転職成功の秘訣!やるべきポイントや今からはじめる準備とは

転職で成功するためには秘訣があるなら知っておきたいと思う人もいるでしょう。
どうせ転職するなら今の仕事から転職して良かったと思いたいですね。

そこで、転職で成功するための秘訣について、やるべきポイントや今からはじめる準備などお伝えしていきましょう。

選択肢を広く持って自分に合っている職種を見極めることも大切です。
転職で失敗しないためにもぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自己アピールが苦手!自分のマイナス面を受け入れて克服しよう

就活生で「自己アピールが苦手」という人がいるでしょう。そんな人でも就活を続けるにあたり自己ア...

転職から引っ越しまでの期間をスムーズに進めるためのポイント

転職に伴う引っ越しは準備をする期間が限られています。今の職場から離れた場所に転職したいと考えてい...

No Image

新卒で入社後半年だけど転職したい!半年で退社することについて

新卒で入社後半年で転職することについて、様々な意見があります。一昔前はあまり良いイメージはありま...

契約社員に転職すると不利になる?契約前にチェックしたいこと

契約社員に転職するのは不利だ、という話を聞いたことありませんか?希望する会社に正社員の枠がなく、...

転職に悩む40代女性はスキルを上手に活用すれば大丈夫

40代女性は転職でどのようなことに悩むのでしょうか。20代、30代のように勢いだけで転職はできません...

No Image

面接の自己紹介【転職編】好印象を与える答え方のポイントを紹介

転職活動の面接では自己紹介を聞かれることがよくあります。面接で後悔しないためにも事前に自己紹...

No Image

異業種から事務職に転職する場合の理由の書き方や話し方について

サービス業についていたのに事務職に転職したいなど、異業種から事務職への転職を考える方もいらっしゃるこ...

転職回数が多い場合の志望動機の書き方とアピール方法

転職回数が多いと、志望動機を聞かれたときに不利になるのでは…と不安になるのではないでしょうか。転...

転職は自己PRを職務経歴書でアピール!成功に導くポイント

転職の際に企業に自己prするなら職務経歴書も大切です。履歴書に自己prの欄があるからと思われる人...

総務の仕事への転職・未経験では不利?仕事内容と転職のポイント

総務の仕事に転職しようと考えている人の中には、未経験でも転職ができるものなのか不安を感じている人もい...

子持ちで転職したい女性が成功するために知っておきたいポイント

子持ちだけど転職したいと考える女性は必見です。子供がいるからこそ、子供の成長に応じて働き方を変えたい...

スポンサーリンク

転職成功の秘訣は自己分析をしっかり行うこと

自分というものが分かっていないと転職で成功することは難しいです。

こういったものは意外と面接官に見透かされています。自分のことに曖昧な人を雇いたい会社は滅多にありません。

紙とペンさえあればいつでも出来る自己分析の方法をご紹介します。

自分の歴史を紙に書く

まずはこれまでの自分を振り返ってみましょう。

自分史は学歴や職歴とは少し違い、その時々であった印象的な事柄も一緒に記入していくものです。

中学校では「3年間バレー部に所属していた」や「クラス別合唱コンクールは3年間優勝」といったことや「寝坊が多く毎朝通学路はダッシュしていた」といったようなことでもOKです。恋愛に関することでも構いません。

その時の自分で思い出せることをどんどん書いていきましょう。

就職してからは、会社名の下にどんな会社でどんな教育を受けたか、失敗談や成功談などを感情も交えて書き出しましょう。結構面倒な作業ですが、紙に書くことが大事なのでとことんやりましょう。

やりたいこととやりたくないことを書く

どんな仕事がしたいか、どんな仕事がしたくないかを自由に書きましょう。

誰かに見せるものではないので、本当に自由で構いません。

やりたいことが見つからない場合は、やりたくないことだけ書いてもOKです。

やりたくないことは理由も書き加えておくと見直したときに分かりやすくて便利です。

スキルを書く

スキルという響きは特別な資格をイメージしやすいのですが、そういったものでなくて構いません。

自分が出来ることを自由に書き出してください。

学生時代に部活に打ち込んでいたので集団行動に強いだとか、レジ打ちが得意だとか、暗算やタイピングが早いだとか、こまめに連絡を取ることが出来るということでもOKです。

それは言い換えれば、周りの状況をよく見ることが出来ることであったり、報連相がキチンとできることであるとも言えます。

理想の未来を書く

転職したことで、自分がどうなりたいかを想像しながら書いてください。

自由で構いません。

最終的にこの理想に近づくための転職をするので、転職後の職業は後から決まります。

転職で成功するための秘訣は退職前に動くことがポイント

転職を考えたら、仕事を辞める前に転職活動をしましょう。

まとまった時間を作れるのは退職してから就職活動を行うことなのですが、リスクも高いです。

どのような心配点があるのか説明しましょう。

収入のない月が出る

退職した翌週にはもう新しい仕事が決まっているという可能性はとても低いです。

自己分析をして求人を探して履歴書を書いて応募して採用試験の約束を取り付けるまでで最短でも一週間かかると見た方が良いでしょう。

面接もすぐにしてもらえるとは限らないので、就職活動は時間がかかるものと考えておいた方が安心です。

また、転職が決まってもすぐに働けるとも限りません。

会社によっては新人教育や会社のスケジュールの都合で「来月からお願いします」と言われることもあるのです。

そうなると、収入のない月が発生します。

転職を理由に退職する場合は自己都合の退職なので、失業保険は退職後3ヶ月は支給されません。

その間も出費はあるので、先に退職してしまうと生活が苦しくなります。

手続きが増える

会社に属している間は健康保険が社会保険になりますが、退職するとそれが外れるので国民健康保険に切り替えなければなりません。

それらの手続きは全て自分で行う必要があり、社会保険事務所に足を運んだり書類に記入したりとなかなか面倒な手続きとなります。

すぐに転職するなら会社の方で加入の手続きをしてくれるので、自分で面倒な手続きを行う必要がありません。

未経験でも転職を成功させるには即戦力になれることが秘訣である

全くの未経験である職種は、採用のハードルが高いです。

採用担当も戦力として強い人材がほしいので、特にすぐに人手が必要そうな職場はどれだけ履歴書に熱意を込めても汲み取ってもらえないでしょう。

ただし、職種が未経験でも前の職場でそれに引っかかるような仕事をしていたのであれば話は別です。

私は昔販売員の仕事をしていましたが、お店のイベントで使うパンフレットはすべて私がデザインして作成していました。転職後は事務の仕事がしたいと思いとある求人に応募しましたが、そこの倍率がとても高かった上に未経験の職種だったので、とにかく不利にならないようその仕事をアピールしました。結果は採用だったので、未経験でもそこに関わる業務をアピールできれば決して無理なことではないのです。

自分にとっての有益な情報を得ることも大切

求人情報を見ることも大切ですが、求人情報にはその企業の雰囲気などの記載はありません。中には雰囲気が良いような文句の記載がある企業もありますが、本当かどうかは分かりません。実際に働いてみると職場の雰囲気が悪く失敗したと思うこともあります。そのような失敗を避けるためにも有益な情報を得ましょう。

企業の口コミサイトを使う

働く人向けの口コミサイトがあります。

気御名を入力して検索をかけるだけで簡単に働く人による口コミが閲覧できるもので、こういった現役の人の声が一番信憑性が高く間違いありません。

お客様の声を見てみる

大型のショッピングモールなどではよくありますが、お客様の声を掲示しているところはそちらもよく見てみましょう。

なかにはお客様のアンケートの回答をホームページに記載している企業もあります。

インターネット上の簡単に利用者が口コミを投稿せきるサイトはサクラの可能性もあるため信憑性に欠けますが、こういったお客様の声はとてもリアルでその会社というものが分かりやすいです。

できればその声に対する企業側の回答もよく見ましょう。アンケートの中には理不尽なクレームもあります。そこの対応をどうしているかも重要なポイントです。

転職で後悔しないためにも準備をすすめていきましょう

転職にはしっかりとした準備が必要です。

適当な気持ちで行う転職活動は、必ずバレます。

きちんと自自己分析が出来ていて、企業の事も理解できていて、戦力になるかどうかを見られるものなので、念入りに準備をして活動しましょう。

また、転職が決まったら、次第に「本当に転職して大丈夫だろうか」という心配にも襲われます。

現在の職場とどう違うのか分からないことから来る不安ですが、一度転職すると決めたら「やっぱり仕事を変えない方がいいかもしれない」などと優柔不断に悩むのはやめましょう。

1年足らずで仕事を辞めてしまったり、何度も仕事を変えるのはその後の就職活動でもマイナスイメージとなります。

これまで経験してきた面接の印象から、20代で3回の転職はイメージがあまり良くありません。

私は3回目の転職で何社か面接を受けて、そのたびに複数回転職した理由を聞かれました。働きたい会社がどうしても有限契約枠しかなかったなど、明確な理由がある場合は説明すると理解してもらえますが、やはり履歴書を見ただけでは一度企業側は構えるようです。
相手を納得させられるような準備を徹底することを心がけましょう。