総務の仕事への転職・未経験では不利?仕事内容と転職のポイント

総務の仕事に転職しようと考えている人の中には、未経験でも転職ができるものなのか不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

特に、今まで全く違った仕事をしていた場合は、面接をしても採用されないのではないかと考えてしまうものです。

ここでは、未経験の人が総務の仕事に転職することについてお伝えします。

未経験ということが不利になるのか、どんな仕事内容でどんな人に向いているのかなどの知識についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、総務の仕事に転職するときのポイントについてもお伝えします。こちらも併せてチェックして、転職活動を成功に導きましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

面接の自己紹介【転職編】好印象を与える答え方のポイントを紹介

転職活動の面接では自己紹介を聞かれることがよくあります。面接で後悔しないためにも事前に自己紹...

子持ちで転職したい女性が成功するために知っておきたいポイント

子持ちだけど転職したいと考える女性は必見です。子供がいるからこそ、子供の成長に応じて働き方を変えたい...

転職から引っ越しまでの期間をスムーズに進めるためのポイント

転職に伴う引っ越しは準備をする期間が限られています。今の職場から離れた場所に転職したいと考えてい...

契約社員に転職すると不利になる?契約前にチェックしたいこと

契約社員に転職するのは不利だ、という話を聞いたことありませんか?希望する会社に正社員の枠がなく、...

転職に悩む40代女性はスキルを上手に活用すれば大丈夫

40代女性は転職でどのようなことに悩むのでしょうか。20代、30代のように勢いだけで転職はできません...

転職は自己PRを職務経歴書でアピール!成功に導くポイント

転職の際に企業に自己prするなら職務経歴書も大切です。履歴書に自己prの欄があるからと思われる人...

No Image

新卒で入社後半年だけど転職したい!半年で退社することについて

新卒で入社後半年で転職することについて、様々な意見があります。一昔前はあまり良いイメージはありま...

転職成功の秘訣!やるべきポイントや今からはじめる準備とは

転職で成功するためには秘訣があるなら知っておきたいと思う人もいるでしょう。どうせ転職するなら今の...

転職回数が多い場合の志望動機の書き方とアピール方法

転職回数が多いと、志望動機を聞かれたときに不利になるのでは…と不安になるのではないでしょうか。転...

No Image

異業種から事務職に転職する場合の理由の書き方や話し方について

サービス業についていたのに事務職に転職したいなど、異業種から事務職への転職を考える方もいらっしゃるこ...

自己アピールが苦手!自分のマイナス面を受け入れて克服しよう

就活生で「自己アピールが苦手」という人がいるでしょう。そんな人でも就活を続けるにあたり自己ア...

スポンサーリンク

総務の仕事は未経験でも出来る?転職を考えたときは

総務の仕事は未経験でも可能

事務経験があれば採用の可能性が高いのは確かですが、経理に比べると総務の場合は、未経験でも採用される可能性があります。

総務というと黙々とデスクワークのイメージがあるかもしれませんが、実は社内の人間とたくさん関わる仕事なので、事務処理能力の他にもコミュニケーション能力が求められます。
そのため例えば前職が接客中心のサービス業だった場合でも、人あたり良く接することができるというのもアピールポイントになりますし、その他にも前職で得た経験やスキルを総務の仕事に活かせるという風に繋げてアピールできれば、総務職への転職は十分可能です。

ただ会社によっては、経理と兼任している場合があり、経理の経験が必須だったり簿記などの資格所持を求められることがあります。応募する際は確認しておきましょう。

未経験者が転職前に知っておきたい知っておきたい総務の仕事内容

多岐にわたる総務の仕事内容

例えばこんなものがあります。

  • 庶務
    備品管理や郵便物受取り、その他雑用のようなこまごまとした業務を任されることもあります。
  • 社会保険・雇用手続き
    社員の入社・退社はもちろん、在籍している間に結婚されたり出産されたりするのでその手続きを行います。
  • 広報、社内行事の運営
    社内新聞作成・配布や、会社全体でのお祭り参加や会社が主催するイベントなどの運営業務や進行を任されたりすることもあります。
  • 規定管理
    定款・規定作成、見直しなどを行い会社全体に周知させる必要もあります。
  • 安全衛生管理
    健康診断関係の手配や委員会運営など。会社内で風邪やウイルスが流行った時の呼びかけも行います。

続いて、以下の業務は場合によっては専門部署が行いますが社員の規模により総務部だけで全て行うこともあります。

  • 秘書(来客・受付・電話応対・お茶出し・役員スケジュール管理)
  • 法務連業務(契約書管理、固定資産管理、登記業務など)
  • 情報システム管理(会社PC、電話、サーバ管理など)
  • 勤怠管理
  • 給与計算(年末調整、交通費管理など)
  • 採用業務

総務の仕事にあると良いスキルと能力について

総務の仕事に求められるスキル

  • コミュニケーション能力
    総務は事務仕事が主でもありますが、社内のたくさんの人間と接しなければなりません。そのため全くコミュニケーションが取れない状態では少し困ります。煩雑な手続きを行わねばならない時もあるので相手の発言内容をよく聞く力も大事です。
  • 事務処理能力
    細かい事務作業が多いのが総務です。社員の入社、退職、結婚や出産時の手続き、給与計算など、ミスがあってはいけないので、事務処理能力も必須となります。社内規定なども度々変わるので把握しておく必要があります。事務作業が苦手という人には向かないでしょう。
  • 問題解決能力
    総務は会社を居心地良い環境にする、皆が働きやすいよう整備するということも求められます。そのため社内の問題に気づき、解決していくことが大事です。会社の運営のことを考えて動けるスキルが必要です。

未経験でも大丈夫?総務に向いている人の特徴

  • 世話焼きな性格の人
    わが道を進むリーダータイプや枠にとらわれず行動する自由なタイプよりは、世話焼きで人をサポートすることが好きな人が総務職に向いているのではないでしょうか。総務職はなんでも屋と思われがちなのか様々なことを頼まれることがあります。それでもしっかりと取り組める人であればばっちり適任でしょう。
  • 裏方業務が好きな人
    総務職は、営業職のように結果が数字に表れたり業績によって年収がアップしたりというようなことは少ないかもしれません。そのためやりがいを求める人には物足りないと感じる可能性があります。しかし総務部があってこそ会社が円滑に運営できます。そういった裏方業務でも構わない、裏方業務こそやりたいという方に向いています。
  • 書類作成に慣れている人
    社内文書や報告書などを作ることが多いので、基本的なパソコンの作業が出来る、ワードやエクセルなどが扱えると良いです。皆が見てわかりやすい、ミスのない文書を作る必要があります。

未経験で総務の仕事に転職したいときのポイント

募集枠は少ない

総務職の求人というのは、全体で見ると少ないです。理由は、新卒から採用することが多いこと、または社内間での異動で賄うことが多いためです。また職場によっては定着しやすく、やめる人が少ないというのもあります。

特に大手企業の総務職の新人は新卒から採ることも多いので、中途で目指す場合はまず派遣や契約社員、もしくは別の部署からスタートすることもあります。総務職の求人が出たら、応募が殺到し早めに終了してしまうことがあるのですぐに応募した方が良いでしょう。

総務職におすすめな資格

総務で働きたいなら、簿記や社会保険労務士、衛星管理者などの資格を取得しておくと、採用の際に有利に働きやすいです。時間があるのならこれらの勉強をすることもおすすめです。ただし資格より経験を重視されるので、少しプラスになる程度として認識しておきましょう。