二次会のドレスで外したほうがいい色とは?平服のマナー

二次会にもお呼ばれしているときは何色のドレスを着たらいいのでしょうか?二次会も結婚式と同じように、ゲストが着てはいけない色は外したほうがいいでしょう。

どこまでカジュアルダウンしていいのかわかりにくいときは、カジュアルにしすぎるよりはかしこまっているほうが安心ですね。

カジュアルダウンするときのコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

30代におすすめな服装、状況に合わせたメンズ服を選ぼう

30代の男性におすすめな服装は色々ありますが、その時の状況によっては大きく違うこともあります。上...

30代服装で悩む男性必見!服装選びのポイントと注意点

30代になると、女性だけでなく男性も服装選びに悩んでしまいます。20代の頃によく着ていた服が急に...

パーティードレスは素敵だけど、冬に着るのは寒い!出来る対策は

結婚式や祝賀会などに着られるパーティードレスは、華やかで素敵なものですよね。しかし、素材が薄手の...

女性がスーツを着るときは靴下?ストッキング?着こなし方

女性がスーツを着る時には、ストッキングと決まっていますが、靴下や素足はなぜいけないのでしょうか?...

30代の服装【夏】男性がおしゃれになる着こなしのコツや注意点

30代になると服装も暑い夏でも大人を意識した装いをすると、おしゃれに見えます。いつも着ているアイ...

グレーのドレスに似合う靴の色は?定番色と相性の良い色

結婚式に招待されると、どんなドレスを着るか?何色にするかも悩んでしまいますよね。グレーのドレ...

スポンサーリンク

二次会のドレスで花嫁とかぶる色はやめておきましょう

結婚式の二次会から参加する場合は、比較的マナーも厳しくありません。
とはいえ、全くマナーが無いわけではありません。
ですので、ドレスやワンピースの色選びで失敗をしてしまうと、思わぬ顰蹙を買って肩身の狭い思いをしてしまうかも知れません。
ですので仮に二次会だとしても、ドレスで花嫁とかぶる色はやめておきましょう。

白、明るいベージュ

白はウェディングドレスの色ですから、二次会だとしても避けましょう。
また明るいベージュは安心に思えても、照明などの関係で白に見えることもありますので、極力選ばないようにしたり、別の色の羽織ものでカバーするようにしましょう。

花嫁のカラードレスの色

結婚披露宴の場では極力花嫁のカラードレスの色と被らないようにするのがマナーです。
とはいえ、カラードレスの色が当日まで秘密にされていたり、二次会からの参加の場合は知ることが難しいので、それほどタブーではありません。
しかし、事前に知っていたのであれば、避けるようにするのがマナーです。

黒いドレス

お葬式を連想させる黒いドレスは結婚式のようなお祝いの場ではふさわしくありません。
しかし、別の色の羽織ものを合わせれば黒さも緩和されますので、必ず羽織ものとセットで考えましょう。

ドレスの色選びで悩んだ場合は、この3つの事柄を思い出してください。

二次会のドレスで気をつけたいのはこんな配色

二次会に着るドレスの色が決まったとしても、それに合わせる小物の色や柄にも気をつけなくてはいけません。

二次会のドレスで気をつけたいのはこんな配色です。

  • アニマルプリントや、毛皮を使ったもの
    結婚式の場ではお葬式と同様に動物の殺生を連想させるものを持ち込むことをタブーとしています。
    ですので、仮に色合いがドレスと合っていたとしても、ファーがついていたり、アニマルプリントの小物や羽織ものを使うのはやめましょう。
  • 革製品のバッグ、大きすぎるバッグ
    ワニ革やヘビ革のバッグもアニマルプリントや毛皮と同様に避けるべき持ち物です。
    また革製品では無かったとしても、大きすぎるバッグは見た目も悪く置き場所にも困りますので、貴重品を入れる小さなバッグと分けて、クロークに預けるようにしましょう。
  • カラータイツや黒いストッキング
    ドレスと合わせる時に、カラータイツや黒いストッキングの方がおしゃれに決まるかも知れません。
    しかし、それは二次会であってもタブーとされています。
    ですので、模様の無い肌色のストッキングか、模様があってもラメか小さなワンポイント程度のものにしておきましょう。
    また、素足での出席も駄目です。
配色のポイントとしては、「派手すぎない」、「カジュアルすぎない」ということを覚えておきましょう。

二次会のドレスの色は季節に合わせてみるのも◯

二次会のドレスを決める時に、自分に似合うものを選ぶのが一番だと思いますが、季節に合わせてみるのも◯です。

  • 春・夏の場合
    春や夏のように暖かくて明るい季節はパステルカラーのピンクや水色などのドレスがおすすめです。
    気温が暑い場合はストールのような羽織ものをプラスするよりも肩から袖にかけてレースをあしらわれたものや、涼し気な薄手の生地のドレスがおすすめです。
    ストールをプラスする場合も、シルバーやベージュの透け感のあるものでしたら、見た目にも暑くなりすぎません。
  • 秋・冬の場合
    秋と冬は気温も寒いので、見た目にも寒くならず落ち着いたボルドーやネイビーのドレスがおすすめです。
    特に温かみと高級感のあるベロアはおすすめの素材です。
    気温が下がるため、ストールにニット素材のものを使いたくなると思いますが、ニットはカジュアル過ぎますので、二次会でも出来れば避けるようにしましょう。
二次会は服装についてそれほどうるさく言われないものの、結婚式に出席した人たちと一緒になりますので、出来るだけ近づけた服装にしましょう。

二次会でドレス色を薄めるにはカーディガン

結婚式の二次会を開催する場所の中には、クラブやカラオケなど、かなりカジュアルな場所の場合もあります。
そうした時に、ドレスアップしすぎると、「二次会からの参加なのに張り切り過ぎたかな?」と不安に思うこともあるでしょう。
そんな時にドレス色を薄めるにはカーディガンが役立ちます。

カーディガンでカジュアルダウンと言っても、ざっくりニットのカジュアル過ぎるものではなく、ある程度高級感もありながら、カーディガンのボタンがワンポイントになり程よいカジュアル感を出せるものにしましょう。

本来は結婚式ではニットはふさわしいものではありませんが、会場がカジュアルな場所の場合は、それほどうるさく言われませんので、カジュアルダウンと体温調節として羽織ってみても良いでしょう。

カーディガン以外の羽織ものにしたい場合は、ジャケットを羽織るのもおすすめです。
革ジャンは不向きですが、それ以外のジャケットであれば、マナーを守りつつ適度にカジュアルダウンさせてくれますので、そちらもおすすめです。

二次会のドレスは足元でカジュアルダウンすることもできます

二次会のドレスはカーディガンを着ることで、カジュアルさを調整することが出来ますが、それだけではなく、足元でカジュアルダウンすることもできます。

結婚式に参加する時にヒールが高めのパンプスを履きますが、二次会からの参加であれば、ヒールの低いパンプスでの参加もOKです。
ヒールの低い靴であれば、適度なカジュアルさも出せて、固くなりすぎないコーディネートが出来ます。
また、よりカジュアルさを出したい人や、パンツスーツでの参加の人は、ローファーもおすすめです。

他にも「場所もカラオケだし、サンダルやブーツもOK?」と考える人もいるでしょう。
確かにかしこまった場所ではありませんし、OKとする意見もあるでしょう。
とはいえ、花嫁さんがそれを嫌がったり、周りから「それはNGだと思う」などの意見があれば、避けるようにしましょう。
ですので、どうしてもサンダルやブーツで二次会に参加したい場合は、花嫁さんや幹事などに確認を取ると間違いないと言えます。

このように、気軽に参加できると思った結婚式の二次会も、意外と守るべきマナーはいくつかあります。
事前にしっかり調べることで、自分自身や周りが嫌な思いをせずに済みますので、きちんとするようにしましょう。