安く取れる資格選びのポイント!女性に役立つおすすめを紹介

できるだけ費用が安くて簡単に取れる資格を探しているというあなた。
もちろん資格の中には費用があまりかからずに簡単に取りやすい資格はあります。
しかし、その資格があなたのこれからに役立つのかを考えてみることも大切です。

そこで、費用も安くて簡単に取れる女性におすすめな資格について、資格選びのポイントなどお伝えしていきましょう。

自分が好きなことを仕事にできる資格や資格以前により良い人脈作りがチャンスにつながることもあります。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

花言葉の中で、恋愛や両思いに関するものについて知りたい

世の中には、花が数多くあり、その花にまつわる花言葉もたくさんあります。その中でも、恋愛や両思いに...

銀行で使われる、振替などの言葉の意味についてご紹介

経理などの事務仕事をしている時に、銀行などの金融機関で振替をしたり、振込をすることがありますが、それ...

ビンゴの景品や参加賞などで使える500円以下の景品とは

余興などでビンゴを行う時、景品は欠かせないですよね。1等や2等などの豪華な景品は思いついても、一...

ビンゴの景品の選び方!予算2000円で探す時のポイント

忘年会や新年会など、会社の宴会で楽しめるゲームと言えばビンゴが定番です。宴会でビンゴをすることになっ...

花言葉【恋愛】一途な愛を伝えたいときにおすすめの花と花言葉

花には花言葉があります。好きな人に花を贈るときは、一途な恋愛の意味を持つ花を贈ると、花で自分の気持を...

イケメンとマッチョはどっちがモテる?モテる男性について解説

「女性にモテたい!」と思っている男性の中には、イケメンとマッチョのどっちが女子にモテるのか知りたいと...

ビンゴの景品の中で、みんなに笑ってもらえる面白いものは

ビンゴをする時に、1等の景品はみんなが欲しがるような豪華なものにしたいですよね。しかし、それだけ...

男性にプレゼントするなら?1000円ぐらいのお手軽ギフト

男性に1000円ぐらいのプレゼントをするときには、どんなものを渡したらいいのでしょうか?ちょ...

スポンサーリンク

費用も安くて簡単に取れる資格についてご紹介

子育てをしながら資格取得を目指すのは非常に難しいです。しかし、安くて比較的簡単に取れる資格をチョイスすれば主婦であっても資格を取得することは可能なのです。
  • 日商簿記検定
    資格に興味がなくても聞いたことのある資格ではないでしょうか。1~初級まで設定されており、初級に関してはかなり難易度が低くなっているようです。資格欄に書くことなどを考えると最低でも3級を取得することをおすすめしますが、ただ資格を増やしたいと考えている場合にはコスパも良い初級を目指すのが良いと言えます。
  • 秘書検定
    将来的に秘書として仕事をしてみたいと考えている場合にはこちらを取得するのが良いでしょう。敷居が高いように感じますが、3級は比較的難易度が低いので挑戦しやすいです。
  • ファイナンシャルプランナー
    ファイナンシャルプランナーは金融業界などでは特に重宝する資格で、国家資格の中では難易度が低いと言われているので、国家資格を取りたいと考えている場合や将来金融系の職場に復帰したいと考えている場合などはこちらがおすすめです。
  • 販売士
    接客の為の基本の技術や、売場作りなどの知識を問われる試験内容になっています。将来アパレル関係などに復帰したいと考えている場合にはタメになる資格でしょう。
  • 色彩検定
    色の知識を問われる試験内容です。デザイン系などの職種に復帰したい場合には取得しておくと良いかもしれません。
  • マイクロオフィススペシャリスト
    ワードやエクセルなどの知識が問われるもので、上記の資格に比べると若干費用が高くなってしまいますが、どのような会社に就いた場合でも重宝する資格ですので取って損はないでしょう。

安く取れる資格の中で役立つものを選びましょう

安く取れるからと言って見つけた資格を手当たり次第取るような事はあまりおすすめできません。

資格はあればあるだけ良いという問題ではないのです。

自分が将来就きたい仕事の役に立つのか、今後使う可能性があるのか。などをよく考えて資格を選びましょう。

面接の際に、たくさん資格を持っているからプラスになるというわけではないのです。もちろんマイナスに取られることはありませんが、会社が求めているのは「本当」に会社に必要な資格を持っているかどうかなのです。

そのため資格は「数」ではなく「質」で勝負しましょう。

女性の就職や転職に有利な安くて簡単に取れる資格がおすすめ

安くて簡単な資格がたくさんある中で、自分はどれを取ったら良いのかわからないと迷ってしまった時は、女性が活躍できる資格を取得することをおすすめします。

女性が活躍している場で重宝する資格の例として以下の2つが挙げられます。

  • 介護職員初任者研修
    介護業界は常に人手不足ということは、メディアなどでも取り上げられているためご存知でしょう。今後も高齢化が進んで行くため、より介護業界は人手が必要になります。介護の業界に携わった事がない方でも、カリキュラムを受講した方のほとんどが合格できるような内容の試験ですので、難易度も低いと言えます。
  • 調剤薬局事務
    調剤薬局は様々な場所にたくさんある為、働き口も多いです。試験もテキストを見ながら受ける事が出来るので、テストのために暗記をする必要がありません。そのため、暗記のために勉強する時間を割けない主婦の方にはおすすめと言えます。しかし、上記で紹介した安く取れる資格よりは高くなってしまいます。ですが、ほぼ確実に合格できて、働き口にも困らないのであれば、長い目で見るとお得と言えるのではないでしょうか。

好きなことを仕事にできる資格なら楽しく取得できる

特に復帰する職種を考えていない場合や、難しい勉強は苦手という方は、趣味感覚で楽しみながら取得できる資格をおすすめします。

  • ネイリスト検定
    ネイルは普段から趣味でセルフネイルをしている女性や、お店に通ってプロにお願いしている女性など様々でしょうが、どのような形であれ興味がある女性は非常に多いでしょう。
    ネイリストは将来的に自宅でサロンを開くことも可能ですので、いずれは自分で起業してみたいと考えている女性には非常におすすめです。
  • インテリアコーディネーター
    インテリアコーディネーターの資格は、二次試験を通過する必要がありますので、少々手間がかかります。そのため主婦の方にとってはハードルが高いかもしれませんが、インテリア関係や、建築関係などで非常に重宝される資格ですので、将来的にこれらの職種に就きたいと考えている方は取っておいて損はないでしょう。
  • フードドーディネーター
    飲食業に需要がある資格であります。将来飲食関係の会社に勤めたいと考えている人や、新商品の開発に携わる仕事に就きたい方にはおすすめの資格です。

より良い人脈作りが思わぬチャンスにもつながることもある

未経験の職種に就職するためには、勉強や資格取得などの努力が大切になってくることはもちろん、人脈を広げておくことも再就職するための近道になってきます。

20代でしたら、転職や再就職も難しくはないでしょう。しかし、30~40代となってしまうと、よほどのスキルや知識がない限り簡単ではないでしょう。そこで人脈が重要になってきます。人脈を広げておくと、思わぬところで仕事のお誘いが来たりすることもあるでしょう。あまり聞こえはよくありませんが主婦の転職や再就職にはいわゆる「コネ」も大切な手段です。
今後どのような職種に就きたいのか考え、そのために必要な資格を取ることはもちろん、人脈を広げて様々な情報を仕入れて、これからの就活に取り組みましょう。