転職に悩む40代女性はスキルを上手に活用すれば大丈夫

40代女性は転職でどのようなことに悩むのでしょうか。20代、30代のように勢いだけで転職はできません。

転職をするときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょう。転職を成功させるポイントとは?

焦らずにじっくり腰を据えて転職に挑む姿勢も大切です。40代女性が転職をするときに確認すべき事、注意する事を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

転職成功の秘訣!やるべきポイントや今からはじめる準備とは

転職で成功するためには秘訣があるなら知っておきたいと思う人もいるでしょう。どうせ転職するなら今の...

No Image

異業種から事務職に転職する場合の理由の書き方や話し方について

サービス業についていたのに事務職に転職したいなど、異業種から事務職への転職を考える方もいらっしゃるこ...

転職は自己PRを職務経歴書でアピール!成功に導くポイント

転職の際に企業に自己prするなら職務経歴書も大切です。履歴書に自己prの欄があるからと思われる人...

総務の仕事への転職・未経験では不利?仕事内容と転職のポイント

総務の仕事に転職しようと考えている人の中には、未経験でも転職ができるものなのか不安を感じている人もい...

転職回数が多い場合の志望動機の書き方とアピール方法

転職回数が多いと、志望動機を聞かれたときに不利になるのでは…と不安になるのではないでしょうか。転...

No Image

新卒で入社後半年だけど転職したい!半年で退社することについて

新卒で入社後半年で転職することについて、様々な意見があります。一昔前はあまり良いイメージはありま...

No Image

面接の自己紹介【転職編】好印象を与える答え方のポイントを紹介

転職活動の面接では自己紹介を聞かれることがよくあります。面接で後悔しないためにも事前に自己紹...

転職から引っ越しまでの期間をスムーズに進めるためのポイント

転職に伴う引っ越しは準備をする期間が限られています。今の職場から離れた場所に転職したいと考えてい...

契約社員に転職すると不利になる?契約前にチェックしたいこと

契約社員に転職するのは不利だ、という話を聞いたことありませんか?希望する会社に正社員の枠がなく、...

子持ちで転職したい女性が成功するために知っておきたいポイント

子持ちだけど転職したいと考える女性は必見です。子供がいるからこそ、子供の成長に応じて働き方を変えたい...

自己アピールが苦手!自分のマイナス面を受け入れて克服しよう

就活生で「自己アピールが苦手」という人がいるでしょう。そんな人でも就活を続けるにあたり自己ア...

スポンサーリンク

転職で悩む、女性が気になるのはこんな事

「仕事辞めたい」「やっぱり今のままが」自問自答を繰り返す40代

今の仕事がまさに天職という人もいるでしょうが、ほとんどの方は仕事の内容や人間関係など、仕事に対する悩みが少なからずあるものではないでしょうか。

多くの時間を費やす仕事では、その分仕事のやりやすさが重要になります。

今の仕事を辞めて違う仕事に転職したいと考える時、20代や30代前半ならやる気も体力もあるので新しい仕事に挑戦することも出来そうですが、40代に突入すると、その先の人生を考えて「やっぱり今のままでも良いのかな」と弱気になってしまう人もいるでしょう。
特に40代という年代は入社して20年近く経っている人も多いもの。

転職するということは、まったく違う会社、新しい人間関係になるということです。

もしかすると今の給与よりも下がってしまう可能性もあり、色々なマイナス面を考えて不安を感じる人が多いのです。

さらに女性の場合は、結婚するか、1人で生きていくかによって仕事も左右されがちです。

女性の社会進出が進む時代ではありますが、正規雇用で50代以上で働いている女性は全体の3割程度と言われています。

このような点も、女性が転職について悩む要因の一つになっていると考えられます。

40代で女性が転職をするときには今までのスキルを活かしましょう

40代の転職では即戦力が求められる

40代女性の転職には、今までの仕事で培ってきた「スキル」をおおいに活かすことがポイントです。

転職を希望する理由は人それぞれですが、40代の場合は、若い頃のように突発的だったり、もっと自分の可能性を突き詰めたいという野望というよりは、着実にキャリアアップをしたいとか、体力面が厳しくなってきたので違う仕事に就きたいなど、具体的かつ現実的な理由が多いようです。

これまでの20年近く働いてきて身に付いた様々なスキルは、転職する際に、新しい職場で即戦力として求められる強みになります。

そのため、今まで働いていた職種とまったく別の職種への転職は40代では難しいこともあります。

まず、自分の強みやスキルはどんなものなのか、客観的視点から具体的に書き出してみることがおすすめです。

女性が転職で悩むときは求人事項のココを確認しましょう

今の仕事に特段不満はなくても、なんとなく今の自分ならどんな仕事があるかな、と興味本位で求人を検索することもあるのではないでしょうか。私も経験がありますが、今の自分の年齢でスキルならどんな求人があるのかと妄想しながら検索してみたことがあります。そうすると、年齢を重ねていくごとに、求人票に記載の条件に引っかかていることに気づきます。「年齢制限」です。

法律では、企業が求人を出す時、はっきりと年齢制限や性別を明示することは禁止されていますが、それは何かしら理由があれば許可されます。

転職したい企業の求める人物像を読み取る

よくあるのが、「長期勤続による」や「キャリアアップ形成を図る」という条件です。

その条件の裏には、出来るだけ若い人材を希望するという企業の意図が見え隠れしていることが分かります。

このような条件が記入されていても、40代が応募することは出来ますが、企業の求める人材像と一致していないということで採用されるのが難しいことが多いでしょう。そのため、仕事の求人に応募する時には、このような条件が付いていないのかを事前にチェックするのがおすすめです。

転職で成功しやすいのはこんな力を持った人

40代はこれまでの経験を活かして管理出来る人材が強い

長い人生の中、自分の生き方を見つめ直した時に転職を考えることもあるでしょう。

ベストなのは、企業側の求める人材に自分がマッチしているということです。

特に40代ともなると、職場の中でも中堅~管理職の位置に属する人も多くなります。

部下を抱えて仕事の責任も増え、自分に与えられた仕事をしていた新人の頃とは違い、部や課全体の仕事を効率よく回すことを求められるようになります。

企業側としても、このような人材に抜けられてしまうと、仕事の負荷が多くなり、上手く回していくのが大変になります。

そのため、管理職などのポストに代わる人材として40代が求められることは多いです。仕事が単純に出来ることも大切ですが、多くの企業が求める40代の求人はマネジメント能力です。

野球で言うと、様々な特技を持った選手は企業に揃っているけれど、それらの選手を采配したり管理をする監督を必要としているということです。

このようなマネジメントの経験があったり、人とのコミュニケーションを取れる人を企業側も期待しているのです。

失敗したくないと悩むなら転職は時間をかけるのも方法の一つ

早まって転職すると失敗することも

年齢が上がると共に、自分が希望している求人が減ってしまう傾向にあるのは普通のことです。

40代で正社員の仕事は特に、自分の理想にぴったりのの求人を見つけるのは至難の業でしょう。

そのため、転職を早くしたい焦りから条件を諦めたり、妥協して転職する人もいるかもしれませんが、早まって決めるのはおすすめできません。

今の仕事を続けながら、希望する転職先を時間をかけてじっくり探すことが失敗が少ない方法です。

40代の転職は、若い頃と比べると確かに難易度が高くはなりますが、実際40代で転職に成功している事例は多くあります。

大切なことは、自分のスキルや経験を信じ、それを活かせる転職先をしっかり見定めることです。