パーティードレスは素敵だけど、冬に着るのは寒い!出来る対策は

結婚式や祝賀会などに着られるパーティードレスは、華やかで素敵なものですよね。
しかし、素材が薄手のものが多く、冬に着るのは寒いと感じる場合も多くあります。
そんな悩みを抱えている方でも出来ることはいくつかあります。
ドレスや羽織ものの選び方、他にも出来る対策のいくつかをご紹介しますので、寒い冬のパーティーを快適に過ごしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

二次会のドレスで外したほうがいい色とは?平服のマナー

二次会にもお呼ばれしているときは何色のドレスを着たらいいのでしょうか?二次会も結婚式と同じように、ゲ...

グレーのドレスに似合う靴の色は?定番色と相性の良い色

結婚式に招待されると、どんなドレスを着るか?何色にするかも悩んでしまいますよね。グレーのドレ...

30代におすすめな服装、状況に合わせたメンズ服を選ぼう

30代の男性におすすめな服装は色々ありますが、その時の状況によっては大きく違うこともあります。上...

女性がスーツを着るときは靴下?ストッキング?着こなし方

女性がスーツを着る時には、ストッキングと決まっていますが、靴下や素足はなぜいけないのでしょうか?...

30代の服装【夏】男性がおしゃれになる着こなしのコツや注意点

30代になると服装も暑い夏でも大人を意識した装いをすると、おしゃれに見えます。いつも着ているアイ...

30代服装で悩む男性必見!服装選びのポイントと注意点

30代になると、女性だけでなく男性も服装選びに悩んでしまいます。20代の頃によく着ていた服が急に...

スポンサーリンク

パーティードレスを冬に着ると寒いと思っても、これをやったらNG

結婚式や祝賀会など冬にパーティードレスを着る機会もありますよね。ただ、パーティードレスは袖が無かったりしてそれだけでは寒いですので、冬にパーティードレスを着る場合は、防寒を考えないといけません。

思いつくのは、ショールやボレロだと思います。

ショールやボレロは防寒アイテムとしても優秀ですが、パーティードレスを着て行く場所が結婚式の場合は素材に注意しなければいけません。

冬にファー素材は可愛い上に温かそうに見えるので人気ですが、結婚式では殺生をイメージするのでマナー違反になります。

クロークに預ける場合や参加者が若い人ばかりの場合はフェイクファーなら許されることもありますが、避けられるなら避けた方が無難です。

結婚式の場合は、タイツにも注意してください。冬は黒のタイツやストッキングをはきたくなりますが、黒タイツや黒ストッキングは弔事を連想させるアイテムなので、これも避けましょう。

冬にやりがちなこの二つには特に注意してください。

暖かい素材のパーティードレスを選ぶと、寒い冬でも対応できます

パーティードレスはオールシーズン薄い生地のワンピースだと思っている人もいますが、ベロアやジャガード、ツイード等の秋冬向きの生地を使ったタイプもありますし、長袖のデザインもあります。
サテン等の薄い素材の方がパーティーシーンではオールシーズン使えて便利ですし、何度も着るものではないので出来れば色々使える方が良いし、使い分けるためにあまりお金を掛けたくないという気持ちもあると思います。しかし、寒さを我慢して体調を崩す恐れもあるので、冬には冬のパーティードレスを用意しても良いのではないでしょうか。

秋冬向きの素材で気に入るデザインが無い場合は、色を秋冬向きにするのもお勧めです。

薄い素材だと着ていて実際に温かい訳ではありませんが、温かい色味にするだけで季節に合わせて服装を選んでいると周囲の人に思われておしゃれに見えやすいです。

色味が暖かくても着ていて寒い場合は、ショールやボレロ、ジャケットを組み合わせるのがお勧めです。

冬に着るパーティードレスが寒いと感じたら、こんな対策もおすすめ

ショールやボレロは着ずに温かくしたい場合は、パーティードレスの下に着こみましょう。

腹巻や毛糸のパンツを着たり、インナーを着ると少しは寒さから守れます。薄手の生地ならドレスにも響きにくく、発熱加工されているものなら温かさもあります。

腹巻や毛糸のパンツなら着ていてもドレスから見えませんし、腰やお腹周りを冷やさないようにすると暖かさをキープしやすいです。毛糸のパンツだとゴワゴワしてしまう場合は、スカートから見えない長さの短めのスパッツを履いても良いでしょう。

パーティードレスの下にはウエストニッパーとガードルを付けるのもお勧めです。防寒アイテムではありませんが、着てみると防寒に役立つ上に体のシルエットを補正してくれるので、一石二鳥です。ただ、付けたことがない人は締め付け感が強く感じることもあるので、事前に試してみるようにしましょう。

インナーを着たぐらいではまだ寒い場合は、使い捨てカイロを使うのがお勧めです。

腰やお腹の位置に来るようにインナーに張り付けて使いましょう。腰とお腹の両側に貼るとより暖かさを感じられます。

外が寒い時は、コートの下にこれを着よう

冬にパーティードレスを着るときは、会場内は薄着のゲストに合わせた温度設定にしてあることが多いです。

そのため、前項でご紹介したようにインナーで工夫したり冬用ドレスを着ていれば会場内では寒くてどうしようもないという事は少ないと思います。

会場よりも、移動中の方が寒い事が多いです。

移動中に体が冷え切ってしまうと、会場についてもしばらく寒さに震えることになってしまうので、アウターも温かい物を着て行きましょう。

私服の時に外に行くときは、普通にアウターを着たり、ストールを巻く程度だと思います。

アウターにもよりますが、裏地がツルツルの生地だと冷たい感触が伝わりやすいので、アウターとパーティードレスの間にカーディガンやフリースを着て、なるべく温かい生地が肌に触れるようにしましょう。

ストールや手袋をするのはもちろん、足元はロングブーツで行くのもお勧めです。パーティードレスに合わせるパンプスはサブバッグに入れていき、移動中はロングブーツにすると足元の防寒になります。穿きなれたブーツなら移動も楽です。

ただ、履き替えるとはいえ会場までブーツで行くのはマナー違反と感じる人もいますので、最寄り駅で履き替えるのが無難です。

なお、多くの会場では荷物を預けることが出来るクロークがありますので、アウターやカーディガン、サブバッグ等の荷物はクロークに預けるようにしましょう。

結婚式場内は暖かくても油断は禁物です

パーティードレスを着ていても冬は薄着に合わせて会場の室温は高めに設定されているため、会場内にいると寒い事を忘れてしまうこともあります。

パーティー会場で出される飲み物は氷が入った冷たい飲み物が多く、スイーツにはアイス等がある場合もあります。

会場内が暖かくて寒い事を忘れて、冷たいものを摂取するとあっという間に体が冷えて寒くなってしまう事があるので注意してください。

会場内が暖かくても寒がりの人は足元だけ寒く感じる場合もあるでしょう。立食型のパーティーの場合は無理ですが、着席型のパーティーの場合は薄手のストールなどを持って行って膝掛け代わりに使うのもお勧めです。

スタッフにお願いすれば会場の温度を上げてくれたりホットドリンクを出してくれる可能性もありますが、なるべくわがままは言いたくないですよね。寒がりの人や寒い事が予想出来る場合は、自分で寒さ対策をしていきましょう。