NO IMAGE

新卒で入社後半年だけど転職したい!半年で退社することについて

新卒で入社後半年で転職することについて、様々な意見があります。
一昔前はあまり良いイメージはありませんでしたが、時代と共に早期離職する若者が増え、またそれをプラスに捉えて第2新卒者を求める企業もあるほどです。

半年で転職するメリットやデメリットがありますが、しっかりとした転職理由を持っていること、半年で転職した際の内定をもらうポイントを抑えていれば、転職成功の道はそう、遠くはありません。

自分の未来をしっかり考えた上で転職活動をしていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

転職成功の秘訣!やるべきポイントや今からはじめる準備とは

転職で成功するためには秘訣があるなら知っておきたいと思う人もいるでしょう。どうせ転職するなら今の...

転職から引っ越しまでの期間をスムーズに進めるためのポイント

転職に伴う引っ越しは準備をする期間が限られています。今の職場から離れた場所に転職したいと考えてい...

子持ちで転職したい女性が成功するために知っておきたいポイント

子持ちだけど転職したいと考える女性は必見です。子供がいるからこそ、子供の成長に応じて働き方を変えたい...

No Image

面接の自己紹介【転職編】好印象を与える答え方のポイントを紹介

転職活動の面接では自己紹介を聞かれることがよくあります。面接で後悔しないためにも事前に自己紹...

No Image

異業種から事務職に転職する場合の理由の書き方や話し方について

サービス業についていたのに事務職に転職したいなど、異業種から事務職への転職を考える方もいらっしゃるこ...

転職に悩む40代女性はスキルを上手に活用すれば大丈夫

40代女性は転職でどのようなことに悩むのでしょうか。20代、30代のように勢いだけで転職はできません...

契約社員に転職すると不利になる?契約前にチェックしたいこと

契約社員に転職するのは不利だ、という話を聞いたことありませんか?希望する会社に正社員の枠がなく、...

転職は自己PRを職務経歴書でアピール!成功に導くポイント

転職の際に企業に自己prするなら職務経歴書も大切です。履歴書に自己prの欄があるからと思われる人...

自己アピールが苦手!自分のマイナス面を受け入れて克服しよう

就活生で「自己アピールが苦手」という人がいるでしょう。そんな人でも就活を続けるにあたり自己ア...

総務の仕事への転職・未経験では不利?仕事内容と転職のポイント

総務の仕事に転職しようと考えている人の中には、未経験でも転職ができるものなのか不安を感じている人もい...

転職回数が多い場合の志望動機の書き方とアピール方法

転職回数が多いと、志望動機を聞かれたときに不利になるのでは…と不安になるのではないでしょうか。転...

スポンサーリンク

新卒で入社後、半年で転職することについて

若い頃は、嫌なことからすぐに逃げ出したくなる年齢かもしれません。新卒の皆さん、入社してまだ半年なのに、もう転職を考えていますか?転職を考えているのですから、何か今いる会社に問題を感じているのかもしれませんね。

入社して半年、少しは仕事のことがわかってきたと思う時期、自分と勤めている会社の相性が合わない、この仕事は自分が一生やるべき仕事ではない、そう判断して、転職することにメリットは実はあります。

若さは武器になる

新卒の良さは、若さです。入社して半年で、自分はこの会社に向いてはいないと判断し、別の会社に転職をする。若いがゆえに転職をすることは可能です。

この年齢の売りは若さです。若い世代の方に早く仕事を覚えてもらい、将来、企業の中心核になってもらう。新卒の方で、入社して半年で転職をする方はいますし、まだ転職をできる年齢ではあります。

ただ、ちょっとしたことでまた会社を辞めるのではないか?というイメージはついてしまいます。転職できたとしても、次の会社では、長く働くようにして下さい。

目的がない理由での入社後半年での転職はオススメできない

あなたはどうして今転職しようとしていますか?新卒で入社して半年で、何がキッカケで転職を考えていますか?

今勤めている会社に何か問題があって転職を考えているのであれば、例え新卒という若い年齢であっても、あまり転職はお薦めしません。というのも、どの会社に勤めていても、仕事について面白みを感じない日、今日はできたと思う日、色々あるからです。

それが理由で転職を考えているのであれば、例え新卒という若い年齢であっても、転職はする時期ではないと思います。

辛抱強さを覚える時期

どの職場で働いていても、全員の前で怒られたり、あなたは悪くないのに上司から訳もなく怒られて自信を無くすようなことはあります。

自分が犯したミスを気にすることなく人間図々しくいることも大切です。

一社に勤めている勤務年数が長い方は、色んな面で辛抱強い方です。かなり残業をさせられても耐えたりもしています。

会社に対して何か不満を抱えているかもしれませんが、そこは耐えて、勤務し続けることは社会人として大切だと思います。

「新卒後半年」というのて転職のハンデとなることもある

新卒で転職を考える際、メリットになるのは、あなたの若さだと思います。ただ、転職をする際、気をつけたいのは、相手の企業が何を重視して採用を決めているかです。

新卒半年では、経験と技術には欠ける

恐らくあなたも実感していると思います。新卒でまだ半年しか社会経験が無い状態ですから、他の企業で職務経験が長い方と比べて、あなたには経験と技術はありません。

本気で転職を考えているのであれば、転職先が見つかってから辞めることです。あなたの若さに興味を持ち、採用してくれる会社はまだあると思います。ただ、経験や技術では不利になりがちなので、新卒半年の段階では、転職先が見つかってから、転職をすべきです。

新卒で就職し半年で転職したいなら在職中に転職活動をすること

新卒で勤務経験が半年しかない方は、転職をする際、簡単に採用通知を出す会社に軽々しく、就職はしないよう、気をつけて下さい。転職活動は、期間が長引くほど、焦ります。

収入のことも考えて、早く転職先を見つけなくてはいけないと思い、内定をくれる会社ならどこでも勤務し、結局、自分には合わなくて、辞めてしまうからです。

転職も、失業時間が長いと、焦る。

次の転職先を決めたから転職をするべきです。これは、新卒で職務経験が半年しかないケースだけではなく、全てのケースに当てはまります。

上記で少し述べてはいますが、新卒の転職の良さ、若い点です。あなたが欲しいと思う企業はまだあるとは思います。ただ、働いた経験が半年しかないのは、転職をする際、少しデメリットになります。すぐに転職先は見つからないかもしれないので、今の企業に勤めつつ、転職先を探して下さい。めげずに転職活動をするうちに、あなたの願望に合った企業は見つかると思います。新卒であったとしても、転職活動は、慎重にして下さい。

新卒後半年で転職!ハンデに負けず転職を成功させるポイント

勤務経験も半年ですから、その期間を考えると、転職には少し不利に感じることもあると思います。就活の面接の際、「どうして半年で前社を辞めてしまったのか」相手の企業の方から、注意深く、辞めた理由を深く突っ込まれるとは思います。ただ、だからといって、あなたの人生、全てがマイナスに働く訳ではありません。転職先を選ぶ時、企業のどの点を優先にして選ぶのか、重要な点を認識している方こそ、転職先をスムーズに見つけやすい傾向にあります。

何に不満で転職したいのか、改善点を明確にする

あなたは具体的に何に不満をもって、転職したいと思っていますか?

例えば、あまりに残業時間が多すぎて、プライベートがあまりになさすぎることが原因で、転職を考える方がいます。新卒の方に限ったことではないかもしれませんが、そういった方は、定時で帰宅できる転職先を優先的に考えるかもしれません。他の点は妥協できても、これまであまりに残業時間がありすぎたので、残業時間だけは妥協できない。

転職に成功する方は、そういった妥協できる点と妥協できない点がハッキリしているので、転職先を見つけやすいのだと思います。そのため、転職には、成功しやすなります。あなたの条件を満たす完璧な企業はありませんから、妥協できる点は妥協して、あなたが一番重要としていることがなされる会社に求められる存在になりましょう。転職した後は、長く働いて下さいね。