転職から引っ越しまでの期間をスムーズに進めるためのポイント

転職に伴う引っ越しは準備をする期間が限られています。
今の職場から離れた場所に転職したいと考えているなら、転職のための内定を勝ち取ってから引っ越し準備に取り掛かることがおすすめです。

そこで、転職に伴う引っ越しをスムーズに行うためのポイントについて、スケジュールを組む際のポイントや流れ、注意点などお伝えしていきましょう。

安心して新たなスタートが切れるようぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

転職成功の秘訣!やるべきポイントや今からはじめる準備とは

転職で成功するためには秘訣があるなら知っておきたいと思う人もいるでしょう。どうせ転職するなら今の...

子持ちで転職したい女性が成功するために知っておきたいポイント

子持ちだけど転職したいと考える女性は必見です。子供がいるからこそ、子供の成長に応じて働き方を変えたい...

転職に悩む40代女性はスキルを上手に活用すれば大丈夫

40代女性は転職でどのようなことに悩むのでしょうか。20代、30代のように勢いだけで転職はできません...

契約社員に転職すると不利になる?契約前にチェックしたいこと

契約社員に転職するのは不利だ、という話を聞いたことありませんか?希望する会社に正社員の枠がなく、...

自己アピールが苦手!自分のマイナス面を受け入れて克服しよう

就活生で「自己アピールが苦手」という人がいるでしょう。そんな人でも就活を続けるにあたり自己ア...

No Image

面接の自己紹介【転職編】好印象を与える答え方のポイントを紹介

転職活動の面接では自己紹介を聞かれることがよくあります。面接で後悔しないためにも事前に自己紹...

No Image

新卒で入社後半年だけど転職したい!半年で退社することについて

新卒で入社後半年で転職することについて、様々な意見があります。一昔前はあまり良いイメージはありま...

転職回数が多い場合の志望動機の書き方とアピール方法

転職回数が多いと、志望動機を聞かれたときに不利になるのでは…と不安になるのではないでしょうか。転...

転職は自己PRを職務経歴書でアピール!成功に導くポイント

転職の際に企業に自己prするなら職務経歴書も大切です。履歴書に自己prの欄があるからと思われる人...

No Image

異業種から事務職に転職する場合の理由の書き方や話し方について

サービス業についていたのに事務職に転職したいなど、異業種から事務職への転職を考える方もいらっしゃるこ...

総務の仕事への転職・未経験では不利?仕事内容と転職のポイント

総務の仕事に転職しようと考えている人の中には、未経験でも転職ができるものなのか不安を感じている人もい...

スポンサーリンク

転職に伴う引っ越しは短期間のスケジュールを組むのがポイント

転職に伴って引っ越しする場合は、逆算してスケジュールを組むのが良いでしょう。

何日までに落ち着いていないといけないのか、何日が出勤日なのかを把握してから引っ越しの準備に取り掛かりましょう。
引っ越しすると住所変更やその他の手続きも必要になります。
その他の準備もあるので引っ越しだけの準備では終わりません。
ほのかの準備も含めてスケジュールに入れておきましょう。

また、引っ越すなら転職先に近い場所に転居したいですから早めに引っ越し先を決めるようにしましょう。
しかし、焦りは禁物です。もしかしたらこれから長く住む場所かもしれません。焦りすぎて自分の好みに合わない場所に決めるような事になっては後悔してしまいます。
焦っていても、まずは自分がどうしても住む場所に必要な条件をリストアップしてそこから絞って決めていくようにしましょう。
転居先を決めて、引っ越しの準備を始め、運送業者と連絡を取り、ライフラインの手続きをしてとまずはやらなくてはならない事を把握してどのくらいの準備の日数がかかりそうか考えスケジュールを立てていく事が大事です。

転職活動にかかる期間を目安に引っ越し準備をしていきましょう

転職活動は、転職を決意してから転職先を探したり準備して、次に応募してから面接し、その後内定をもらって入社という順番で進んでいきます。
その間掛かる期間というのもが、転職準備に2週間程度。応募してから面接の連絡が来て面接を行うまでで大体1か月から2か月程度。その後内定の連絡がきて入社までの期間が大体1か月から3か月程度です。
長く見積もれば5か月半ほどですが、最短で2か月半ほどで決まってしまう場合もあります。
更に、転職先から内定をもらわないと引っ越しの準備ができません。そう考えると、内定をもらってからの間に手続きや引っ越しの準備をしなくてはならなくなるのです。
すると実質1か月間で大体の作業を終えなくてはならなくなります。

しかし、決まってからすべて動き出すのはでは遅すぎます。

転居先は大体の目星をつけて置き、ネットなどでチェックしておきましょう。

何か所か候補を絞っておき、内定を貰ったらすぐに物件チェックを始めるようにするのです。
また、引っ越しも、使用しないものから少しずつ片付けて置きましょう。

不要なのもは早めに処分し始めて、すぐに使わないものから段ボールに詰めていきましょう。
後で探したりしないように本当に使用しないものだけを詰めるようにしないと折角綺麗に詰めたのにまた仕舞い直しという無意味な事になってしまいます。

転職の内定が決まってから引っ越しをする期間の流れ

内定が決まり、入社日が伝えられると引っ越しの日にちも決める事ができます。

引っ越しは早ければ早いほど新しい生活の準備がしやすいです。最低でも入社の一週間前には引っ越しが終わっている状態にしましょう。
引っ越しが終わっても今度は段ボールから生活用品を出したりする作業が残っています。
片付けが終わっていない状態で新生活を始めるのは新しい職場で覚える事も多いですし、気持ちも落ち着きませんからお勧めしません。
時間に余裕をもって行動するのが理想的です。

また、引っ越しにもシーズンがあります。3月と9月は転勤の時期でもあります。引っ越し屋さんは予約でいっぱいでお願いできない可能性があります。
時期がかぶるようなら事前に予約だけしておく必要も出てきます。

内定から入社までの間には、引っ越し屋さんの予約の他に、ライフラインの手続きもあります。転居先のライフラインの開通の他、住んでいた住居の停止の手続きなども必要になります。
一番見落としがちなのがインターネットの手続きです。Wi-Fiなど繋いでいる場合は転居先に繋ぎ直さなければならないので事前に連絡して業者に来てもらったりする必要がある為、込み合っていると引っ越しの日に間に合わない可能性も出てきます。

ライフラインは引っ越しの日にちが決まったらすぐに連絡をしておく方が良いでしょう。

役所の手続きはほとんどが平日です。
会社に退職の意思を伝えてから退職までの間働くのであればその間は手続きの作業ができないという事になります。
すぐに退職できない職場であれば早めに退職の意思を伝えておく必要があります。

無理なく転職活動と引っ越し準備を進めるための注意点

転職活動は精神的にも大変ですから、引っ越しと同時に進行するとどちらにも集中できなくなりどちらもはかどらなくなるので効率が悪くなります。

引っ越しは転職活動に目処がついてから行うようにすると集中して取り組む事が出来るので、計画を立てて行うと良いでしょう。

先に転居先を決めてしまってから転職活動を行うという場合は、まずは引っ越しを優先させて生活環境を整えましょう。
住む所が決まり安定すると転職への活力になります。
しかし、退職後に転居先を決めて転職活動をする場合は、収入がない状態から転職先を探す事になります。
転職先が決まらないとドンドン貯金が減っていく事になり、心に余裕が無くなっていきます。焦ると良い転職先が決められない事もあります。心の余裕も考えて行動する必要があります。

どちらにしても両方をいっぺんに行いなわないで、片方づつ行動する方がじっくり行動できるので期間を自分の中で決めてやってみましょう。

スムーズに引っ越しをするためにも転職で必要な流れを理解しましょう

計画を立てると行動する事もしっかりと把握出来る為、一つが待機状態で時間を余している時に他の事を先に行ったりできるようになります。

漠然と用意しているとどれから手を付けたら良いかわからなくなってしまうのです。
時間に限りがありますので、効率的に行動しましょう。
引っ越しの準備だけでしたら時間が空いた時に行う事ができます。

転職先を探している間の時間が余った時などはこまごましたものの整理や、ライフラインの手続きの予習などもしておくとスムーズに行動できるようになりますので、空いた時間を有効活用しましょう。

転職の流れは新しい転職先の総務人事に相談する事によって具体的に進めていく事もできます。
段取りに困ったらまずは連絡を取り、疑問点を解決しながら準備していくと良いですよ。