グレーのドレスに似合う靴の色は?定番色と相性の良い色

結婚式に招待されると、どんなドレスを着るか?何色にするかも悩んでしまいますよね。

グレーのドレスは品があり、結婚式にお呼ばれした際、年齢を問わず着用できるカラーなのでおすすめですが、靴や小物の色に悩んでしまうことも。

そこでグレーと相性の良いカラーについて、また小物のカラーに悩んだ時の、結婚式に便利な定番カラーについてもご紹介をいたします。カラーだけに気を取られず、マナー違反にならないように服装のマナーについても、もう一度確認をして結婚式にでかけてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パーティードレスは素敵だけど、冬に着るのは寒い!出来る対策は

結婚式や祝賀会などに着られるパーティードレスは、華やかで素敵なものですよね。しかし、素材が薄手の...

30代服装で悩む男性必見!服装選びのポイントと注意点

30代になると、女性だけでなく男性も服装選びに悩んでしまいます。20代の頃によく着ていた服が急に...

30代におすすめな服装、状況に合わせたメンズ服を選ぼう

30代の男性におすすめな服装は色々ありますが、その時の状況によっては大きく違うこともあります。上...

女性がスーツを着るときは靴下?ストッキング?着こなし方

女性がスーツを着る時には、ストッキングと決まっていますが、靴下や素足はなぜいけないのでしょうか?...

二次会のドレスで外したほうがいい色とは?平服のマナー

二次会にもお呼ばれしているときは何色のドレスを着たらいいのでしょうか?二次会も結婚式と同じように、ゲ...

30代の服装【夏】男性がおしゃれになる着こなしのコツや注意点

30代になると服装も暑い夏でも大人を意識した装いをすると、おしゃれに見えます。いつも着ているアイ...

スポンサーリンク

グレーのドレスは地味?グレーが与える印象

結婚式に出席するときのドレス、いつもと違う雰囲気にしたいのならグレーのドレスがおすすめです。

結婚式に着る服装は白を避けるため、無難な黒や紺といった色が人気のようですが、グレーのドレスは意外と少ないのではないでしょうか。グレーは地味な印象がありますので、パーティー用のドレスに選ぶ人も少ないのかもしれません。

グレーのドレスは落ち着きすぎて地味なイメージがありますが、合わせる色によって華やかにもクールにもできる使いやすい色なのです。

確かに落ち着いて見えますが、それが大人の女性を感じさせてくれるというメリットがあります。クールで知的なイメージを出すことができます。

また、グレーと言っても暗めのチャコールグレーから黄色が入った明るめのグレー、グリーンがかったグレーなど、色味は様々です。白に近い明るめのグレーなら地味な印象もありません。

グレー1色だけだと淋しい感じもありますが、差し色で楽しむことができます。

黒だとモダンな装い、紺と合わせると大人っぽいイメージになります。

かわいい雰囲気にしたいのならピンクや水色、黄色も良いでしょう。赤と合わせると個性的になり、グレーと白の組み合わせは清潔感がありスッキリとした印象になります。グレーは合わせ方次第で見せ方も変わり、年齢を問わず長く着られる色でもあります。

グレーのドレスに良く合う靴のカラー

結婚式にグレーのドレスを選んだら、合わせる靴の色も迷うのではないでしょうか。黒い靴なら無難で大人っぽくまとめることができますが、自分らしい個性のある装いをしたいのなら他の色も考えたいところですよね。

  • 可愛らしさを出したい場合は、ピンクの靴がおすすめです。薄めのグレーのドレスに淡いピンクの靴は全体的に優しい雰囲気になり、シックなグレーに女の子らしさをプラスすることができます。
  • グレーのドレスでも華やかさを出したい場合はベージュの靴で軽やかさをだすのがオススメです。足元に淡い色の靴を選ぶと地味なグレーでも明るく見せることができます。
  • よりパーティーっぽく仕上げたい時は赤い色の靴です。赤い靴は他の色と合わせると派手になりすぎてしまいがちですが、グレーの大人しいイメージが赤の奇抜さをほどよく抑えてくれます。
  • ネイビーの靴はグレーのドレスとも相性ピッタリです。グレーとネイビーの組み合わせは大人っぽく上品な装いになります。黒の靴に比べても適度な柔らかさがあり、清楚で知的なイメージになります。グレーのドレスにネイビーのパンプスで上品な華やかさを出してみてはいかがでしょうか。

ドレスに合わせる小物と靴の基本コーデ

グレーのドレスはシンプルで落ち着いた印象がありますので、合わせる小物や靴を選もシックな雰囲気を崩さないように上手に選んでください。グレーのドレスで地味にならないようにたくさんの色を使って華やかにしたくなりますが、全身を2色、多くても3色でまとめるようにしてください。

グレーのドレスにボレロなど羽織りものがある場合は、バッグと靴は羽織りものと同じ色にします。

例えベージュの羽織ものの場合は靴とバッグもベージュを選んでください。全身を2色でコーディネートすることでバランスが良く、品のある着こなしになります。

他の色のドレスの場合でも同じですが、靴とバッグは同じ色で合わせることが基本です。羽織ものがある場合は、靴とバッグを羽織ものと同じ色にします。全く同じ色でなくても同系色であることがポイントになります。
ドレスが暗い色の場合は明るめの色を合わせることで華やかさを出すことができ、淡い色のドレスなら小物や羽織ものには濃い色を選ぶことで全体的にぼやけることなくバランスが良くなります。

全身同じ色でコーディネートするとまとまりはありますが、合わせ過ぎてしまい単調なイメージにもなってしまいます。ドレスと一緒に持つバッグやドレスに合わせる靴も差し色と考え、スパイスになるような色を選んでみてください。

グレーのドレスに合わせる靴の色に迷った時は

グレーのドレスを選んだものの、ピッタリの靴がイメージできなくてなかなか決められないこともありますよね。また、ドレスに合わせて新しく購入するのではなく、持っている物を使いたいということもあるでしょう。

グレーは大人しい色なので、合わせられる色も多いのも嬉しいところです。普段は選ぶことがないような色でもグレーなら奇抜になりすぎないコーディネートが可能です。
パーティーでよく使われる色の黒、シルバー、ゴールドといった色もグレーのドレスに合わせることができます。

靴の色に迷って決められないときは、黒。シルバー、ゴールドの色を選んでみてください。

パーティーでよく使う色なら、他のパーティードレスとも合わせることができます。新しく購入しても使い回すことができますよね。また、黒のパンプスなら既に持っているのではないでしょうか。新たに購入したくないのなら、以前パーティー用に用意した黒やシルバーの靴を合わせるのも良いでしょう。

グレーのドレスに黒の靴ならよりシックな装いに、シルバーやゴールドの靴ならパーティーならではの華やかさを出すことができます。結婚式という場にもピッタリですよね。グレーのドレスで地味になるのが心配な場合もシルバーやゴールドといった華やかなパーティーカラーを選ぶと良いでしょう。

結婚式のドレス選びの注意点

結婚式に出席するときはフォーマルを意識した華やかな服装をしますよね。結婚式に着るドレスは花嫁が着る白を避けますが、白に近い色や全体的に白っぽく見えるようなドレスも避けてください。柄が入っていても遠くから見て白に見えてしまう場合もあります。

ファーがついたものやレザー素材も良くありません。ファーがついていると華やかなイメージがありますし、レザーは高級感がありますが、結婚式ではタブーとされている素材です。気をつけてください。

露出の多い服装も避けてください。肩や胸元が広くあいているデザインやミニ丈のスカートは選ばないようにしましょう。体にフィットしすぎていてボディラインがはっきり出るドレスも良くありません。グレーのドレスでも露出が多いと品のない印象になってしまいます。

グレーのドレスを選ぶ前に、花嫁のドレスの色を確認しておくこともポイントです。花嫁がお色直しでグレーのドレスを選んでいたら、花嫁とかぶってしまいます。そんなことがないよう、事前にしっかりとチェックしておくと良いです。
結婚式の服装を選ぶときはルールを守り、また、花嫁と色がかぶらないことにも気をつけてください。グレーのドレスは地味な印象かもしれませんが、上品で大人っぽい着こなしができます。ドレスに合わせる靴や小物で差し色をプラスし、上手にコーディネートしてくださいね。