自己アピールが苦手!自分のマイナス面を受け入れて克服しよう

就活生で「自己アピールが苦手」という人がいるでしょう。
そんな人でも就活を続けるにあたり自己アピールがどれほど大切か身に染みると思います。
面接官は自己アピールであなたの人間性を見ています。
その自己アピールが上手くできなければ、チャンスを逃してしまうことになります。

また自己アピールは就活だけではなく、新入社員としても役立つことがあります。

今後のためにも今のうちに苦手意識を克服し、上手な自己アピールで就活を成功させましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子持ちで転職したい女性が成功するために知っておきたいポイント

子持ちだけど転職したいと考える女性は必見です。子供がいるからこそ、子供の成長に応じて働き方を変えたい...

転職成功の秘訣!やるべきポイントや今からはじめる準備とは

転職で成功するためには秘訣があるなら知っておきたいと思う人もいるでしょう。どうせ転職するなら今の...

No Image

新卒で入社後半年だけど転職したい!半年で退社することについて

新卒で入社後半年で転職することについて、様々な意見があります。一昔前はあまり良いイメージはありま...

転職は自己PRを職務経歴書でアピール!成功に導くポイント

転職の際に企業に自己prするなら職務経歴書も大切です。履歴書に自己prの欄があるからと思われる人...

総務の仕事への転職・未経験では不利?仕事内容と転職のポイント

総務の仕事に転職しようと考えている人の中には、未経験でも転職ができるものなのか不安を感じている人もい...

転職回数が多い場合の志望動機の書き方とアピール方法

転職回数が多いと、志望動機を聞かれたときに不利になるのでは…と不安になるのではないでしょうか。転...

契約社員に転職すると不利になる?契約前にチェックしたいこと

契約社員に転職するのは不利だ、という話を聞いたことありませんか?希望する会社に正社員の枠がなく、...

転職から引っ越しまでの期間をスムーズに進めるためのポイント

転職に伴う引っ越しは準備をする期間が限られています。今の職場から離れた場所に転職したいと考えてい...

転職に悩む40代女性はスキルを上手に活用すれば大丈夫

40代女性は転職でどのようなことに悩むのでしょうか。20代、30代のように勢いだけで転職はできません...

No Image

異業種から事務職に転職する場合の理由の書き方や話し方について

サービス業についていたのに事務職に転職したいなど、異業種から事務職への転職を考える方もいらっしゃるこ...

No Image

面接の自己紹介【転職編】好印象を与える答え方のポイントを紹介

転職活動の面接では自己紹介を聞かれることがよくあります。面接で後悔しないためにも事前に自己紹...

スポンサーリンク

自己アピール苦手な人の性格の特徴

就職活動のような人生を左右する時の自己アピールは苦手な人が多いのではないでしょうか?苦手だと思われる原因を探ってみましょう。

周囲に心を閉ざしている

自分が発言した事に対してどう思われるだろう、絶対変な人だと思われるなど、周囲の人の気持ちばかり気にしてしまい自分の本音を出すことが出来ない。

話す勇気も必要ですが、自分の気持ちを最後まで聞いてくれる人を見極めて慣れていくことが必要です。

冷めている

どうせ言っても仕方がない、私のことなんて知らなくたって仕事は出来るだろうと気持ちが冷めている人も自己アピールが苦手な人の中にはいるのではないでしょうか?しかしそのままではいけない場面がたくさんあります。自分でももっと言う努力とそれを受け入れてくれる聞き手と会話をして練習しましょう。

緊張してしまう

就職活動の際以外にも人と話すとき、大勢の前での発表する時緊張をしてしまうと自己アピールの際にも緊張してしまうでしょう。同じ状況を想定して何度も練習して度胸をつけたり、体の緊張をほぐすためにストレッチをしてから、その場に挑みましょう。

失敗が怖い!その心が自己アピールの邪魔をしていることがある

失敗を恐れている

言葉のチョイスを間違ってしまわないか、質問の意図にそぐわない答えをしてしまわないかなどこれから起こらないかもしれない失敗を恐れてはいないでしょうか?そのままの気持ちで面接をしてしまうと結局言いたいことも言えず、自分を知ってもらう機会も逃してしまいます。先の心配をせずその時々の対応をしてみましょう。

型にはまってしまっている

自己アピールをするにあたりネットの情報や面接を成功させるような本を読んでしまってはいないでしょうか?

パターンに合った正しい答え方や言葉使いなどが細かく示されていてとても参考になります。

しかし同じように答えようと構えていると他のパターンに対応できなかったり、もし違う質問がきたらと緊張してしまうでしょう。あまり型にはまらずどんな状況になっても答えられる余裕を持って見ましょう。

周囲の空気にのまれている

面接の場は採用する人も面接を受ける人もその周辺の空気も緊張でいっぱいです。しかし一緒になってしまっては緊張してしまい、思ったことを答えられないこともあります。

自分をしっかり持って空気にのまれないようにしましょう。

企業側に伝わりやすい自己アピールの仕方を理解し苦手意識を克服しよう

普段生活していて自分を高く評価して伝えるなんてことはあまり無いでしょう。しかし就職活動の自己アピールには必要なことなのです。自分の良い点を出して売り込むためにはどのような努力が必要になるのか紹介いたします。

書き出してみる

控えめな性格がゆえに自分の短所はスラスラと言葉に出して言えるのに、長所が出てこないなんて事はありませんか?

数を決めて自分の長所を書き出してみましょう。好きな人のことは良い事しか出てこないように、自分の長所をたくさん上げると自分を好きになり自信にもつながります。また自己アピールの際に自分を売り込むことが出来ます。

ビックマウスにならない

長所を大げさに伝える必要はありません。そして短所を隠して出来る自分を偽ることもしてはいけません。もし採用が決まり出来なかった時に不信感を抱いてしまいます。出来ないこともひっくるめて自分なんだと自分をしっかりと見つめなおしましょう。

笑顔を心がける

自己アピールに際に顔がこわばってしまってはいいところを伝えられないこともあります。

その様な場が苦手で顔がこわばってしまいそうであればあらかじめ顔の筋肉をほぐしたり、口角を上げる練習をしておきましょう。

企業にマイナスな印象を与えやすい自己アピールの例

過去の自慢をする

履歴書や面接の際に知りたいことはその人の性格、人格、求めているものに合っているか、仕事に対しての熱意を自己アピールから知る事になります。

しかし面接の際に知ってもらいたいばかりに自分のやってきた成功体験、経験を伝える方法によっては自慢になってしまいます。それをどういかすか、それによって自分がどう変わったかなども付け加えて話を膨らませてみましょう。

企業の社風にそぐわない長所

自分の長所をアピールする時に企業が求めていない長所だと、採用の際に必要のない情報になってしまいます。また企業にとっては採用を控えることもあるでしょう。働きたい企業をよく確認し、それにあった自分の長所をアピールしましょう。

苦手な自己アピールを克服し面接官にあなたらしさを伝えよう

自分の性質を知り、解決策を見出し、心を強く持ったら後はどのような振る舞いで面接を受けるかです。

話し方

苦手なあまり目を見て話してしまうと自信が見られず採用につながらなくなってしまいます。

なるべく採用する人の目を見て、たまに顔の周辺に少し目をずらしたりすると緊張しながらも自信を感じ、その努力も認められるでしょう。

声の大きさ

緊張が度を越えてしまうと喉が狭まり出す声が震えたり、小さくなってしまいます。大きく息を吸って心拍数を落ち着かせて緊張をほぐしましょう。そしてはっきり前を向いて答えるようにしましょう。

顔の緊張をほぐす

たまには笑顔も必要です。

採用する面接官によっては緊張をほぐそうとしてくれる人もいるでしょう。緊張で笑顔が出なくても作り笑顔をしてみましょう。

作り笑顔でも緊張がほぐれ良い印象を与えることも出来るでしょう。