花言葉の中で、恋愛や両思いに関するものについて知りたい

世の中には、花が数多くあり、その花にまつわる花言葉もたくさんあります。
その中でも、恋愛や両思いに関するものはどういったものがあるのでしょうか。
花の美しさにぴったりな明るい花言葉もあれば、見た目とは裏腹に寂しい意味のあるものもあるかも知れません。
ここではそのいくつかの花と、その花言葉についてご紹介しますので、花を購入する時の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

銀行で使われる、振替などの言葉の意味についてご紹介

経理などの事務仕事をしている時に、銀行などの金融機関で振替をしたり、振込をすることがありますが、それ...

男性にプレゼントするなら?1000円ぐらいのお手軽ギフト

男性に1000円ぐらいのプレゼントをするときには、どんなものを渡したらいいのでしょうか?ちょ...

イケメンとマッチョはどっちがモテる?モテる男性について解説

「女性にモテたい!」と思っている男性の中には、イケメンとマッチョのどっちが女子にモテるのか知りたいと...

ビンゴの景品の選び方!予算2000円で探す時のポイント

忘年会や新年会など、会社の宴会で楽しめるゲームと言えばビンゴが定番です。宴会でビンゴをすることになっ...

ビンゴの景品の中で、みんなに笑ってもらえる面白いものは

ビンゴをする時に、1等の景品はみんなが欲しがるような豪華なものにしたいですよね。しかし、それだけ...

ビンゴの景品や参加賞などで使える500円以下の景品とは

余興などでビンゴを行う時、景品は欠かせないですよね。1等や2等などの豪華な景品は思いついても、一...

安く取れる資格選びのポイント!女性に役立つおすすめを紹介

できるだけ費用が安くて簡単に取れる資格を探しているというあなた。もちろん資格の中には費用があまり...

花言葉【恋愛】一途な愛を伝えたいときにおすすめの花と花言葉

花には花言葉があります。好きな人に花を贈るときは、一途な恋愛の意味を持つ花を贈ると、花で自分の気持を...

スポンサーリンク

恋愛や両思いに関する、春の花言葉をご紹介

春は花が咲くにはとても良い季節です。

春の花としてパッと思い浮かぶのは「桜」です。

桜の花言葉は「純潔」「優美な女性」など品格を表すようなものがつけられています。

恋愛に関する花言葉がつけられている春の花では「マーガレット」が有名です。

マーガレットの花言葉は「恋占い」です。昔から、マーガレットの花びらを使って恋占いをしていたことが由来です。マーガレットには「真実の愛」「私を覚えていて」という花言葉もあります。春は出会いと別れの季節です。マーガレットは、卒業などで離れ離れになってしまう人に贈る花としても人気があります。

マーガレットと同じく「恋占い」ができる花がもう一つあります。

それは春の花「タンポポ」です。

ヨーロッパでは、タンポポの綿毛を使って恋占いをするそうです。

日本ではあまり馴染みがないですが、タンポポでも恋占いができるのです。

そのためタンポポの花言葉は「愛の神託」です。

また、綿毛が飛んで行く様子から「別離」という花言葉もつけられています。

恋愛や両思いに関する、夏の花言葉をご紹介

夏の花と言えば、太陽に向かって咲く「ひまわり」が思い浮かびます。ひまわりの黄色は、元気なビタミンカラーで、夏にピッタリです。夏バテにも負けない元気なひまわりは、見ているだけでハッピーな気持ちになれます。

ひまわりには「私はあなただけを見つめる」という情熱的な花言葉がつけられています。

太陽をじっと見つめるひまわりの様子からつけられたそうです。

一途に思う相手にプレゼントするにはピッタリの花です。

また、ひまわりは本数によっても花言葉が違うのです。

愛の告白や、プロポーズの時におすすめなのが「99本」のひまわりです。

99本のひまわりには「永遠の愛」「ずっと一緒にいよう」という素敵な花言葉がつけられています。

花言葉の意味を一緒に伝えれば、恋愛が成就するような気がします。

その他の本数にも、恋愛に関する花言葉がたくさんつけられています。

999本のひまわりの花言葉は「何度生まれ変わっても貴方を愛す」です。

999本のひまわりの花束なんて想像もできませんが、夏にひまわり畑でプロポーズすると良いかもしれません。

恋愛や両思いに関する、秋の花言葉をご紹介

秋の七草の一つに数えられる「キキョウ」にも恋愛に関する花言葉があります。

キキョウは、古くから「愛する人を待ち続ける健気な花」として、日本人に親しまれてきました。

戦いに行ってしまった恋人や夫を待つ女性の姿から、キキョウには「永遠の愛」「変わらぬ愛」という花言葉がつけられています。

その花言葉から、仏花として用いられることも多いです。

キキョウは、数々の武将に愛された花と言われていて、キキョウ紋として家紋としても使われています。
戦国時代、明智光秀がキキョウ紋を家紋にしていたことは有名な話です。
昔の武士は上下関係を大切にしていました。
そのためキキョウには「誠実」「従順」という花言葉もあります。

また、キキョウは風水では、仕事運をアップする花として知られています。

恋愛や両思いに関する、冬の花言葉をご紹介

9月~12月に開花する「アイビー」の花言葉をご存知ですか?

アイビーは生命力がとても強く、雪にも負けずに枯れない花として有名です。

枯れずに伸びていく様子から「永遠の愛」という花言葉がつきました。

枯れることなくぐんぐん伸びていく姿と、理想の夫婦の姿を重ね合わせて誕生したのが「夫婦愛」という花言葉です。

また、木に絡みついて離れない様子から「死んでも離れない」という花言葉もあります

雪にも寒さにも負けないアイビーは、枯れない愛の象徴のようです。

花を贈る時は、花言葉だけではなく、こんなところにも注意が必要

花を贈ろうと思うのは、どんなときでしょうか?告白のとき、プロポーズのとき、結婚記念日の贈り物など、大切な恋の記念日に贈ることは多いでしょう。その他、誕生日の贈り物や、退職祝い、卒業のとき、母の日など恋愛以外でも花を贈る場面はたくさんあります。お葬式やお供えにも花は欠かせないですよね。

いずれにしても、贈る相手のことを思い、気持ちを込めて送るのが花のプレゼントだと思います。

花をプレゼントして相手に喜んでもらうには、いくつかポイントがあります。

まずは花言葉を知って、用途に合った花をプレゼントすることです。

プロポーズのときに、悲しい恋の花言葉がある花は相応しくないですよね?

大事な場面で花を贈る場合は、花言葉を事前に調べておくことが大切です。

極端な例ですが、結婚記念日に仏花をプレゼントされて喜ぶ方はいません。

また、お供えに煌びやかなバラの花束などはマナー違反です。

当たり前ですが、きちんと用途にあった花を選びましょう。

送別会などで花束を渡す場合は、帰り際に渡すのがおすすめです。

花束のプレゼントは嬉しいですが、荷物になってしまいます。

渡すタイミングをきちんと考えてプレゼントしましょう。

花束を入れる手提げなどを用意しておくと、持ち帰るときに便利で喜ばれます。

花粉アレルギーの人もいるので、事前に調査しておきましょう。

お店によっては、花粉アレルギーの人でも大丈夫な花束を作ってくれるので、相談してみてください。

可愛らしい花は、見ているだけで癒されますよね。

花には一つ一つ花言葉があり、一つ一つに花にまつわる物語があるのです。色んな花の花言葉を知ることで、道端に咲いている花を見る目も変わってきます。花のプレゼントをする際は、その花に込められた花言葉にも注目してみることをおすすめします。