転職は自己PRを職務経歴書でアピール!成功に導くポイント

転職の際に企業に自己prするなら職務経歴書も大切です。
履歴書に自己prの欄があるからと思われる人もいるかもしれませんが、職務経歴書はより自由に記載ができるのです。

そこで、転職を成功させるための職務経歴書で上手に自己prするポイントについてお伝えしていきましょう。

未経験からの転職を勝ち取るためにもしっかり自分のアピールするところを見つけ出しましょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

転職回数が多い場合の志望動機の書き方とアピール方法

転職回数が多いと、志望動機を聞かれたときに不利になるのでは…と不安になるのではないでしょうか。転...

転職から引っ越しまでの期間をスムーズに進めるためのポイント

転職に伴う引っ越しは準備をする期間が限られています。今の職場から離れた場所に転職したいと考えてい...

転職に悩む40代女性はスキルを上手に活用すれば大丈夫

40代女性は転職でどのようなことに悩むのでしょうか。20代、30代のように勢いだけで転職はできません...

子持ちで転職したい女性が成功するために知っておきたいポイント

子持ちだけど転職したいと考える女性は必見です。子供がいるからこそ、子供の成長に応じて働き方を変えたい...

自己アピールが苦手!自分のマイナス面を受け入れて克服しよう

就活生で「自己アピールが苦手」という人がいるでしょう。そんな人でも就活を続けるにあたり自己ア...

転職成功の秘訣!やるべきポイントや今からはじめる準備とは

転職で成功するためには秘訣があるなら知っておきたいと思う人もいるでしょう。どうせ転職するなら今の...

契約社員に転職すると不利になる?契約前にチェックしたいこと

契約社員に転職するのは不利だ、という話を聞いたことありませんか?希望する会社に正社員の枠がなく、...

No Image

面接の自己紹介【転職編】好印象を与える答え方のポイントを紹介

転職活動の面接では自己紹介を聞かれることがよくあります。面接で後悔しないためにも事前に自己紹...

No Image

異業種から事務職に転職する場合の理由の書き方や話し方について

サービス業についていたのに事務職に転職したいなど、異業種から事務職への転職を考える方もいらっしゃるこ...

No Image

新卒で入社後半年だけど転職したい!半年で退社することについて

新卒で入社後半年で転職することについて、様々な意見があります。一昔前はあまり良いイメージはありま...

総務の仕事への転職・未経験では不利?仕事内容と転職のポイント

総務の仕事に転職しようと考えている人の中には、未経験でも転職ができるものなのか不安を感じている人もい...

スポンサーリンク

転職を成功させるためには自己PRを職務経歴書で伝えましょう

転職したいと思い、履歴書や職務経歴書を用意しようと思っていますか?求人情報も確認し、何か応募できるものがあるか検索していますか?

本格的に転職を考えているのでしたら、履歴書と職務経歴書を用意しなくてはいけません。

転職で大切なのは、これまで積み上げてきたあなたの経験がよく描写された、職務経歴書になります。

相手の方があなたを採用したいと思うような内容の職務経歴書、自己PRが完成できるよう、コツを知りましょう。

履歴書には詳細には書かないこと

あなたは転職する訳ですから、履歴書と職務経歴書、両方企業に提出しなくてはいけません。どちらにも自己PRの欄があると思います。

履歴書には、あなたの簡単な自己PRを書くようにして下さい。履歴書で自己PRに書ける欄はそれほど広くはありません。その分、自己PRでも、一番強調したい部分を簡単に書くようにして下さい。

職務経歴書はその分、もっと書くことができます。履歴書で書けなかった部分は、職務経歴書により詳細に書くようにして下さい。

自己PRは、履歴書には、強調できる部分を簡単に書き、詳細は、職務経歴書で書くようにします。あなたのこれまでの詳細の実績は職務経歴書に書くようにして下さい。

職務経歴書の自己PRで転職活動のライバルと差をつける

転職をする方は大勢います。より自分のスキルや経験に合った職場を求めているのだと思います。ということは、転職するにあたり、競争倍率は高いです。どうやって、職務経歴書で差をつけることができるでしょうか。

自己PRは職務経歴書に書いた方がいい

職務経歴書に自己PRは書いた方が、採用率は高まります。というのも、それだけあなたがその会社に入社したいという熱い思いが自己PRから伝わってくるからです。

増員したくて、とにかく人数が足りない会社は、もしかしたら、自己PRがない職務経歴書でも採用してくれるかもしれませんが、その確率に初めから頼るよりは、初めから自己PRをしっかりと職務経歴書に書いた方が会社への印象も良くなります。

転職に成功するためにも、職務経歴書の自己PRは省ことなしに、きちんと書くようにして下さい。書かないことで、落とされる、書いた人の方が優遇して、採用されることはあると思います。念には念を入れるためにも、職務経歴書に自己PRは書くようにしましょう。

職務経歴書で上手に自己PRして転職を勝ち取るコツ

志望している転職先に採用されるために、上手な自己PRを書きたい。面接官から合格点をもらえるようなポイントがあるなら、その点を十分にクリアしている自己PRを職務経歴書に書いて下さい。職務経歴書は、企業に提出するしっかりとした書類です。自己PRをしっかりとさせましょう。

あなたの人間性をわかってもらうため、これまでのエピソードを書く

どうして、学生時代や職場でのエピソードを自己PRや職務経歴書に書く必要があるかというと、読む側の方があなたがどんな方なのか、人物像を把握するためです。

技術は、資格からわかります。それ以外の点、例えば、会社にどんな風に貢献してきたのか、また、あなたが周囲とどんな風にコミュニケーションを取ることができる方なのかはエピーソードからわかります。

あなたの人柄がつかめれば、会社にあなたが合った人材なのかも判断がつきます。エピソードは書くようにして下さい。

未経験からの転職だからこそ自己PRでしっかりアピール

あまり社会人経験がない状態で転職しようと思っていますか?もしくは、これまで経験したこともない業界に転職をしようと思っていますか?となると、職務経歴書に書く自己PRに何を書くのか、困りますよね。あなたがこれまで経験したことのない分野に転職する場合は、これまでの経験の中で、転職先でも役立つものを書くようにして下さい。

どんな経験が転職先でも通用するのか?

少なからず社会人経験があるなら、その短い社会人経験の中から、どんなことが転職先にも役立つのか考えて下さい。

何か必ずあるはずです。短い社会人経験の中でも学んだこと、転職先に役立ちそうなことを自己PRに書いて下さい。

転職先が未経験の分野でも同じことが言えます。社会人経験がもっとある方でしたら、これまで勤めた経験の中で何か取得したものがあるはずです。転職先でも通用するものを職務経歴書の自己PRに書くようにして下さい。

自己PRは見やすく読みやすく仕上げるのがポイント

履歴書もそうですが、職務経歴書の自己PR、読み手が読んでいて、わかりやすく、また読みやすいものを作るようにして下さい。あまり長すぎる職務経歴書も企業の人事の方に嫌われます。枚数も調整しつつ、転職の際に使用する職務経歴書を作成するようにして下さい。

箇条書きにして書くと読みやすい

あなたの長所を箇条書きにして職務経歴書の自己PRにして下さい。箇条書きにして書くメリットは、その方が読みやすいからです。紙にして提出するものは、内容も大切ですが、見栄えも見られます。自己PRで書くポイントが決まったら、箇条書きにして、読む人が見やすい職務経歴書を作って下さい。

あなたの自己PRの中でいくつかポイントがあると思います。

一つ一つについて、2行から3行くらいのボリュームにするようにして下さい。どんなに強いアピールポイントがあるにしろ、長すぎてはいけません。どんなことを書くべきなのか、まずはワードか何かで書くことを決めて下さい。

具体的な数字を入れることができるなら、入れた方があなたが即戦力になり得ることがよくわかります。これまであなたが企業で掲げた成績は、できるなら数字で表記するようにして下さい。