったり、職場に迷惑をかけることもあるかもしれません。

また、条件の優先順位をつけるということは、下位の条件は叶わなくてもそれほど問題ないということです。

その条件をはぶくことで、より理想の転職先と出会える可能性もあるので転職を決めたら希望条件を決めて書き出し、自分のなかで整理しておくことをおすすめします。

子持ちの女性が転職先を探すときのポイント

では次に、転職先を探すときに注目したほうがいいポイントをご紹介します。

子持ちであるからこそのポイントもあるので、ご確認ください。

転職先の勤務時間や勤務体制について

子どもの熱で休まなければいけなかったり早退することもあります。

どれくらい融通が聞くのかどうかが重要です。

シフト制であるならば、代わりの人を探さなければいけなかったりすることもありますし、正社員であればすぐにお迎えにいけないこともあるでしょう。

実際に私も子どもが小さいときに仕事を探していましたが、子どもが体調をくずしたときの預け先がなかったので融通が聞くことを一番の条件としていました。ですので、転職先を探す時にはどれくらい融通がきくのかを確認しておくといいでしょう。

働いている女性の特徴

転職先で働いている人のなかに子持ちの女性がいるかどうか確認しましょう。

1人や2人ではわかりにくいですが、大勢働いているのであれば、働きやすい環境なんだなと感じることができるはずです。

長く働けると感じる

これは結構大きなポイントです。
せっかく転職するのですから、長く働けると感じた職場にするほうがいいですよね。
雰囲気がよくなかったり、すこし無理をしたら働けるかなといったようであれば他を探してみるのもいいでしょう。

女性が子持ちで転職を成功させるためにはスキルを活かすこと

あなたがスキルや資格をもっているのであれば、それは転職をする際には大きな武器になります。

スキルは転職先の企業にとっても大きな戦力

1日2日で身につくものではないので、それを持っているあなたは企業からも歓迎されるはずです。
同じ業界はもうやめたいというなら話は別ですが、そうではないのであればそれを活かさない手はありません。

同様にこれまでキャリアを積んでいるのでそれも一緒にアピールすることできると尚いいでしょう。

転職先を探す時にはそれらが活かされる会社であることが重要です。

企業によって特色も違うので、スキルがあってもそれを発揮できないという可能性もあります。
決まった仕事をやるのか、自分のこれまでの経験やアイデアを積極的に提案できる環境であるのかなども確認しましょう。

子供がいる女性が必ず聞かれる質問には事前に準備をしておきましょう

企業としては、子どもがいるからこそしっかりと聞いておきたいことがいくつかあります。

聞かれることはどの企業でもだいたい同じようなことなので、面接の前にはきっちりと答えを用意しておきましょう。

子どもの年齢

子どもは年齢によって預け先も違いますし、体の強さも違います。

年齢が上に行くほど、体調を崩す頻度も少なくなりますし企業としては知っておきたい項目です。
就学前の子どもであれば、保育園、幼稚園どちらに通っているのかも聞かれる事もあるかもしれません。

子どもが病気の時にはどうするのか

病気になった時には、実家などが近くにあると見てもらうこともできますが、頼れる人がいない場合には休む事になってしまいます。
子どもの年齢と合わせて聞いておくこともあるでしょう。

長く働くつもりはあるのか

あなたが魅力的に感じた場合子育てが一段落したあとも変わらず働き続ける気持ちでいてくれるのかという意思確認です。
育児と仕事が両立しやすいからという理由だけであると子育てが終わったらやめてしまうのではと不安になります。

面接でいい印象を持たれたい、絶対採用されたいという気持ちから、相手にとって都合のいい答えばかりをしないようにしましょう。
もしそれで採用されたとしても、あなた自身も大変ですし、企業側からしても面接の時といっていることが違うとトラブルのもととなってしまいます。

子育て中の女性が活躍している企業を選ぶのもおすすめ

どんな企業に転職しようと迷っているのであれば、実際に子育て中の女性が活躍していることをアピールしている企業に転職するのもおすすめです。

子育て中の女性が活躍している企業は自分が働いている姿が想像しやすい

また、実際にそういった人が働いていることで子どもに関した休みやトラブルが起きた時の体制も整っていることがうかがえます。

実際に、転職先を探す時には求人サイトなどで「子育て中の女性多数」「子育て中の女性も活躍中」といった言葉で書かれていることもあるので見てみましょう。気になる企業があるのであれば、ホームページで確認したり、転職セミナーに参加するなどして情報を得ることも大切です。