女性がスーツを着るときは靴下?ストッキング?着こなし方

女性がスーツを着る時には、ストッキングと決まっていますが、靴下や素足はなぜいけないのでしょうか?

上司や先輩がストッキングを履いているなら、それに合わせたほうがいいでしょう。しかし、カジュアルな服装でもOKな会社であればスーツに靴下を履いてもいいですよね。

そんなときは、男性を参考にして靴下を選べばスーツに似合うものが見つかりやすいのではないでしょうか。スーツとストッキングの組み合わせの暑さ対策を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グレーのドレスに似合う靴の色は?定番色と相性の良い色

結婚式に招待されると、どんなドレスを着るか?何色にするかも悩んでしまいますよね。グレーのドレ...

二次会のドレスで外したほうがいい色とは?平服のマナー

二次会にもお呼ばれしているときは何色のドレスを着たらいいのでしょうか?二次会も結婚式と同じように、ゲ...

30代の服装【夏】男性がおしゃれになる着こなしのコツや注意点

30代になると服装も暑い夏でも大人を意識した装いをすると、おしゃれに見えます。いつも着ているアイ...

30代におすすめな服装、状況に合わせたメンズ服を選ぼう

30代の男性におすすめな服装は色々ありますが、その時の状況によっては大きく違うこともあります。上...

パーティードレスは素敵だけど、冬に着るのは寒い!出来る対策は

結婚式や祝賀会などに着られるパーティードレスは、華やかで素敵なものですよね。しかし、素材が薄手の...

30代服装で悩む男性必見!服装選びのポイントと注意点

30代になると、女性だけでなく男性も服装選びに悩んでしまいます。20代の頃によく着ていた服が急に...

スポンサーリンク

女性がスーツを着るときには靴下ではなくストッキングが定番

就職活動をしている最中の女性の方、あなた自身も色々とリサーチをし、就活の服装についても、色々と説明会などに出席し、適切なマナーは既にご存知だと思います。就活をする際、スーツを着用する事は、ハローワークでの説明会、学校からも厳しく教育を受けていると思います。でも、スーツを着た際、靴下なのか、ストッキングなのか、どちらが正しい服装になるのか、あなたは正しい答えを知っていますか?

就職活動は、スカートでも、パンツスーツでもストッキングが定番

パンツのスーツで就職活動をされる方も勿論います。パンツスーツでもスカートでも同じ事が言えますが、スーツを着る際には、靴下というよりは、ストッキングの方が適切になります。

スカートのスーツを着て、靴下を履く方はあまり見かけないと思います。大体の場合は、肌色のストッキングを履くと思います。同じ感覚で、パンツスーツを履くのが、社会人としてのマナーが整っている、そう、会社からも立派だとみなされます

ここで一番面接官や会社からからマナーがなっていないと不合格にされがちなのは、何も履かない、素足で来る学生さんです。これは、即、面接の段階で不合格になりやすくなります。必ず、ストッキングを履いて、就職活動や面談に行きましょう。

女性がパンツスーツに靴下を合わせるときのポイント

スーツでもスカートだとストッキングも合わせやすいですし、あまり就職活動や面接の際、あなたの悩みにもなりません。でも、スーツはスカートというより、パンツ派の方は、靴下を履けと言わられても、どんな感じでコーディネートすれば良いのかわからないと思います。

靴下の色は、スーツや靴の色に合わせる

大体の場合、靴も茶色か黒のパターンが多いと思います。それに合わせた靴下を用意するのが、パンツスーツを着る際のマナーになります。

普段は、あまり黒の靴下は履かないかもしれませんね。就活や面接の時に備えて、一つか二つ、予備の黒の靴下を用意しましょう。また、黒であれば何でも良いという訳ではありません。ワンポイントくらいであれば、許容範囲ですが、それ以外は黒だけの靴下を選んで、就活や面接に行くべきです。

競争倍率の高い職業であれば、服装に関しても、面接官はかなり厳しくチェックしています。パンツスーツを着る際にも、靴下の色は気をつけましょう。

靴下ではなくタイツを履くのは?女性のスーツ姿

寒い時期になると、女性の方でも、パンツやスカートの下に履く靴下やストッキングに少し工夫をして、防寒対策を考えます。就活の際、もしくは、会社に勤めている際、その辺はどうしたら良いのか、困りますよね?
会社によって、ルールがあるかもしれないので、そのルールに従って着こなすべきだと思います。会社によって、タイツを履く許可を出している会社もあれば、別の方法で防寒をするように、指示を出している会社もあります。先輩や同僚の方に聞いて、どの様に防寒しているのか、リサーチして下さい。

また、タイツが履ける場合ですが、大体の場合は、黒や紺など、スーツと同じ色のタイツを履くのが、会社側からの要望になります。長い靴下であっても、ワンポイントくらいなら許されるかもしれませんが、あまり柄があるタイツだと、会社からも注意されると思います。その辺も気をつけてタイツ選びをして下さい。

スーツにストッキングは暑い…そんなときはコレ

逆に、夏など暑い時期は、女性もスーツの下にストッキングを履いたら、汗で気持ち悪くなります。スーツでもストッキングを履いて、マナーに合った服装をするべきなのはわかっていても、これじゃ、息苦しさを感じる。夏場など厳しい暑さが続く時期は、タイツやストッキング、靴下の厚さもできるだけ薄く、厚さを軽減する物を履いて下さい。

夏場に冬のストッキングは履かない様にする

ストッキングやタイツのお店屋さんに行くと、分厚いものがあれば、薄い物もあります。風通しの良い物もあるので、夏場はできるだけ薄く、風通しの良い物を選び、暑さをしのいで下さい。ストッキング一枚でも、就活や会社での足場の涼しさを調整できます。また、黒は黒でも、薄い黒を履いて暑さをあまり吸収しない様にして下さい。色の濃さが違うだけでもだいぶ違います。ストッキングやタイツは厚さと色で暑さ調節をして下さい。

ストッキングは履きたくないけれど靴下はNGなときはパンプスカバー

就活で面接官が外見に対しても合否を分ける材料な事はわかっていても、それでもストッキングはどうしても履きたくない女性もなかにはいると思います。パンプスカバーでもパンツスーツ、スカートのスーツの時も、面接の際、好印象を持たれる服装になります。

面接や就活の際に、外見で減点になるのは、「何も履かない素足」になります。それよりは、パンプスカバーを履いて面接に出かける方が面接官にも好印象を与えやすいと思います。

ストッキングも靴下も苦手という方は、パンプスカバーを試して下さい。ストッキングの方が面接官や会社の周囲の方からも、「マナーをきちんとこなしている」と好印象には見られます。でも、パンプスカバーでも合格ラインにはたどり着けます。

どうしてもストッキングや靴下に抵抗があるのなら、パンプスカバーで勝負しましょう。

女性がスーツを履く際、どんな靴下が適切なのか、また、靴下の他に何が代わりになるのか、上記の記事で説明しました。基本、ストッキングを履いた方が、面接には受かりやすいとは思います。でも、抵抗があるのであれば、パンプスカバーを履いて、面接に挑みましょう。